FC2ブログ
テーパーリーダー

しっかりとしたお湿りで、遅ればせながら四駆の
ワイパーを夏用に交換しました。
肌寒かったり、くそ暑かったりな自宅界隈です。



一部を除いて緊急事態宣言が解除されました。
都内、僕の周りでは、自主的に制限解除された方が多く
街は活気に溢れております。

自ら考えて責任を持って行動する。
権力者の奴隷では無いのですから、まぁ当然です。
インフルエンザよりも被害の少ない武漢ウイルスよりも
オバマゲートが激しく気になりますね。

そんな中、2回目の野宿釣行に行ってきました。

s-20200516003.jpg

今回は林道突き当たりから3kmほど獣道を歩いた所から
入渓しました。
暑くも無く寒くも無くでないと、こんな距離歩けません。

嫁の命令でしたが、リックを背負ってでは無理。
ベストだけなら行ける.....お爺ちゃんなんだから、と
泣きを入れて勘弁して貰いました(涙)

コーンスープがぁ~ とか コーヒーがぁ~ とか
がぁ~がぁ~ 言ってましたが聞く耳はありません。
その分、コーラ500cc5本背負ったのはキツかった。

s-20200516047.jpg

今年はどこの川でも、自粛で釣り人の入った形跡多数で
ビックリするような釣果は得られませんねぇ~
山の中で陽に当たり 良い空気吸って 人と接触しない。
考える事は同じですね。

s-20200516081.jpg

カゲロウのハッチがピーク? とんでもない数、種類です。
それに併せて クモの巣もこれまた凄い事に。
現代科学でも為し得ない高分子の世界との戦いでもあります。
リーダーやフライに絡みついて ホントイヤになります。

2日間で2回リーダーを交換したので、その話題でも。
武漢ウイルス 飽きてきたし(笑)

s-20200516101.jpg
ちょっと暗いね

今、使っているの お値段で勝負のバリバス オールパーパース。
普通のナイロン 良くも無く 悪くも無く ほんとお値段で。
いろいろと調節がしやすくて 普通に使えて お値段(笑)

s-20200516102.jpg

ちょっとピンボケだけど 全体の構成比率が 僕には良いです。
バット部が50% 9ftだと4.5ftがバット部 135cm

このバット部の半分~7割を切ると ショートロッドの
岩ゴロ源流で使いやすい。
パワーの伝達を考えると 7割カットぐらいが限度かな~
30%のヘビーテーパーも ブレーキの強いソラックスや
パラシュートをポイントに入れやすい と思う。

s-20200516106.jpg

感覚でバット部を60cm(のつもり) 切り詰めると
7ftのリーダーが出来上がる。
このままだと空力の良いカディスとか プレゼンが強く
成るので 30cm(のつもり)位 6Xティペットを足す。

こんな感じが6ftロッドの岩ゴロ源流。
6ft6inchだとバットのカットを45cm、ティペットをその分
長くするとか。

s-20200516105.jpg

かつては6ftなんていうリーダーも有ったんだけどね。
全く売れないから廃番になった。
その在庫品 50円也(笑)
テーパーを見るのに保管してある。
さすがに実釣で使う気には.......ダメです。

7ft6inch 渓流の定番だけど 僕は12ftを調節してます。
そのままで6xティペットを60cm足せば14ft。
V字キャストするなら 16ftぐらいまで伸ばす事が多いかな。

s-20200516104.jpg

今はパッケージもテーパーデザインも違うんだろうけど
このLDLはコリジョンが多くて 使いにくかったなぁ~
失速系のV字には良いんだろけれど、国分寺流には無理。

このリーダーのテーパーデザインって ペロペロンの
モデレートロッドでしか使えないんじゃない?
それにキッチリ面で振らないとコントロールできないし。
振り加減 力加減で 落とし方にバリエーションが出来る
からエキスパート向きなのかも知れないね~

s-20200516100.jpg

古いけれど(笑) こっちの方が使いやすかったなぁ~
これに5X6Xと足して20近くのリーダー作りました。
グニャグニャになって、ティペットの消耗が激しくて(涙)

フッキングもキッチリ喰っているときは良いけれど、コンデ
ィションでつまみ食いみたいなときは 口に当たってさよなら。

s-20200516009.jpg

そうそうこの時期大物のカゲロウが出るじゃない。
魚の口に比べてカゲロウ大きすぎるんだよね~
とても素直に全部が入るとは思えない で観察していると

カゲロウの体の一部をくわえる 急速潜行 潜行中にもう一度
口を開けて水を吸う勢いで 全部口に入れる.......
潜行中にエラが広がるのが見える んだけど、呼吸なのか
水流で口に入れるのか判らない 全くの想像。

経験的にカゲロウのフライの時は 遅合わせの方がキャッチ率
高い。
口に当たって、とか ランディン間近で、バラシ多くないですか?
遅合わせでも そんなに飲み込んで居る事も無くフックしてるし。
誰か解明して欲しいです(笑)


元気な初日は獣道1時間以上歩いた甲斐があってか 釣果はそこそこ
満足することが出来ました。
が、バンテリン軟膏のお世話にならざるを得なく、車内膏薬臭くて
涙が出ました。

2日目は初日の半分歩いた所から 水音を頼りに川に降りて....
なーんだ 此所でもお魚居るじゃん! とそれなりに。

曇り、小雨で夜が早かった.......
2回目で慣れてくると、勝手も分かるので時間が余る(笑)
漆黒の闇で外で何かする気にもなれないし。

s-20200516046.jpg

この渓では 猿は居なかったみたい。
朝、遠目でカモシカとお見合いした(笑)
あちらも状況を理解するのに時間が掛かって.......

しばらくしてから逃走、凄い勢いで斜面を横に跳ねながら
登っていった。
レゲエの髪みたいで クチャぐちゃ 臭いそうだ。
倒木の皮 食べていたのだろうか?

子狸 好奇心で寄ってくるけど 20m位が警戒ライン?
じーっと見てたけど すんごく足が短い(笑)
春毛がフサフサだから短く見えるのかな。

森の皆さんは面白い
クマはご遠慮申し上げる、ウンチは有ったけどね。































































スポンサーサイト



【2020/05/19 02:49】 | 休日 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<サイトカインストーム | ホーム | 重箱の隅>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://flyfisherman.blog118.fc2.com/tb.php/1835-2daa8f56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |