自然には勝てない

薄い日差しのなのに 激しくクソ暑い蒸し蒸しの
銀座界隈です。
ここまでお下品な言葉を羅列しないと 気が済まないです。

挙げ句の果てに、ちらっと小雨なんぞが降ったので
服を着たままサウナに入っているようです~


秋田、岩手の災害、お見舞い申し上げます。


その東北に週末 釣行しておりました........

s20170722089.jpg

土曜日、午前中は曇天でしたが、昼前からストライク
アラートが鳴り始め 要警戒の4コール ぴぴぴぴっ!

このアラートから だいたい13~15秒後にドドォーン
秒速300mとしても、3キロ~4キロ離れている、はず。
で、釣り続行。

ハッチと流下がまったく無い、判らないので 嫁はカディス
僕はオドリバエで。

s20170722095.jpg

嫁が釣果を重ねます。
7~8寸の山女魚君。

こんな規模の川だから 6.6ft に12ftリーダーで 
嫁は3番 僕は2番 で釣り上がります。

広葉樹林帯から 杉の手入れされた区間に入ると
魚は 岩魚君に。

渓相は取りたてて変化は無いのだけれど、何か有るんでしょうね。
混生域なく パチッと切り替わりました。

s20170722001.jpg

雷鳴から暫くして 雨が降り始めました。
雷雲は相変わらず、2~3キロの所を移動しているようです。

カッパを出すついでに昼食。

大きな木下で........ は、葉っぱで貯められた大粒の雫が
落ちてくるんですね~
カッパを着て、ふやけた手でパンを

昨晩 福島のコンビニで買っておいた(笑)
このパン君 県境を3つ跨いでいる訳ね。

s20170722117.jpg

雨脚は やや強 のまま変わりません。
フライを大きめに変更です。

水面に落ちる水滴の直撃をかわして 魚に存在を
見つけてもらわないと........
でもこの川の規模だと 魚は小さめ口も小さめ(笑)

候補はアントかスパイダー。

降り始めはアントが効くけれど これだけ降っちゃうと
スパイダーでしょうか。

2488のようなフック#12 ボディを細長く ミッドシップ
パラシュート、ウィング(脚)はクートかパートリッジ
ふにゃふにゃで3シャンク長が好きです。

ぱらっと1回転回して 10本位 脚が出ますでしょうか。
これじゃ浮かないので ポストのCDCをこんもり お下品な程
おっ立てます........(笑)

とても恥ずかしくて 人様には見せられませんが、ブンブンと
投げているうちに 本物の蜘蛛みたいに前後に脚が寄るんです。
何でなんすかね?

s20170722003.jpg

嫁はクート 僕はパートリッジでしたが 今回はクートの勝ち。

存在感が良いのでしょうか?
信じられないほどの数を釣り上げていきます........(困)

何匹か釣り上げると、ウイング(脚)がベンド方向に偏っちゃう
けれど お構いなしで 喰いに来る。

蜘蛛がデッドドリフトしている時って、こんなんで流れるのかしら。

s20170722128.jpg

数年に一度の爆釣で 時間を忘れて 5時近くまで 降雨の中
遊んでしまいました。

水も濁らなかったので 幸いしました。


宿についても、一晩寝て起きても、雨は降りっぱなし。
朝の予報も 大雨警報です。

土砂崩れ、浸水、河川の決壊に........とか云ってるし。
我家では 土砂崩れ に敏感で(笑) 

また、遭難?  しちゃうの?

よい子はおとなしく帰りましょう........






帰って来て良かったです。
釣り人2名が 崖崩れで山中で孤立 とか 
増水した川に流されて に なる所でした........


濡れたベストが とっても臭いです。






































































スポンサーサイト
【2017/07/25 15:54】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<空蝉 | ホーム | 雨夫利>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://flyfisherman.blog118.fc2.com/tb.php/1470-5d3a3aa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |