れぃにぃー

ようやく梅雨明け宣言出ました。
またどこぞの業界団体の圧力で 印象操作のために
夏物が売れないじゃぁないかーー 
で明けましたでしょうか(笑)

まぁ、北海道まで前線が北上しちゃったら 言わない訳
には逝かないのでしょうねぇ。



s20170715067.jpg

で、週末釣行はその雨雲に弄ばれました。

3つ支流を回ってみて、林道が廃道になっていて、全く寄せ付けない。
とか
断崖絶壁50m、さすがに無理。
とか
水が流れていない。
で 4支流目。

ようやく釣りの出来る川に............ 渇水なの?
あーーぅーー云う 嫁をせき立てて入渓です。

s20170715066.jpg

内心 うししっ ライトタックルの出番だぜぃ〜
嫁はいつもの 6.6ft 3番  僕はレフティークレー 6.9ft 1番

いつも通り たまにしか釣り順が回ってこないけれど、
明らかに魚の反応がちがう............

嫁、ちゅぅ逃げ多発 僕、丸呑み(笑)

s20170715004.jpg

それでも ネィティブっぽい 岩ちゃんは律儀に嫁と
遊んでくれて ほんと助かります。

ぽつぽつと降ったり止んだり 薄日が差したり。
雷雲とお熊が怖いので、ストライクアラートとスタータピストル。

フライはテレスト 蜘蛛の巣が多いのでスパイダーです。

ミッドシップパラシュート チャコールブラウン のテール切ったり。
パラのウイングが蜘蛛の足に思えれば良いので、ウィングは
グリズリーの長め とか ほとんどインチキなフライが役に立ちます。

s20170715013.jpg

こんな でんでん虫が河原にいました。
直径5cmはあるでしょうか。
舶来? 国産でこんなの居るんですかねぇ?

触って手が溶けるといけないので、見てるだけにしました。

こんな川なので、7寸アベ、あまり釣りをする人が入らないのかな。
魚はたくさん居ました。

ライトタックル............良いよぉ〜


2日目 深夜から相当の降雨。
ゆったりと宿を出る頃には ちょいとの止み間。

s20170715001.jpg

連休なので、帰る時間を気にせず1日遊べます、嬉しい。

以前に1度釣りに入った川。
上流部はこの通り の状態なので 5kmほど下がって入渓。
帰りに気がついたんだけれど、途中に堰堤が有ったのね。

嫁は、6.6ft 3番  僕は、6.6ft ブラウンなんとかを2番ラインで。
遠投ポイントキャストのテクニークの差が出ました。

ストーキングでにじり寄っても、 あっ! 逃げた〜  と嫁。

成り代わりまして僕、かなり無理をして(笑) 遠目からポトリ。
パク。。。。。。。。。ぴしっ!  遅合わせ がっちり。

s20170715055.jpg

こんな山の中なのに 山女魚ばかりの川でした。
(堰堤まで山女魚ゾーンだったみたい)

まぁ、それなりに嫁も山女魚と遊んで、こちらも一安心。

差し掛かったポイントで 攻略できないと思ったのか
後ろを向いて 「やれぇ」 のサイン。

へぃへぃ、嫁に成り代わりまして............ 
あら、難しいじゃないの このポイント。
 
s20170715018.jpg

左右から枝が水平に出ていて、ウィンドウが無いんだなぁ。
でも、向こうには凄く良さそうな流れ出しポイントが。

立ち位置を変えても無理そうだし、上流からダウンで流す?
それも川石を転がさずに行くのは やっぱり無理そう。

振り返ると、早くやれぇ の顔つき。

タイトループで枝抜きして、掛かったら それから考える(笑)
一度投げ込んだら、ラインは枝にブル下がるので、1チャンス?

掛かったけれどラインが枝に噛んで あーあー 
魚が上流に走った所で、ラインが生きた。
前に出て、竿を回して枝回避 しゃがみ込んでファィト。

寄って来てから姿を見たら あーあー
この魚の側線 黒い筋じゃぁないですか。
かなりウグイだと思ったのね(笑)

ネットインして、パーマーク見てから へたり込みました〜


「作文では さも巧そうな事を書いているけれど、
ほとんど失敗の連続。
たまに たまたま上手くいくと 大げさになってしまう。」

ちょっと嬉しかった 年甲斐もなく(笑)

堰堤を越えたら、岩魚ゾーン
嫁の無茶振りにも 6〜7寸君が快く遊んでくれました。
おかげで、嫁もご機嫌............

S20170415021.jpg

降ったり止んだりしていた雨が 4時近くに土砂降りに変わったので
頃合いも良く退渓。



冷麺だの ラーメンだの うー麺だの ほざいていた嫁は 
あっと云う間に爆睡。

ポーター&トランスポーターのしろさぶろう 頑張って運転。
無事に帰ってきました。

7時間の下道ょ............ 一般道優先、高速回避、最短距離
おぃおぃおぃ こんな狭い所走るん?
















































































スポンサーサイト
【2017/07/19 18:36】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<雨夫利 | ホーム | ライトウエイト ロッド>>
コメント
ヤマメのいる渓流
最近はヤマメは里川という感じがしますが
地元の川でも上流部にアマゴがいました。
このところ釣行に行ってないのでわかりませんが
ここ数年なんとなくいなくなっている気がします。
放流の関係でしょうかねぇ。
【2017/07/20 05:12】 URL | てぃこま #-[ 編集] | page top↑
こんにちは、てぃこまさん。

漁協の放流 如何なんでしょうねぇ。
真面目(笑)な所は、ネイティブの保存 と
云う事で 敢えて放流漁を入れない とか
禁漁区にしたりしてますねぇ。

まぁ、いいかげんな所は相当いいかげんです(困)
千曲の川上で アマゴ多数で ぞっとしました。
とても紛れた様な数では無かったですもの。

値段が山女魚よりアマゴの方が安いのかも知れません~




【2017/07/20 09:17】 URL | しろさぶろう #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://flyfisherman.blog118.fc2.com/tb.php/1467-1608dd94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |