山女魚な岩魚

おぉ? ようやく梅雨空? と重いきやきや 
朝方パラパラっと降ったきりの銀座界隈です。


週末釣行2日目
カレーのため 頭が混乱していて文章が終わらなくて、すまん。

s20170624012.jpg

初日があまりにも水量が無い川だったので 2日目は
もう少し水量の有りそうな........

って、地図で検討をつける訳で。

見て、川幅が太く表示されている。
流程が長い。
位しか判らないもの、素人だから。

で、入りました。
本流出会いに養魚場跡があって こりゃ良いかも~

相変わらず喰いが浅い状況は変わらず 嫁は苦戦中。

まぁ、後ろで鈴を振っていると 良く判るんだけど、
アワセが一本調子で ライズのスプラッシュを見て
「即アワセ」しかないんだな。

喰いが浅いんだから、脳内劇場で魚の動きをバーチャルして
合わせれば良いのになぁ~ などを ぼーーーっと。

なんて思っていたら、川底がナメ床になって。

s20170624054.jpg

何かが変化した時の ナメ床は 始末に悪い と思っていて
水量、水温、気圧、 とかね。

なにしろ、こちらの射程距離に入る前に 逃走する姿が見える。

とか

フライが落ちた瞬間に シェルターへ逃げ込むとか。


まーーー、為す術が有りません。

捕食の定位かどうか判らないのですが、それなりに
ポジションしているでしょ。
歩みの震動とかフライ着水の震動とか 凄く敏感。


上手くフライを落とせて、フライを銜えても 喰いが浅い。

チップしてフライを銜えないで そのままシェルターへ とか。

なんだょ ワンチャンスなの? 

こんなのが続くと 嫌気が差しますねぇ~(笑)



新しい漁協管轄なので、あちらこちら沢へ入って
様子が判れば........ 



山女魚な岩魚はナメ床だった との確信は揺らぎません。

























































スポンサーサイト
【2017/06/27 16:49】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<四輪駆動車 | ホーム | タフに生きる岩魚>>
コメント
ヤマメらしいですね。
ガサッと音を立てただけでもスッと物陰へ
一回出てきたらもうそれっきり。
ここ数年イワナ釣りが多いのでちょっと忘れ気味
もちろんアマゴもそういった感じですよねぇ。
【2017/06/28 05:34】 URL | てぃこま #-[ 編集] | page top↑
こんにちは、てぃこまさん。

環境が同じように続いてれば、そんなに神経質に
ならないのだと思いますけれど。

変化があると........ナメ床だと 経験的にナーバスな
魚が多い 気がします。


振動が伝わりやすいんでしょうね~
小石、岩だと 水流音も有るでしょうし、音も乱反射
したりするんでしょうねぇ。

まぁ、何にしても ナメ床は苦手で イヤです~(笑)


【2017/06/29 17:09】 URL | しろさぶろう #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://flyfisherman.blog118.fc2.com/tb.php/1459-6d3e8c7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |