FC2ブログ
古色蒼然

日本人が人質になってしまい................
世界のみんなが幸せに暮らせると良いなぁ~



週末はキャス練に行って来ました。
いろいろと懸案、実験したいことがあったので、あれやこれや
試してみました。

チョキチョキと指先を切ったミットの手袋................(涙)
意気揚々と親指・人差し指・中指を出して川岸へ。
ラインを出しつつ、キャスト&リトリーブ。

20150125004.jpg

がははははぁ~
左手でラインをホールドする指が無いじゃあーーありませんか!
こりゃダメです(涙)
指が剥き出しでなきゃ、ダメなんです。
何かさぁ、ちょっと想像すれば直ぐに判った事なのに、と云う事に
気付かなかった自分が哀れだわ................(涙)

S20150121012.jpg

でもでもでも、右手はOKです。
思ったよりもしっかりと竿も握れるし、ミットの指カバー部も邪魔に
なりません。
しっかりとマジックテープで手甲に付いているせいか、キャスト時の
ランニングラインのまといつきも無くて、指先をめくっても、被っても使えます~

リトリーブ時の指擦れ対策として、人差し指と中指の長さがもう少し
長ければ、わざわざ指プロテクターをしなくて済むのだけれど。
是非フライ用品メーカーさんには、そんな手袋を作っていただきたぃ!
寒い時期だとラインで指切れちゃうのよね~~

それにしても、風が止んでいる時はポカポカして暖かいけど
びーぶー吹くとさすがに寒い。
水温も6℃、だんだん足が冷たくなってきて、頻繁に休憩(笑)
陽が雲に覆われた3時過ぎには、飽きも来て、撤収です。

20150125006.jpg

去年予約していた格安お宿。
ころっと忘れていて、1週間前に楽天トラベルから「ご確認」メールで。
最近、プチプチと脳細胞が弾けて消失しているせいで、まったく以て
記憶力・思考力・購買力の激しい疲弊状態で................

まぁ、お値段なりの清掃状態とか給湯がウォーターハンマー状態やら
嫁が思わず 「うちは貧乏なんだね~ぇ」 と漏らすほどの煌びやかさ。
夕食にご当地ラーメンをグルナビって行ったところ、ほぼその全てが
閉店倒産店じまい、という暗い雰囲気だったことはさておいて。

20150125012.jpg

あれやこれやテストのひとつ、5ftTIPジョイント計画。

20150113012.jpg

スカジットヘッドの先、通常のTIPを分割して、かつシンクレートの
違う組み合わせ、さーーどうだ?計画です。

Type3+Type5  Type5+T-10  T-10+T-14  各各5ft  
この3つの組み合わせは、普通にキャスト出来るし、沈み方も綺麗に
沈下している感じです。
非常に違和感なく、ラインの箱に書いてある沈下チャートがイメージ出来ます。

ところが一番期待を寄せていた、インター+Type3 これが全く全く全く
ダメょーーー、ダメダメ状態で全然投げられません。
インターのラインがフニャ珍で、ループが展開して行く途中で崩れてコリジョン
しちゃうんです。

この透明なインターラインの素材特性に拠るモノだと思うのだけど。
白いPVCのインターが有るので、こんどそれで作ってみます。

20150108008.jpg

T-14+T-18 の組み合わせも、ぐんぐん沈んで、それなりの比重で
沈んでいるのだろうけれど、そのなだらかな沈降が感じられません。
ただ、ぐーーーーっと沈んで行く手応えしか感じられない(僕には)
たぶん良い感じで沈んでいるのだろうけれどなぁ~~

20150125002.jpg

この組み合わせなら、シンキングのヘッドシステムを使った方が
潔くて良いレベルの話かも知れませんねぇ。
ドリフトのコースを修正出来るとか、ラインの在処が目視できるとか、
と しっかり沈められる のどちらを取るか、なんだろうなぁ。

Type3+Type5  Type5+T-10 この組み合わせは、テンション
掛けて緩めた時に、フライからすーーーっと落ち込む感じが
何とも操作感があって、ちょっとお気に入りでした。

今回はT-20を付けたり、だったので 12.6ft #7 の竿
475grヘッド、TIPだけの感触を知りたかったので、WETフライ
#8と#10、リーダーは3ftでやってみました、が................








































































手袋は誤算だったなぁ~~(涙)
スポンサーサイト



【2015/01/26 14:42】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<でこんぷれっさ | ホーム | 疑擬擬の擬>>
コメント
新しいシステム
ボクにもまた伝授してくださいね。
子供がらみでないとなかなか出費できないので
今シーズンも昨シーズと同じシステムですねぇ。
今年は3〜4月にインドネシアにいる可能性が濃厚。
う〜ん行きたくない。
【2015/01/26 20:57】 URL | てぃこま #-[ 編集] | page top↑
こんにちは、てぃこまさん。

水中の狙った所にフライを送り込めていないのではないか? 
という疑問から、あれやこれややっております。

市販の細いTIPって、ほんとに沈んでいるの? と
感じる場面が多くて自作になりました。
比重はそれなりに有るんでしょうけれど、質量が
少なくて、波に揉まれると何処に行っちゃっているんだか
判らないなぁ~~なんです。
(僕が鈍感なのかも知れません)


それと、Type3と5の間とか、っていう雰囲気の流れって、
ありませんか?
荒瀬のデポッドの上っ面を流すイメージとか、なんです。
盛期でお魚君たちもヤル気満々ならいくらでもフライを
追ってくれるのでしょうけれど。



セットでお渡ししますので、試してみて下さい。
ちょっと人柱的ですけど(スミマセン)
竿の長さによっては、15ft(3本継)でも使えると思います。

正直、だんだん自信が無くなってきている今日この頃です(笑)


【2015/01/27 16:44】 URL | しろさぶろう #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://flyfisherman.blog118.fc2.com/tb.php/1112-5a776877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |