FC2ブログ
ロッドクリーニング

熱低接近中で、午後から銀座でも風が強くなってきました。
明日の朝、通勤時間帯に最接近するとかしないとか。
危機感、恐怖感を煽られている銀座界隈です。



やっとロッドの手入れができました。

20190627004_R.jpg

ずーっと 普通のポリメイトで磨いてました。
ある日、モノタロウで油性の強力ポリメイトが有ることを知って。
それ以来使い続けています。

だって、普通のホームセンターとか置いてないんだもん(笑)
お値段も張るから 陳列棚面積当たり/月 売上が少ないんでしょうね。

普段見慣れないと、なんか貴重で良いモノに感じるのは
素人の性でしょうか?

20190627003_R.jpg

修理から戻って来て 嫁のご愛用ロッド。
フックキーパーが吹っ飛んで どーにかしろ のご下命。
ロッドソックスの中で輪ゴムが吹っ飛んでおりました。

因みに 日本でも販売しているようです。
日本での1個単価で 10個売っています、アリババで(笑)
何種類か有るですけど、キモは 輪ゴムが大中小 3種類のを
選ぶ事でしょうか。


20190627005_R.jpg

いざ川辺で準備し始めて 躊躇しちゃうロッドです。
普段から持って歩いているんですけどね~(笑)

中国の大手 マックスキャッチ社が とち狂って作っちゃった
ピンチュのロッド(笑)
僕の記憶だと リオ社がスペイキャスティング啓蒙VTRで
ド派手なロッドを使っていた......

20190627006_R.jpg

その前にバスロッドやトラウトスピニングロッドで有ったかも。
目が痛いんだよね、このピンチュ色。
番手長さは良いんだけど、普通に塗装されたモノと比べて
明らかにアクションがダルなんだよね~ 厚塗りだからかな。

こういうアクションが好きな人には良いけど、国分寺流は無理。
2017.12 に届いているけど未だにグリップのラップは付いたまま、
持ち歩いてるだけ。

これがエレガント ですかぁ?
多分まだ、販売していると思う。

大概の所でどうにかなるように、7ft~6ftの通常装備7本 磨いた。


ところで、この台風? 明日の夜には東海上に抜けるようです。
良いタイミングで出発できれば降られないで済むかな?
水量は少ないところ、濁りの少ないところで......
前回と同じシチュエーションだと同じ川へ と言い出しそうな釣り人
約1名が同行するです。

黒腹カディス.......一応、巻いておきますか~保険で。



























































スポンサーサイト



【2019/06/27 16:44】 | お道具 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
神は休暇中

朝から夏の日差しで、予想は30℃。
ひところ季節外れの高気温でクタクタだった暑さ
梅雨明けは7月の20日くらいでしたっけ?
これから先がくそ暑い銀座界隈です。



ようやく水槽騒ぎも一段落して、釣りの準備に。

20190626001_R.jpg

優先度1番 ラインの手入れです。
3番2番 常用のライン君。

長期の釣行で無ければ、この5つで間に合っています。
釣り場の状況でロッドを決めて、その長さでリール径を選ぶ、
みたいにしています。

バランスが悪いと 振っててくたびれるます、気がします。

滅多に出番のないWF、リールバックに入れてますけど
使うことは滅多にありません。
DTだと 裏返して使えるし(笑) メンディングもしやすいし。

20190626002_R.jpg

なかなか良いテリ具合でしょ?
一晩経つと染みこんで ベタベタ感は無くなります。

釣り終わって乱巻きになっている状態で 次に使い始めるの
って、気分が良くないです。
手入れをして整列しているラインを引き出して ガイドに通す。
ちょっとだけ良い気持ちでスタートできますね~(笑)

20190626003_R.jpg

ホントいろいろなメーカーのラインクリーナー&コンディショナー
使ったけれど、どれもこれもイマイチ。
汚れは落ちない 水に触れると直ぐ流出する ですた。

型剥離剤や撥水加工のシリコン使ったけど満足できず
今は これ↑

ガイドの滑りと浮きが 比較的長持ちする感じ。
まぁ、夕方には ラインの端は沈むけれどね。



竿は.....今晩、やる。


グラスロッドの継ぎをどうしようかと 届いたグラスシートを
眺めていた。

20190626005_R.jpg
 
何時やるの 今でしょ の神の声が聞こえて。

うーん、やるかぁぁぁぁー
で、ごそごそ準備してた。

20190626006_R.jpg

この缶を見た途端に 化学臭とロッドラッパーを引っ張り出して
を想像して コロッと取りやめ。
凸凹に盛った瞬接を 平らにしなくちゃいけないし、平日にやる
作業じゃ無いかぁ~
神は休暇を取ってカナダに行った。

あっさりと挫けて 仕舞い込んで終わり。
無かったことにした。

20190626004_R.jpg


天気はどーなんでしょう?
沖縄付近に台風の子供が居るようですけれど。
週末、雨なら良いけれど台風はさすがに困るなぁ~
天気図を眺めつつ 目指すぜ準備万端。


メマトイ避け扇風機の追充電しておかなきゃ!






































【2019/06/26 16:05】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
草葉の陰

日が昇るにつれて天候が回復してきました。
窓際瀬戸際のしろさぶろう とても暑いです。
今からこんな調子で大丈夫? な銀座界隈です。



水槽の照明を設置してから 初の出勤でした。
15時からタイマーで動き始めるのですが 出火してないか?
とか、電気系がショートしてないか? など不安です。

まぁ、何かあれば嫁が金切り声で通報してくるだろう。
その金切り声を聴くのが嫌な訳です.....ね。

ナイトシアターと称し 部屋の電気を消して 長時間眺めて
いるようです。
ご実家が、犬、猫は言うに及ばず ウサギやらタヌキやら
鯉・金魚とか 飼っていたようで、 こういうの好きみたいです。
山羊だか羊 イタチ・テン・リスも......猟師でしたから(笑)

20190625003_R.jpg

で、今まで暗かったお陰? 草葉の陰が よぉーく見えるようになって
稚エビのウロチョロが見えるですよ。
そー成ると 餌をあげたく仕方ない人がいるのね。

そもそもコケ食べてるんだから そんなに必要とも思えないけれど
買い置いていたエビ君用のエサ 粒が大きくて稚エビにはムリ!
どーーにか、しろさぶろう。

20190625002_R.jpg

こーなりました。

何かこれ入れると 水が凄く濁りそうなんですけど。
大量に入れられると困るので 耳かきを持ってきて(未使用)
耳かきで2杯程度 を推奨しています。



水槽のお世話の他に嫁のお世話もして ちっとも釣りの準備が
進みません。

グラスロッドのフェルール修理も.....
グラスシート届いているです!

ラインのメンテ ロッド磨き  全くてやっていません。
先週と同じ川に行く と言い出すかも知れないので ワイドゲイプの
黒腹カディスもいくつか巻いておきたいです。

うーーん あれやこれやで混乱中です~
ラインと竿は やっておきたいところです。
ライン浮かないと釣りになりませんからねぇ~










































普通に取った写真だけけれど、凄く青い。
水槽の光が青いんですね~ 7000K位有りそうだわ。



【2019/06/25 17:20】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
1290LED

明け方から降雨だったようで、気温も上がらず涼しいです。
この後一旦回復して、でも今週のほとんどが雨の予報。
梅雨時にしっかり降っていただかないと水不足になりそうな
銀座界隈です。



週末、一気に水槽用照明を仕上げました。

20190624001_R.jpg

1200x300x2 アルミ板 脚の部分やLEDを取り付ける
位置決めの補助線、裏側にはヒートシンク取り付けの
補助線を入れました。

かなり綿密な設計図 というよりは想定図をつくったんですが
まぁ、余り役には...... やっつけ仕事ですからねぇ~(笑)

20190624004_R.jpg

後から脚を付けるのは面倒そうなのと LEDを貼り付ける端の
目安が イメージ湧かなかったので 表側の脚だけ付けました。

テープの貼る位置の地割りです。
照射角が60度とのことなので  三角測量で 脚高を10cmなら
全て 光が届く計算だったです。
が、脚がグラグラしそうなので、半分の5cmに。

脚は 25x50のアルミ角パイプ 厚さ2mmです。

20190624005_R.jpg

LEDテープ自体に 両面テープが付いているのですが、なにしろ
バチ3Mテープですから 少しでも天板に付いていただきたいと、
両面の熱伝導テープを貼って、LEDを貼り付けよう な構想。

青の剥離紙を剥がして エィヤッ とLEDを貼り付けていきます。
ところが元々 LED君はリール巻状態なので 巻癖が多々有り。
粘着力不足で 盛り上がっちゃったりするです。

押さえつけると一瞬 くっつくですけど。

20190624006_R.jpg

なかなか真っ直ぐ等間隔には貼れないモノですねぇ~
あれやこれやで 最終的に13本 白8本 育成色5本。
色彩感が全く判らないので適当に きっこんなものだろう、
で決めました。

赤3 青1 の光ってどんな? 相当赤い「紫」かな? のイメージ。
LEDの数で云えば 白960球 育成色330球。
光の強さが育成色が半分とすると 5:1 おおよそそんな割合?
まぁ、適当です。

20190624009_R.jpg
 
育成色テープ、どういう訳か1mの長さの所に 電極端子無いんです。
想定外の 1.1mでカットの貼り付けです。
4球で1セットだからかなぁ?  短いより長い方が良いかぁ......

その端子を連結の半田付け。
小学生から半田付けしているから 自称「得意」です(笑)
プリント基板のエッチングなんてできなかったから ベーク板に
バラックで空中配線、腕を磨きました(笑)

他人の半田付けは信用出来ない、が基本。
全て付け直す が修理の早道ですねぇ~(笑)

半田は泣く子も黙る千住金属謹製でございます。

20190624010_R.jpg

ここでまた大問題突発。
電源の容量を考えると 白だけ 育成色だけの 点灯が出来ない事
判明しました。

育成色と いくつかの白を合わせて 1電源2系統 と 白だけ1電源
1系統 の振り分け、 どちらも同じくらいの消費電力にしたい。
計算して列を入れ替えて を繰り返して 結論! 奇麗に列ばない。

ちょっと太いかな、だったけれど、配線は1.25sq 電源から器具までは
2sq 使いました。
計算してません、在庫の都合上です。
お陰で取り回し キツいです。

20190624007_R.jpg
 
テスタで導通、誤配線チェック。
オリジナルのLEDテープに付いていた赤黒線 お笑いな事に
マイナスに赤線 プラスに黒線 付いていたのが有りました。
そもそもがダイオードだから 壊れはしないと思うけど....
大陸的おおらかさ が必要ですね~

無事に育成色 点灯です。
3:1 光っています。
どうやら 非合法植物育成にも使える? らしく 通関でお咎め
の有ることが、有るらしいウワサでした。
1回輸禁差し戻しだったのは、そのせいでしょうか(笑)

20190624008_R.jpg

白も無事に点灯しました。
ところで、半田付けした端子部分の防水をどーしようか?
LED自体は防水型を用意したんですけど......

浮き上がったLEDも 試験点灯の熱でもっこり だしぃ。
バスコーク? エポキシ?  どちらも硬化時間が長くて養生
しきれないなぁー

ふと、思いついた。
その昔、エッグフライを作るのに使った グルーを使ってモールド
したらどぅよ?
ビー玉のようなエッグフライは全く釣れなかったけれどねぇ~(笑)

浮いているLEDもグルーで押さえました。
これのことグルーで 合ってる?
拳銃みたいなヒーターで樹脂を溶かして 付けるヤツ。

両端の脚を付けて LED面は完了。
表のヒートシンクの取り付けです。

20190624012_R.jpg

100x60 を20枚 これで ほぼLED貼り付けと同じ範囲になりますた。
一枚当たり2回の熱伝導両面テープを貼り付けて。
それを本体に貼り付け。
素人工作にしては 上手くつきました。

一気に重量物になりました。
まぁ、ヒートシンクだけで3kg位 あります。

全灯の白1系統はそのまま電源直結。
育成色と残りの白は ボリュームを介して 調光にします。
何しろ どんだけの明るさか さっぱり判らない。

ルーメンス的には 市販品の3~4倍なので 減光しか
想定できなかった です(笑)

20190624011_R.jpg

セッテイング最後 電源の設定。
電圧降下も考えて 12.2v 根拠無しです。
クリチカルでなかなかセットできなくて 最後は妥協。

いそいそと実装です。

20190624013_R.jpg

ヒートシンクが40℃をこえそうだったので PCケース用
12Vファンで冷却。
十分冷えてます。

ここで問題発生。
両側の脚で本体を支えているのだけれど 遮光&補強の前脚
水槽のセンター筋交いにちょこんと乗っているだけだから?

20190625001_R.jpg

1200mm巾に対して 前脚は1000mm この200mmの部分が
反り上がっちゃっている訳で。
2mmのアルミ板だけに荷重が掛かっているですねぇ~(笑)

この脚のない片側7cmほどの所で たわんでいます。
裏側は脚も無くペラ板状態だから べろーんと湾曲して垂れています。
何だかんだで重さ4kg  2mmのアルミじゃ 所詮 無理でした。
ここはLアングルをエッジに当てて補強しないと.....を想定中。




どれ位明るいのかな?   ワクワクの点灯です。
火も煙も出ずに 安心しました。
が、色が青いです。

元々の規格が6000Kですから....仕方がないですけど 育成色で
もう少し色温度が下がるかと思っていました(涙)

2019-06-23_20-58-24_159_R.jpg

それにしても青くて明るいです。
点灯して30分 水草が盛んに光合成を始めて 気泡が
あちらこちらから プクプクと出始めました。

これが見たかったんだよなぁ~
まぁ、1時間 そのまま呆けて見てました。

嫁 明るすぎて 稚エビ君は眩しくないのか?
  色合いが 不自然で環境悪化しているのでは?

相変わらずの文句タレタレですが、完成の充実感の僕
聞く耳がございませんので 「その議論はあたらない」
でございます。

構造的に手直しが必要ですけど.....
ホームセンターでアングル仕入れて 補強します。

因みに脚はネジ1本も使わず 最強の両面テープで貼り付けました。

両面テープ

マジモノ3Mです(笑)
お勧め出来ます!




2日掛かり 延べ10時間 何とか格好がつきました。
光量、放熱 適当でしたが 今のところ問題無さそうです。
耐久性は 判りません~
様子を見ながら 改良? です。
一番の悩みだった水温上昇軽減....... 判りません~




余ったLEDどうしよう?
メルカリで買う人居るかな....?
非合法植物育成に最適! とかで(笑)






























【2019/06/24 17:29】 | 休日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
文具マニアを否定

日差しが無く 穏やかな休日です。
昨日は雨が降ったりで蒸し蒸ししてましたが、
今朝は湿度も少なくて 涼しい銀座界隈です。


金曜の晩から 土曜、朝の6時まで10時間掛けて
水槽のLED照明製作を敢行しました。
何とか形にする事が出来ました〜(笑)

作業の様子は長編になるので、勤務時間内に仕事の
フリをしてエントリしますでしょう。

大がかりな作業なので、勤務時間の多くを想定・設計に
費やしましたが、実際に作業し始めると変更、断念が
随所に発生してしまい............
その都度計算のやり直しが頻発です(笑) 

2019-06-23_08-50-00_884.jpeg

昭和のおっさんは 紙と鉛筆、電卓で計算をし直して、設計図と
称する「絵」を手直ししていく訳です。
巴のそろばんではありません............

僕よりちょっと年配だと、そろばんの方 多いですね〜
今から思うと変な小学校だったようで、計算尺は教わった。
お陰で、電子化する前のラリーで円盤(円形の計算尺)は
使えたけれど(笑)

木っ端役人の倅ですから、折しも文具ブームには
完全に取り残され仲間外れのスーパーハブ状態。
お友達は、キョーリン、トンボ、三菱の2H鉛筆。

2019-06-23_08-51-02_423.jpeg

何で2H って、減りが遅いから、と折れにくいから(笑)
無論、短くなった鉛筆 ちびた鉛筆のエクステンションは常用必須品。

バイトするようになってから、ハイユニ・ハイピアス・ステッドラーとか
神保町、お茶の水界隈の画材屋さんで。
キョーリンとあんまり変わらんものだと、がっかりした(笑)

時代はシャープペンシルに変わって、製図用に芯の太さが違うモノが
有ることに気がついて。
0.3より細いモノは直ぐに折れて............2Hだもの、筆圧高いよね。
加齢と共に? 筆圧が落ちてきたのかな、今では4Bが心地良い。

2019-06-23_08-46-26_795.jpeg

直ぐに間違えるから 消しゴムも必需品ですね(笑)
今回のように、ひっきりなしの修正をしていると消し屑だらけです。
たまに特売品を見つけると 束で買ってきてしまうのも昭和の性でしょうか。

もっぱら、マテリアルのハールのケバ取りが活躍の主でしょうか(笑)
柔らかい消しゴムが吉ですね。


で、肝心の照明ですが 実装・稼働しております!!
が、若干の手直しが必要でこれから............今、午前9時50分。
10時過ぎたらベランダでカットソーで角パイプ、Lアングルの切り出しです。

日曜日は ご近所がゆっくりと動いているので どーしてもこの時間。
6時前から起きているのに、色々と面倒です(笑)


ちなみに一応、IT部門なので、名誉のために申し添えると オートキャド&
イラストレータ インストールしてあります!
使いこなせるかは............ その議論はあたらない。
気持ちと画面が一致せず、何をやっているのか判らない、と言うのが印象だ。 



そろそろ、状況開始の時間だ!
マイケル、やっちまいな!




























【2019/06/23 10:06】 | たわごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ