自然には勝てない

薄い日差しのなのに 激しくクソ暑い蒸し蒸しの
銀座界隈です。
ここまでお下品な言葉を羅列しないと 気が済まないです。

挙げ句の果てに、ちらっと小雨なんぞが降ったので
服を着たままサウナに入っているようです~


秋田、岩手の災害、お見舞い申し上げます。


その東北に週末 釣行しておりました........

s20170722089.jpg

土曜日、午前中は曇天でしたが、昼前からストライク
アラートが鳴り始め 要警戒の4コール ぴぴぴぴっ!

このアラートから だいたい13~15秒後にドドォーン
秒速300mとしても、3キロ~4キロ離れている、はず。
で、釣り続行。

ハッチと流下がまったく無い、判らないので 嫁はカディス
僕はオドリバエで。

s20170722095.jpg

嫁が釣果を重ねます。
7~8寸の山女魚君。

こんな規模の川だから 6.6ft に12ftリーダーで 
嫁は3番 僕は2番 で釣り上がります。

広葉樹林帯から 杉の手入れされた区間に入ると
魚は 岩魚君に。

渓相は取りたてて変化は無いのだけれど、何か有るんでしょうね。
混生域なく パチッと切り替わりました。

s20170722001.jpg

雷鳴から暫くして 雨が降り始めました。
雷雲は相変わらず、2~3キロの所を移動しているようです。

カッパを出すついでに昼食。

大きな木下で........ は、葉っぱで貯められた大粒の雫が
落ちてくるんですね~
カッパを着て、ふやけた手でパンを

昨晩 福島のコンビニで買っておいた(笑)
このパン君 県境を3つ跨いでいる訳ね。

s20170722117.jpg

雨脚は やや強 のまま変わりません。
フライを大きめに変更です。

水面に落ちる水滴の直撃をかわして 魚に存在を
見つけてもらわないと........
でもこの川の規模だと 魚は小さめ口も小さめ(笑)

候補はアントかスパイダー。

降り始めはアントが効くけれど これだけ降っちゃうと
スパイダーでしょうか。

2488のようなフック#12 ボディを細長く ミッドシップ
パラシュート、ウィング(脚)はクートかパートリッジ
ふにゃふにゃで3シャンク長が好きです。

ぱらっと1回転回して 10本位 脚が出ますでしょうか。
これじゃ浮かないので ポストのCDCをこんもり お下品な程
おっ立てます........(笑)

とても恥ずかしくて 人様には見せられませんが、ブンブンと
投げているうちに 本物の蜘蛛みたいに前後に脚が寄るんです。
何でなんすかね?

s20170722003.jpg

嫁はクート 僕はパートリッジでしたが 今回はクートの勝ち。

存在感が良いのでしょうか?
信じられないほどの数を釣り上げていきます........(困)

何匹か釣り上げると、ウイング(脚)がベンド方向に偏っちゃう
けれど お構いなしで 喰いに来る。

蜘蛛がデッドドリフトしている時って、こんなんで流れるのかしら。

s20170722128.jpg

数年に一度の爆釣で 時間を忘れて 5時近くまで 降雨の中
遊んでしまいました。

水も濁らなかったので 幸いしました。


宿についても、一晩寝て起きても、雨は降りっぱなし。
朝の予報も 大雨警報です。

土砂崩れ、浸水、河川の決壊に........とか云ってるし。
我家では 土砂崩れ に敏感で(笑) 

また、遭難?  しちゃうの?

よい子はおとなしく帰りましょう........






帰って来て良かったです。
釣り人2名が 崖崩れで山中で孤立 とか 
増水した川に流されて に なる所でした........


濡れたベストが とっても臭いです。






































































スポンサーサイト
【2017/07/25 15:54】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雨夫利

分煙環境の職場です。
窓際・瀬戸際のしろさぶろう 自席にいても暑いのに
喫煙ベランダでは激しく暑くて 1日身体が保ちません。

こうして 徐々にお払い箱の気持ちに成っていくんですねぇ~

言語道断の暑さの銀座界隈です。



週末、釣行に出かける予定ですが........また、雨予報です。
ほんと嫁は 雨女ですからねぇ~

濁らない川を選択して 行ってきます。

それにしても眠い。
このまま起きてて 明日の明け方まで運転して大丈夫かな?

心も体も ポンコツになってきているので 自信ない。



久しぶりに、ロイヤルコーチマン 巻いた。
アカムネアリ 見たから(笑)

勿論、ミッドシップパラシュートで。
見た目は悪いけれど シルエットが本物っぽい と信じている。


それにしても 眠いなぁ

































































【2017/07/21 17:56】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
れぃにぃー

ようやく梅雨明け宣言出ました。
またどこぞの業界団体の圧力で 印象操作のために
夏物が売れないじゃぁないかーー 
で明けましたでしょうか(笑)

まぁ、北海道まで前線が北上しちゃったら 言わない訳
には逝かないのでしょうねぇ。



s20170715067.jpg

で、週末釣行はその雨雲に弄ばれました。

3つ支流を回ってみて、林道が廃道になっていて、全く寄せ付けない。
とか
断崖絶壁50m、さすがに無理。
とか
水が流れていない。
で 4支流目。

ようやく釣りの出来る川に............ 渇水なの?
あーーぅーー云う 嫁をせき立てて入渓です。

s20170715066.jpg

内心 うししっ ライトタックルの出番だぜぃ〜
嫁はいつもの 6.6ft 3番  僕はレフティークレー 6.9ft 1番

いつも通り たまにしか釣り順が回ってこないけれど、
明らかに魚の反応がちがう............

嫁、ちゅぅ逃げ多発 僕、丸呑み(笑)

s20170715004.jpg

それでも ネィティブっぽい 岩ちゃんは律儀に嫁と
遊んでくれて ほんと助かります。

ぽつぽつと降ったり止んだり 薄日が差したり。
雷雲とお熊が怖いので、ストライクアラートとスタータピストル。

フライはテレスト 蜘蛛の巣が多いのでスパイダーです。

ミッドシップパラシュート チャコールブラウン のテール切ったり。
パラのウイングが蜘蛛の足に思えれば良いので、ウィングは
グリズリーの長め とか ほとんどインチキなフライが役に立ちます。

s20170715013.jpg

こんな でんでん虫が河原にいました。
直径5cmはあるでしょうか。
舶来? 国産でこんなの居るんですかねぇ?

触って手が溶けるといけないので、見てるだけにしました。

こんな川なので、7寸アベ、あまり釣りをする人が入らないのかな。
魚はたくさん居ました。

ライトタックル............良いよぉ〜


2日目 深夜から相当の降雨。
ゆったりと宿を出る頃には ちょいとの止み間。

s20170715001.jpg

連休なので、帰る時間を気にせず1日遊べます、嬉しい。

以前に1度釣りに入った川。
上流部はこの通り の状態なので 5kmほど下がって入渓。
帰りに気がついたんだけれど、途中に堰堤が有ったのね。

嫁は、6.6ft 3番  僕は、6.6ft ブラウンなんとかを2番ラインで。
遠投ポイントキャストのテクニークの差が出ました。

ストーキングでにじり寄っても、 あっ! 逃げた〜  と嫁。

成り代わりまして僕、かなり無理をして(笑) 遠目からポトリ。
パク。。。。。。。。。ぴしっ!  遅合わせ がっちり。

s20170715055.jpg

こんな山の中なのに 山女魚ばかりの川でした。
(堰堤まで山女魚ゾーンだったみたい)

まぁ、それなりに嫁も山女魚と遊んで、こちらも一安心。

差し掛かったポイントで 攻略できないと思ったのか
後ろを向いて 「やれぇ」 のサイン。

へぃへぃ、嫁に成り代わりまして............ 
あら、難しいじゃないの このポイント。
 
s20170715018.jpg

左右から枝が水平に出ていて、ウィンドウが無いんだなぁ。
でも、向こうには凄く良さそうな流れ出しポイントが。

立ち位置を変えても無理そうだし、上流からダウンで流す?
それも川石を転がさずに行くのは やっぱり無理そう。

振り返ると、早くやれぇ の顔つき。

タイトループで枝抜きして、掛かったら それから考える(笑)
一度投げ込んだら、ラインは枝にブル下がるので、1チャンス?

掛かったけれどラインが枝に噛んで あーあー 
魚が上流に走った所で、ラインが生きた。
前に出て、竿を回して枝回避 しゃがみ込んでファィト。

寄って来てから姿を見たら あーあー
この魚の側線 黒い筋じゃぁないですか。
かなりウグイだと思ったのね(笑)

ネットインして、パーマーク見てから へたり込みました〜


「作文では さも巧そうな事を書いているけれど、
ほとんど失敗の連続。
たまに たまたま上手くいくと 大げさになってしまう。」

ちょっと嬉しかった 年甲斐もなく(笑)

堰堤を越えたら、岩魚ゾーン
嫁の無茶振りにも 6〜7寸君が快く遊んでくれました。
おかげで、嫁もご機嫌............

S20170415021.jpg

降ったり止んだりしていた雨が 4時近くに土砂降りに変わったので
頃合いも良く退渓。



冷麺だの ラーメンだの うー麺だの ほざいていた嫁は 
あっと云う間に爆睡。

ポーター&トランスポーターのしろさぶろう 頑張って運転。
無事に帰ってきました。

7時間の下道ょ............ 一般道優先、高速回避、最短距離
おぃおぃおぃ こんな狭い所走るん?
















































































【2017/07/19 18:36】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ライトウエイト ロッド

暑い〜 煮える〜 とろけるぅ〜
昨夜遅くに釣りから帰ってきました。
家の中は蒸し風呂です。

今日も35℃?
会社で暑さに慣れてきたしろさぶろうでも きついです(笑)



で、渇水を想定して............ 天気予報は降雨でした。
ところが 現地は渇水   にししし 笑顔

s20170715022.jpg

初日は #1 フィネス君 6.9ft このサイズではなかなか
バランスの良い竿です。

日本の代理店が扱う前に米国のショップから取り寄せた竿。
きっちりと1番ラインが使えて、狭いループのスイングスピードでも
竿が負けないから、国分寺流でも使えます(笑)

なかなかこの手の竿って 無いんだよね。

同じレフティクレーで プロフェッショナルシリーズで#2 6ft って
あったけれど、ぴんぴん過ぎちゃって。

たぶん ベストマッチは 3番ラインですねぇ〜 なんて云うところ。
本末転倒で 3番ラインを使うなら もっと良い竿が別にある(笑)

神経質でタフな魚に 着水のインパクトを減らすために 番手を
下げているのだから........................ 
仕方なく 不便を享受しましょう ですものねぇ。

もう、製造販売中止と思うけれど 中古で見掛けたら手に入れましょう〜



s20170715021.jpg

今回2日目に使ったロッド。

嫁のお気に入りのキッズ 6.6ft が流通在庫が無くて............
バックアップ用に 探していたら、ヤフオクで売ってた竿。

お値段も破格でコロッと騙された(笑)

東京の板橋の会社が扱っていて 破損の祭も素早く対応
してくれて印象は良いです。

番手指定は 2/3番 なんだけれど 3番は厳しい。
他の この手の竿と比べて 一回り細身。
バットは強いけれど、ミドル〜トップが弱いんだなぁ。

で、2番のラインを乗せると これがベストマッチ。
タイトなループで枝抜きも楽々(笑)

源流の主は難しいかもしれないけれど、8〜9寸は
楽しめます(た)

お値段も格安だし、安売りのラインにグレア処理して
って、それ僕ですけれど、お勧めできるかな〜
リーダーキャストも可能だし。

8寸クラスを掛けると スコットのGのような 釣り味なのだが(笑)



今回も 嫁は3番 ちゅー逃げ (キス&エスケープ)
多発だったけれど、ライトライン&超遅合わせで、
睨まれる事多発。


渇水だったけれど、初日は通り雨 2日目はしっかり降雨で
竿がびしょびしょに濡れたので 乾燥&お手入れした。

たまたま釣行後のカメラが近くにあったので、写真を撮って
柄にもなく 適当な能書きを垂れてしまった............

デマなので よい子は信じないようにね。




































零戦やダブハンスイッチも4番5番が売れているらしい。
軽量コンパクトが好きな国民性らしいのだが、
渓流のライトウエイトは流行らないようだ。


【2017/07/17 18:53】 | お道具 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
想定の範囲外?

未だに梅雨明け宣言のない銀座界隈です。
連日の33℃ で、身も心もヘロヘロです。

窓際、瀬戸際はこうやって ボディブローを
喰らっていくんですねぇ~(涙)



アンビリな事に17日海の日、祝は出勤日........

もう、怖いモノの無い しろさぶろうは ワーワー
ギャーコラギャーコラとあちらこちらで不満たらたら暴発。

どーやらお偉いさんの耳に入ったらしく 急遽
総務から全員に 
「別段の事が無いモノは休暇を取るように」
との 当然のお達し。

なははははは

雀の涙の1/10すら 賞与も出さんと
おぅおぅおぅ、お恐れながらと労基署へ........
こちらにゃ ユニオンだって有るんだぞぉー

まんまと 手に入れた3連休でございます。



で、今週中 うきうきと 渇水を想定して
低番手の出番だぜぃ~ と 0番1番のラインを
ウレアグリスしてみたり 浮かれていたんだがぁ。。。

竿も なぜこぜして 魂を入れていたんだけどなぁ~

あんまり天気良く無さそうなんだ。

というか、九州に甚大災害をもたらした前線の東端が
東北に掛かっていて それなりに降雨が有ったみたい。

国交省の水位情報も 支流は下流部 堤とか堰 本支合流部
にしかないから........
それを見ても 増水よ 増水!

マニュアックな釣りを楽しみにしていたので残念。




ちょいと行ってきます。  0番 出番は無いかもね。




























































































【2017/07/14 17:34】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 次ページ