四輪駆動車

空梅雨なんでしょうねぇ~
梅雨らしく、雨が降り続く事もなく毎日が
過ぎていく銀座界隈です。

水源は大丈夫なんでしょうか?
ここらは(関東)は、那珂川水系、利根川水系、相模川水系
うーん、多摩川も小河内ダムが有るなぁ 
なんですけれど、山では降雨が有るのかな?

利根川8ダムで57%の貯水率だった(今調べた)

これで降雨が無いと 渇水、給水制限 ですなぁ~



で、今乗っている四駆、FJ君 9万キロ走って
タイヤがダメなのね。

もともとオンロードの少しオフより みたいなタイヤで
それはそれ、何処を走っても こんなものでしょ な。

フロントサスがWウィシュボンで キャンバー変化が大きい
ので どうしても偏摩耗してしまうんですね。

そうなるとシーミーが出て........ジムニー程じゃぁないけど

前後輪を交換してごまかして2万キロ走ったけれど、
タイヤ全部が偏摩耗になって、4分山になったので、この度
交換することにしました(笑)


スタッドレスで組んだアルミよりも ガン鉄純正ホイールの方が
全然軽くて(笑)  1輪で2kg近く軽い。
まぁ、ご予算も少ないので ガン鉄純正ホイールで組み替え。

世の中、良くしたもので ネットの安売りタイヤを専門で
入替作業してくれるお店(整備工場)が有ると知りまして。

なんと、安売り店から その作業店へ 直送出来る........

予約をして、車を持ち込むと 手を汚さずにタイヤ交換終了
なんと便利なことでしょう~

トヨタさんのお見積もりの半額 50%OFFでございます。


20170629001.jpeg


ラリーやってた時は ラリーマスター 四駆のクローリングは
ゲオライダー だったけれど、今回はダンロップにした。

何故って、お値段が一番安い国産タイヤ だから(笑)
90%以上 オンロードだし で 今流行っているらしい
SUVとかいう車用? 
スーパーウルトラバイオレット 超紫外線?

サイドが薄いのはイヤだな なんだけど。
林道もゆっくり走れば大丈夫だよ、きっと。





来週末 本家のお盆の前に 交換する予定........





















































































































スポンサーサイト
【2017/06/29 19:00】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
山女魚な岩魚

おぉ? ようやく梅雨空? と重いきやきや 
朝方パラパラっと降ったきりの銀座界隈です。


週末釣行2日目
カレーのため 頭が混乱していて文章が終わらなくて、すまん。

s20170624012.jpg

初日があまりにも水量が無い川だったので 2日目は
もう少し水量の有りそうな........

って、地図で検討をつける訳で。

見て、川幅が太く表示されている。
流程が長い。
位しか判らないもの、素人だから。

で、入りました。
本流出会いに養魚場跡があって こりゃ良いかも~

相変わらず喰いが浅い状況は変わらず 嫁は苦戦中。

まぁ、後ろで鈴を振っていると 良く判るんだけど、
アワセが一本調子で ライズのスプラッシュを見て
「即アワセ」しかないんだな。

喰いが浅いんだから、脳内劇場で魚の動きをバーチャルして
合わせれば良いのになぁ~ などを ぼーーーっと。

なんて思っていたら、川底がナメ床になって。

s20170624054.jpg

何かが変化した時の ナメ床は 始末に悪い と思っていて
水量、水温、気圧、 とかね。

なにしろ、こちらの射程距離に入る前に 逃走する姿が見える。

とか

フライが落ちた瞬間に シェルターへ逃げ込むとか。


まーーー、為す術が有りません。

捕食の定位かどうか判らないのですが、それなりに
ポジションしているでしょ。
歩みの震動とかフライ着水の震動とか 凄く敏感。


上手くフライを落とせて、フライを銜えても 喰いが浅い。

チップしてフライを銜えないで そのままシェルターへ とか。

なんだょ ワンチャンスなの? 

こんなのが続くと 嫌気が差しますねぇ~(笑)



新しい漁協管轄なので、あちらこちら沢へ入って
様子が判れば........ 



山女魚な岩魚はナメ床だった との確信は揺らぎません。

























































【2017/06/27 16:49】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
タフに生きる岩魚

ようやく梅雨らしく? と思いきやきや
あぁーなんかぁー 日が差しているんですけどぉー
蒸し暑い銀座界隈です。



週末、釣りに行ってきました。
朝4時から8時頃まで、道の駅でぐーぐー寝てました。

西向きに停めたのですが、背後から陽の光で ホッツ!
暑くて起きました........煮えた体のだるさ です。

朝の身支度をして、地図で睨んでいた支流へ。

s20170624058.jpg
 
渇水? 凄く流れが細くて ちらちらと林道から見える川は
干上がっている のでは?
と、思わず車を駐めて見に行きました(嫁)

細流(極)ですが、たぶん 岩魚は居ると思う~ との御意。

離合する川と 水量を図って ここらで車を駐めて........
2km程(たぶん)下流の林道と川が近くなる所から入渓です。

s20170624054.jpg

入って数投でポチョッ 10cm位のおちびちゃん らしい。

嫁が 「あー」 とか 「うふふ」 とか云いながら釣り上がって
行きました。

僕は何となく 四つ足の気配を感じるので スターターピストルで
爆音を 4発........ 何しろ本流出会いから 民家・田畑 無く
釣り人すら だーれも居ません(笑)

s20170624005.jpg

ネイティブぽい 御姿です~

何もハッチしている様子はありません。
蜘蛛の巣もないので 飛翔も判らない。
川石にカディスケースがびっしりと........

一も二もなく カディスです。
ケースの大きさからして、フライは#18

喰いが浅く バラシが多い みたい。

体が小さいから、口が小さいし 吸い込みも弱い。
重さがないから、彼の体重を利用してのフッキングが
出来ないし、ファイト中に針が深く侵入することも少ない。

ティペットを1ランク下げる と吸い込む時の抵抗減。
カディスはウィングを15本程度 付けている と思う
けれど、3~4本 切るとシルエットも浮力も小さくなる。
フロータントは少なめ、弱め。

にすると良い、と信じている........の、だが。


合わせも 2段階 普通のアワセと 遅らせるアワセ を
自分ではラインナップしているつもり........のつもり。

魚がフライに出る>反転して定位に戻る なんだけど、
イメージとして、頭が下を向く が 普通アワセ で
体全体が下を向いた時が 遅アワセ みたいな........

とか

魚にはベロが無いので エラの負圧で水もろとも水面の虫を
吸い込む。  
浅い喰いは、エサ(フライ)が口先に有る状態 でしょ?

エサが口先に有る状態を 更に喉奥まで移動させるために
もう一度 吸い込む よね? 食べたいんだから。

水面から降下する勢いの有る内に口とエラを開ければ........
水もろともエサが口の中を進む だろ?

と 根拠のない想像をして、まさにその瞬間 が 遅アワセ(笑)



エサのない冬や大水、渇水 
究極の省エネ対策DNA だもの。

水流と位置エネルギーを最大に利用して、生き抜いている

違いない

信じている んだ........



で、嫁バラシは 20........キャッチ 10 
6~7寸アベで。

s20170624068.jpg

この日の最大君 8寸
25といえば ウソ・大げさ・紛らわしい ジャロに報告。

浅いので、あちらこちらファィトが楽しそうでした~




まぁ、川を覗いて この水量なら 誰も釣りに入らないね
の川でした。


























































【2017/06/26 16:00】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
出撃

いやぁ、暑いです。
梅雨 だったんですよねぇ~?
業界団体様のご意向を忖度して、梅雨に入ったとの
印象操作ぽぃ 銀座界隈です。


あまりにも窓際が劣悪で猛暑なので リストライジメ?
倉庫からひなびた扇風機を引っ張り出して ブンブンと
回していますが、熱風が流れてきて こんがり焼けそうです。

サーバはヒンヤリ冷えているのに こちらは焼けております。
まーー 自席に居ないであちらこちら徘徊涼みですねぇ。



まだまだ先のこと と 前回の釣行のあと ラインの手入れを
怠っておりました。

20170623001_R.jpg

気が付いてみれば前日。
慌てて 手入れをしました。

いまや我家の定番となった ラインドレッシング(笑)

今までものは、どれもこれも効果が薄く 表面保護
みたいなものでした。
が、効果が有る、期待できるとなると そりゃもーー
熱心に手入れをするもんです(笑)

20170623002_R.jpg

スマホのカメラじゃ 接写は無理なのね。
少しは 照り を感じていただけるでしょうか?(笑)




今週末は 新しく仕入れた漁協の管轄を ふらふらしてみようと
思っています。

上流部以外は 山女魚の区間が長い川なので、終わっている
可能性がありますけれど........

日差しを遮らない本流は勘弁ですけどね。



一休みしてから出発、今は日が長いから 道の駅に着く頃には
夜が白み始めているんだよね。

遊びだから、3~4時間仮眠できれば良いだけなんだけど。
フライだから、餌釣りの人が流し終わって 一息着いた頃に
入渓だから 先を争わなくて良いし........(笑)


てな訳で  ちょぃと行ってきます。
たまには、M冷麺でも食べようかな?




















































【2017/06/23 19:06】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
家のお仕事

窓際瀬戸際局所的に真夏の暑さです。
余りに暑くて、立ち上がる度に くらみ・めまい・どうき
早く会社から離脱? 社会から抹殺されろとの 神の啓示が
激しさを増す 銀座界隈です(局所的)



何か久しぶりに 週末 家に居ました。
土曜日は そろそろ片付けないと 真面目に足の踏み場がない
部屋の掃除........  きらいです。
片付けると、どこに何が有ったのか判らなくなる ですもの。

その後は、無線のアンテナ交換。

今回は無線ネタです。

20170617001.jpg

PC通信、携帯・スマホ普及に伴って アマチュア無線人口が
減りに減っている らしい。

それに伴って、無線で商売をしていたメーカーさん販売店さんは
次から次へと 廃業・倒産 だったんですね。

そんな中、マルドルというアンテナメーカーさん。
廃業されて.... ちょっとユニークなアンテナを出していた。

このアンテナの製造会社? ライセンス買取? 
知る限り、3社が同じものを いまだに販売しています。
自社ブランドでね。

この串刺しおでんみたいは まぁ ヘンテコなアンテナですが
我家では随分頑張ってくれました。

色々な周波数に出られるのが特徴で モールス通信しかしないし
一昨年の渓流遭難以来の まぁカムバック組みたいなもんだし(笑)


ヨーロッパ、北米、豪州 かろうじて........通信達成。
2階のベランダ手すりに付けただけなのにね~

20170617002.jpg

欲とは恐ろしいもので、南米とアフリカ 制覇したいと
まぁ、普通のアンテナ? へグレードアップです。

車に付ける 釣り竿みたいなアンテナを根っこ同士で接続して
まぁ アンテナの基本 ダイポール ちゅうやつを電気的に
無理繰り........動作させて、みる。

重さが軽くなった分だけ ちょっとだけ高さが稼げる........
1mくらい 前よりも高くなった~(笑)


で、土曜の晩は なんかぁ~ あまり変わらないかも~?

日曜 本家の庭の手入れを終えて帰宅後 無線機にかぶりつき、
うーん 何だかなぁ~  変わらん。

あいや暫く あれ? 何だか見慣れない符号 どこ? だれ?

あーー送信のチャンス逃した。
誰もコールしないなぁ~  えぇぇ聞こえなくなった。

15分後

また出てきた........コールしてみる
何か反応しているけど判別不能 そして聞こえなくなった。

10分後

また出現 懲りずにコールしてみる。
おぉぉ、生体反応あり

20170617003.jpg

ぬはは、アルゼンチンだった。
対蹠地だから とは思ったけれど、こんなにタイミング良く?
日本から一番遠い所まで、電波届いた........

私もハッピー あちらもハッピー だったようで、数分後に
電子交信証明証 送られて来ました~(笑)

このネットの時代に なんてアナログな事をやっているのか、
アホですけど なんか笑えて楽しい。


アフリカは かろうじて聞こえる時もあるけど 直ぐに
聞こえなくなったり、他の人のコールで潰されちゃう。


アルゼンチンは昨晩も聞こえて 通信出来たのだけれど
僕以外 コールする人が居ないんだなぁー
みんな聞こえれば、わんちゃかコールが輻湊しそうな?

トンネルで極一部の地域間でルートが開けたのでしょうか?


この不確実性のギャンブルみたいなのが 良いのかな~
お陰で フライ巻が全くはかどらないけどね(涙)



コンディション次第だけれど、雰囲気、
アフリカ到達は遠そうです。

















































































































【2017/06/20 17:04】 | 無線 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
| ホーム | 次ページ