ベンチレスト

小雨模様の銀座界隈です。
この後上がる予報なのですが................

週末につれて、嫁の奇声遠吠えは留まることなく発せられて
今日も旅支度セットがセットされていることでしょう。


昨晩は何か胸騒ぎを覚えて、早めの睡眠を。
ところが悲しいかな、寄る年並みで4時過ぎに起きちゃった(涙)
所在なく、フライを巻いてみたりして。

S20150529001.jpg

いつも夜に巻いているから、どーも乗りません。

難しい体勢から、そう、バックサイドのサイドからアンダー
気味なキャストでちょいとフライがレーンから外れて、
打ち直そうとしたら、後の枝にフライが引っかかった、
みたいな感じ。

S20150529002.jpg

水に濡れたら、ダークにトーンするオレンジでボディを
巻いてみた物の一つで終了。

この辺で、気持ちが乗らないから雑になってくる。

S20150529003.jpg

むりくり撮影用にもう一本(現写真群)巻いたのだがだが。
そもそも、釣れれば何でもOK! に宗旨替えをしたので、
自家消費分は恥ずかしくて、人様には見せられない(笑)

早朝にどうしようもないオヤジがどうしようもない心境
だった、という補足説明書のようなものですな。

S20150529005.jpg

で、余った時間、布団に潜り込んでうつらうつら。
こーなると、起床時刻に起きられない、起きたくないモード。
目覚まし時計を斬鉄剣で真っ二つにしたい気持ちでよいこらしょ。

もう少し前向きに、と。
いひゃsぁーーーー、
今週末の釣行では、漆の竹竿振っちゃおうかな~
るんるん
どんな川だろう? どんなお魚と逢えるかな?
うきうき
がんちゃぁぁぁーーーん!  

って、これじゃ、嫁だよ~ (涙)


御意!






























































































スポンサーサイト
【2015/05/29 16:46】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
プロキシ

朝晩は比較的涼しいのですが、日中は激しく真夏日。
まだ、5月でしょ?  の銀座界隈です。

なにしろ、急に降って湧いたように........
ハードの保守が、修理が、立て込みまして完全にキャパを
越えております。

まぁ、だからといって定時を1時間ほど回ったところで、すぅーー
っと退社する訳でございますけれど(笑)

S20150526004.jpg

自分の時間が一番大切で、会社生活は二の次・三の次の
しろさぶろうは、まぁ会社にとって不必要な人材で有ることは
疑いの無い所です(笑)

プログレードのジャングルコック、イギリスのショップで購入した
はずなのに、リトアニアから送られてきた........はて?

僕の記憶だと、スエーデンのバルト海を挟んで向こう側。
バルト三国のうちの一つ、まぁアマチュア無線してたから、おおよその
世界地図観、なのですけれど。

確か、英国は「生類憐れみの令」が発布されていて、皮や肉のついた
スキンはダメ、魚類に至っては金魚鉢で飼っちゃダメ、 らしい。
金魚鉢のレンズ効果で魚が外界を誤認識するから? らしい(笑)

まぁ、結論、ちゃんと届いたから何の問題もないのだけれど。
発送委託を受けて、規制の緩い国外からおくっているのだろうか?

S20150526002.jpg

前回の釣行で使った絹糸。
使って直ぐに(月曜日)、ラインワインダーに巻き取ってミューシリンの
お手入れ。

PVCのラインもクリーニングするので、取り立てて面倒という訳では
ないのだけれど。
何と云っても、手やリールがベトベトになるのに閉口します。

ミューシリンをフエルトに染み込ませて二つに折って、人差し指と中指で
ラインを通して挟んで........
親指と薬指・小指でリールを保持。

デスクにCクランプで留めたワインダーに巻き取り、そしてリールに巻き取る。
ざっくりと、2往復で終了。
よほどの事が無ければ、シーズン中はリールから外して乾燥させる事も
無く、適当にやっております。

だからか? 人様が云われるように、ラインがどんどん使いやすくなる
事もなく、ただアメ色に変わってというよりも、汚れで変色していきます。
これを成長と云うのかどうか、判りません。

フックアップではラインが浮いていた方が良いのだけれど、ドリフトには
半沈くらいが良いという意見もあります。
僕にとっては、著しいメリットが無いのとメンテのベトベトが................

それでも自己満足の為に、たまに使いたくなるから、リールバッグには
必ず入れて行っちゃうんだよなぁ~

S20150526006.jpg

嫁のオーダー品。
この季節、メイフライで遊ぶハズなんですけれどねぇ~

どうしても、がんちゃん相手となると、環境的に厳しい所に
お住まいですから、まぁ、取りあえず喰ってみる 的な
エンゲル係数お構いなし、でございますゆえ。

目の良い分別のある山女魚君ほどゾーンに入ったフライを
間違いなく食べてしまうからこそ、釣りきられも有り、ゾーンに
入れてその気にさせる愉しみも有り、釣り人は我が儘ですね。

で、発注者の嫁は、たぶん自分では気がついていないと思う
のだけれど、夕食後の洗い物をしながら
「がんちゃ~ん ちゆぅ~~♪」

週末が近づくに釣れて(笑) 嫁の遠吠えが激しくなってくるのだ。
遠吠えの自覚症状が無い、それが問題かも知れない。
生き物を観察する定義づけだと、とても面白い対象物だ(笑)



































































































リトアニアが起因して、このブログのアクセスを調べたら
57カ国からご来訪。
米国・ロシア・カナダが多いけれど。
こんな駄文のどこが? 僕のインチキ日本語判るの? (笑)
プロキシ使っているんでねーーーー?  ← これだな。
【2015/05/28 18:10】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
毛虫暖簾

日差しが日一日と強くなる感じです。
ちりちりと光が肌を刺す銀座界隈です。


週末はお着替えの後、巻いたフライを仕舞い込んで、竿を選んで
バタバタと出発です。
週末の割に空いている高速を北北へ。

20150523111.jpg

はしゃいでいた嫁もいつも通り、ぐーぐーぐー お気楽です(涙)
いつもは追い越されるがままのクルコン巡航も快適に
距離を稼ぎの北帰行、窓は夜露に濡れませんけれど........

7エリア(東北)に入った辺りから、路線のトラックが増えてきて
登り登りの東北道、クルコンがだるくなって。
仙台を過ぎれば各段に交通量が減るんですけどねぇ~

道の駅で仮眠、今回はゆったりと睡眠をとります。
地元の釣具屋さんの開店に合わせて........
こう、しょっちゅう通うとなると、日釣り券では勘定が
合わなくなりますので、なんと年券の先行投資!

今年の渓流は「この界隈で~」がだいたい決まったので、
ですけれど、今年はここへ何度も来る訳なのね................
運転手は僕だ~♪  乗客は嫁(睡眠中)♪

20150523135.jpg

今は写真付きの年券が増えましたねぇ~
写真でもないと、使い回しちゃうんでしょうねぇ((怒)))
一応、組合員の神州の漁協、いまだに木札なのかな。

で、道の駅に釣り人らしき車、他県ナンバー多数 まぁ、あとは
釣り人の匂いですね(笑)
釣り人の性で上流へ行くでしょうから、年券購入後に里川と
渓流の境目辺りから。

8寸前後の山女魚君たちが、遊んでくれました。
お兄さん達はGWに釣られて,ウンチになっちゃったのかなぁ?

20150523001.jpg

開けた渓相なので、竹竿を持ち出しました。
銘の有るビルダーでは有りませんが、7ft2inch バットに
張りのある竿にフェニックスの絹糸で。

そこそこの風、まぁこれぐらいは普通の条件で、全くポイントに
フライが入りません。
山女魚なので、竿2本分+1mのリーダー長なんですけど、
トルクが有るので、どーしてもターンがきつめ。

10mレンジで30cmもぶれたら釣りにはなりませんねぇ~
ちょっとイライラしながらの遡行です。
ところが、半日振っていると色々と判ってくるモノで、ちょいと
右にひねって投げると竿のブレが無いんです。

20150523010.jpg

これは、貼り合わせた三角材、立て繊維の数がバラついていて
スパインにあたる部材の位置とガイドの乗っている位置が
ひとつずれている感じです。

ラッピングし直してもらおうかなぁ~
なかなか、7ft-#3 という竹竿は目にする機会がないもんでねぇ。
そもそも目にしても、お高かくて手がでないし、投げるの下手だし。
まぁ、このまま放置プレーだなぁ(笑)

20150523020.jpg

場所を変えて。

ところが、釣り人が多くて多くて、準備している間にも林道を
ひっきりなしに車が通ります。

一応、嫁を入渓させて様子見。
10ポイント程度、全く無反応なので、速攻河岸を変えます。

20150523113.jpg

峠を越えて。
しかし、これ、山桜からブル下がっている毛虫君。
林道では暖簾状態でぶらぶらぶら........

これって、なんでブル下がっているんでしょうか?
なんか意味が有るんでしょうか?
鳥に食べられるリスクも増えるはずなのに、不思議です。
こんな景色を見た嫁は、すかさずイワイイワナパターンを選択。

これが大当たりだったそうで................
ポンポンと岩魚君が。
まーーーー似ている、っちゃぁ似てますがねぇ(擬)
漁師の面目躍如でございます。
イワイイワナのオーダーがたくさん入りました。

20150523199.jpg

良い釣りが出来て、ご満悦の嫁。
勿論、帰路はゆっくりの駄睡をむさぼっていました。

20150523186.jpg

河原にいた、小さなバッタ(にしか見えない)軍団
こんなものが大量に発生するんですね。
こんなのを見ちゃったから、カディスっぽいフライを使って
みたのだけれど。

フライを見に来るけれど、お帰りになる とか お召し上がり
いただいても少しだけで、バレてしまうとか。
今回は「イワイイワナ」宜しかったでしょうか~?

20150523106.jpg

今週も 「がんちゃぁ----ん~」 の遠吠えを聞くのかな。
間違って年券を買っちゃったから、その線で攻めてくるのか?
しろさぶろうは、体力、財力の温存だなぁ................
お菓子の我慢、1日1食、じゅーす我慢 (涙)







































































今回ご用意したお道具

テンプルフォーク #2 6ft TF02602 レフティクレー1
アキスコ #2 7ft ARGF702 エアーライト702
ハーディ・グレース #2 7ft GS2 7ft #2 GS2
キャップス #2/2 6ft 6023 kid’s 6
キャップス #2/3 6ft6inch 6623 kid’s 6
スコット #3 6ft6inch SAS653
ハーディ #3 7ft 703 フェバリット
竹    #3 7ft2inch 723 コヤナギ
カンパネラ #3 7ft5inch C3753 レッドラップ
ルーミス #3 7ft6inch Trilogy FR-903-3
レディントン #3 7ft6inch RS376


【2015/05/25 11:26】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
がんちゃん、あげいん

今日は埼玉のH技研系列の会社さんで打合せ。
珍しくスーツで街をふらふら。

乗り慣れない電車を乗り継いで............なんか太ももが痛い。
ふくろはぎも痛い。
なのに嫁は元気はつらつ、釣りに行くらしい(涙)
帰宅するなり、暗黙のお着替えセットが用意してある(涙)

これから行くのね............
弾丸釣りツアーの始まりらしい(涙)





























ちょいとひっとっぱしり400km
逝ってきます〜

【2015/05/22 20:26】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
アキュラシー

未明から早朝にかけて、激しい雷雨でした。
エネルギーの切れたオヤジには何の影響もなく
爆睡をむさぼっておりました。

台風一過のような快晴、湿度も低くておまけに北風
デブリーなオヤジには過ごしやすいですねぇ~



渓流も本格化して、まさに春爛漫でしょうか。
嫁からは次々とフライのオーダーが入って来ます、が
こなしきれません。

この時期は複合ハッチが多いし、サイズと色、たくさんの
フライを用意しておかないとならないので大変。

魚もだんだんと経験を積んで生き残ってきているから
シビアになってくるしゲームとしては楽しくなって。

S20150521006.jpg

最近? 日本でも販売しているtan。
魚からは微妙な色に見えると、僕は思っているカラーで
ドライフライのボディにも使っています。

吸水性を考えると、ダビングとフロス、どちらが浮きに対して
優れているのか否か、よく判らないんだよなぁ。
今はフロータントが進化しちゃったから、何でも浮く時代だし。

まぁ、巻き手が満足すれば何でも良い訳です。
巻き手の満足=釣果、ですから(笑)

S20150521003.jpg

この良い時期に道具も、あれやこれや使ってみたいのだけれど、
特に竹竿。
僕は竹竿が苦手で。
グラス世代なんだけれど、その後カーボンの恩恵をフルに享受
しちゃったから。

ストレートキャストで通常の9ヤードレンジ、ラーメンどんぶりは怪しい。
これって釣りにならないじゃーー、ありませんか(笑)
激しい欲望の上に成り立っている「釣り」なので、準備はするのですけど
イザ現場に立つと、なかなかどうして手にすることが無い訳です。

そうそう、この「アキュラシー」 って正確度と訳されることがおおくて、
真値(ターゲット)にどれだけ近いか........なので、
ワンショット・ワンキルのキャストなら正解です(笑)

ところがどっこいしょ、しろさぶろうのような下手な鉄砲数打ちゃ派は
「精度」 バラツキがどこまで少ないか=10回のうち何回ゾーンに
投げられるか(笑) 「プレセジョン」となる。

何度も投げ直しているうちに、さかなをスプークさせて、血涙を絞る。
カーボンですらこれですから竹竿では,行き先はフライに聞いてくれ~
こりゃ大川でしか使えません........
少し枯れたら使えるかと夢を見ていたけれど、「夢幻のごとくなり」

S20150521001.jpg


今朝、出勤のビジネスマンを見ていたら、ふと気がついた。
なんでみんな黒いカバンを持っているのだろう? と。
何が入っているんだろう?

今どき電車で時代遅れの日経を読んでいる人も珍しいし。
オンビジネスの象徴だったネクタイも国家のファッション統制で
クールビスを強制されてその地位を失った。

ネクタイからカバンに移行したんだろうか。
ベストにジャラジャラとあれもこれもブル下げるのがFFマンの
象徴だったけれど、ショルダーバッグ派が増えてきているのも
時代の流れなのかなぁ。

それにしても、何が入っているのだろう?
お弁当だ!

※ふと、新橋・丸の内のビジネスマンのバック、
中身を見せて下さい、というテレビ企画で、
カバンから次から次へと、尺山女魚や尺岩魚が出てきたら面白いなぁ~

などと想像しちゃうのは、もう、頭が壊れているのでしょうか?








































































ちなみに我家には
「たこ焼きの夢」 という名前のたこ焼き器がある。
それも2台................
【2015/05/21 11:44】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ