FC2ブログ
ミーティング in

なんとなくすっきりとしない天気が続いています。
朝晩は楽になって、過ごしやすいのですが........
今朝は通勤時間に降雨があったりして、すっきりしません。



先週末は神州の本流で、てぃこまさん、いわなたろうさん、と
楽しいプチミーティングでした。
嫁と4人で並んで釣り下ったりして~

20140906002.jpg

早朝、ミーティング前に川の真ん中まで行っちゃった嫁。
なんか、相当前のめりな姿勢が良く判りますね~(涙)
一人だけ完全釣りモードです。

そんな訳で、釣りよりかはミーティングを楽しんで。
皆さんの近況や情報を聞いて、刺激を受けてまいりました。
今年は全般的に好況だったようですね。
(この方々の腕が良いのか!)

土曜日は諏訪湖の新作花火大会と云う事もあり、名残惜しかった
ですが、時間切れ解散です。
次回、再会を約して、でございます。

晴漢しろさぶろう全開で、暑いなか集まっていただきまして、
楽しい時間を過ごすことができました。


なにしろ、神州・甲州の「秋の味覚」満載なので、中央道が
メチャ混みなんです~
その上、諏訪湖の花火大会じゃぁーないですか。
こりゃ、早々においとまするのが良かろうと「夜っぴいて」車を
走らせて帰ってまいりました(笑)

20140906003.jpg

間もなく今年の漁期も終わりになるので、最後の駆け込み?
釣行の準備をしております。
前回壊れてしまった南部風鈴の紐、修理です。

家にあるタコ糸で直しました。
が、風鈴って、いろいろとノウハウというか経験則があって、
上手く綺麗に鳴らす工夫があることが判りました。

鈴が垂直にブル下がっていないと、
とか
鳴らし金も水平垂直がないと、全方向からの風で鳴らない、
とか
短冊(風受けorおもり)の長さが・大きさが、「鳴り」に
影響するとか。
先人の知恵が織り込まれていて面白いです。

私の場合、用途がクマ除けなので、鳴れば鳴るほど良い訳で
セッティングとしは楽なんでしょうけれど、ご家庭ではほど良い
鳴り加減がある........と思うのですねぇ。


さてさて、残り少なくなった釣行ですが、悔いの無いように
楽しんでこようと思っております。
家庭内でも、すでに「岩ちゃ~~ん~、岩ちゃ~~ん~」の
嫁の遠吠えが聞こえてきております(涙)

行くべき所へ行って、釣れなきゃあんたが悪い、と開き直る
しか、対抗手段はありませんが、秋の味覚(ラーメン)を楽しみ
ながら、ちょいとそこまで................400km でございます(涙)





























































泣いても笑っても、あと少し。
しっかりとお楽しみ、いたしましょうね~

【2014/09/08 12:35】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
逆ベルクマン

朝晩、めっきりと涼しくなってきた銀座界隈です。
今朝、ふと気がついたのですが、最近はあからさまな
ブランド品を持ち歩いている輩が少なくなりました。
なんか、「びとん」とか見ないです(笑)


会社の雑用が何だか急に多くなってきて........(涙)
会議は多いし、レポートは多いし。
メールシステムのリプレイス、それにビッグデータ?

はぁ? あたしゃ真空管世代だよ~
トランス巻いて、プレートで感電した男さ。 
東京の世田谷区で野壺に落ちたんだからね。


てーな事で、水曜日の定期更新をサボってしまいました~

2009112002.jpg

今週初めから、少々疲れ気味で帰宅後 なーーんもする気が
起きません。
お歳のせいか、暑さが一段落した反動か、嫁のDVか、

今年も鮭釣りに出かけるので、そろそろフライを巻き始めないと
いけません。
が、実は先週釣行の後片付けや、風鈴の修理、何もかもが
全く手つかずなのでございます。

まぁ、自分のことなので、ぎょぎょ、嫁も含まれるのでした(汗)
こんな呑気ーーーぃ な事は云っていられません。
今晩帰ったら、今週末の用意も含めて、ダッシュダッシュです。

20120228011.jpg

サーモン用の実釣フライは簡単で良いのだけれど、なにしろ
こちらの根気が続かないのが難点。
飽きちゃうんだよね~

ただどうしても、弱めのティペットで根掛かり・スレ掛かりの時に
切れて欲しいから。
ヘッドごと持って行かれると痛いから、そうすると、コストの低い
フライをロスするのが一番、キズが浅い(笑)
たくさん必要=となる。

20131026017.jpg


そうそう、ランディングの時に人影を見て、ネット見ると、凄く暴れるでしょ?
ギャフでエラに掛けられないか、ちょっと考え中です。
柄も長い方が遠くから仕掛けられるけれど、短い方が精度は高そうだし。

そうそう掛けるチャンスが無いから、練習も出来ないしねぇ。
短いと接近しなきゃいけないから、それなりに暴れるだろうし、と、
夢は膨らむ一方だけれど、変なモノを用意していくと、全く釣れない
なーーんてのは、よくあること。

釣れた時の心配よりも、釣る心配です。
などと、空想している内に夜が更けて................


























































































豊漁不漁のサイクルでいくと、今年は不漁。
カイ二乗検定でも.................(涙)
【2014/09/04 15:27】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
この時期だから........

9月1日 防災の日ですね。
関東大震災、かなりの確率で近いうちに大地震が来ます~
と、しろさぶろうが幼少の頃から云われておりますが。

東日本大震災の時も、東京は都市機能がマヒしてしまい
大変な日々でした。
直撃したとすると................  えらいことですね。




週末の釣り、何処へ行きますかぁ~?
無論、岩ちゃんの釣れるところ、以外考えられませんわ
と申しますと、遙か彼方まで遠征でございますね
苦しゅうない、夜っぴいて車を走らせるが良かろう
ぎょ 御意........

20140830120.jpg

あまりあれこれ考えて探してみても、この時期釣りきられて、を
考えると、過去に実績の有った所とかその近く、辺りで。
釣れなきゃ釣れないで、腕が悪い、釣りきられた、と諦めていだだく
しかありません。

20140830157.jpg

入渓して3投目、速攻でイワナが掛かりましたが、
が........ランディングでバラシ。 9寸位でしょうか。
なるべく目を合わさないようにして、次のポイントを促します。

すると、なんとまたしてもヒット........ 無事にネットイン。
これで、天下太平・家内安全です、ほっーーー~
この時期ですから、ポンポンとはいきませんが、飽きない程度に
魚の反応と釣果を積み重ねます。

20140830110.jpg

西洋テンカラ流の嫁は、大淵などの大場所になると、「どーーーぞぉ~」
どうやら短いリーダーシステムではラインが叩いて、魚のスプークする
事を理解したようです(笑)

もたもたと、抜き足差し足忍び足でにじり寄り、2つのバブルラインの間に
U字キャストで落とします。
浮き波でフライが揺れて、下流側に逆ドラッグが掛かってゆっくりと
流れ始めた刹那、バブルラインの沈み石から飛び出てきたのは、
山女魚君........9寸5分

20140830119.jpg

どうして岩魚域の上流で山女魚が居るのか判らないけれど、モノには
まぁ、例外がありますから。
しかし、♂の良い山女魚でした。
このあと大場所専用しろさぶろうは、山女魚ばかりで......... 一安心です。

この時期にしては、の釣果でご満足の嫁。
日没には少し早いですが、宿へ進路を。
と、云っても、予約していた宿とは80kmほど離れています。
が、信号のない県道・酷道ですから。

20140830130.jpg

途中、寄り道をして明日の川候補を見て廻ります。
時期的に水温が落ちてきているので、みんなが目指す上流よりも
出来れば下流の方が良いのだけれど。

本流筋で鮎が禁漁になっていない所が有るといいのだけれど。
小滝が連続して、落差があって、でも通らずは面倒臭い、
などと都合の良いご託を並べて徘徊します。
まぁ、これと云って良い川は見つからなかったんですけどね。


20140830002.jpg

今晩のお宿。
標高が高いせいか冷房設備はありません........
無事にチェックイン、相当古いバブリー時代を感じるなぁ~

一息ついた後に、「らーめん、ラーメン、らーーーーめーーーーん」
のご注文です。
途中、なに毛で見かけて記憶していたお店へ。

20140830132.jpg

最近岩ちゃんに恵まれている嫁はご機嫌で、おごっそうしてくれる
とのこと。
お調子者のしろさぶろうはハメをはずして、炙り焼チャーシュー麺に
普通チャーシューのトッピング。
美味しく頂きました~!


からすカーと夜が明けて、なんと昨日の無理が祟ったのか、7時起床。
もーーこうなったら開き直って、ですね。

20140830004.jpg

嫁の後を鈴をフリフリ、爆竹を鳴らしながら、遡行です。
後から見て居ると、しっかりと竿抜けが見えますから、ぽちゃ
ぽちゃと叩いてまわります。

緩流流れ出しの最期の最期で出ました。
泣き9寸岩魚君。
まじぃ、嫁よりも先に釣っちゃった.................

20140830140.jpg

その後、嫁にも9寸クラスが釣れ始め、一安心です。
地図上は林道からかなり離れてしまい、退路の無い川なの
ですが、それはそれ、釣り人の道があるのではないか?
ときょろきょろしつつ(笑)

ケモノの匂いもプンプンするので、風鈴を鳴らし続けます~
が、風鈴の紐が切れてしまい、一鈴脱落。
南部風鈴で一番良い音色だったのになぁ~ 要修理です。

20140830018.jpg

大きなテーブルの流れ出し。
嫁の、暗黙の合図。  へへぃ~ と。
枝が水平に張りだしているので、しゃがみ込んで逆ループ。

8mのレンジで、3本バブルライン、右端が反転流あり。
完全岩ちゃんゾーンなので、繰り返しジグザグミシン縫い投げ。
3サイクル目でしょうか、バブルラインの緩流帯から飛び出した尺岩君。
下のテーブルとの間を2往復して、ようやくネットイン。
なかなかのファイターでした。 

20140830023.jpg

ぷっくりと太っているので、どれどれと? とストマックしてみたら
陸生昆虫の後ろ足、あとは小さなニンフ。
砂粒のように見える位なサイズです。
#32フックでも難しいです。
しかし、体が大きくなっても小さなものを食べているんですね。

降雨があったようで、白泡が多いので、大きめのフライを使って
いたのですが、フライのサイズを下げたら、各段に出が良くなりました。
今回も、オーソドックスなロイヤルコーチマン・コーチマン・カディス
オドリバエ・アント でした。

てくてくと入渓点まで戻って、釣行終了です。
上流から見てみると、遡行して来た時とは違うポイントの見え方で
それなりに面白いですね。


比較的早い時間に高速へ乗れたので、首都圏に入ってから、一般道
広域農道・県道を駆使して(笑) 順調でした。
時間は多く掛かるけれど、渋滞でノロノロしているよりは良いかなぁ。
7カフェも飲めるしね~!

















































































今回ご用意したお道具

キャップス #2/2 6ft 6023 kid’s 6
キャップス #2/3 6ft6inch 6623 kid’s 6
ティムコ #3 6ft3inch iota633
アノニマス #3 6ft6inch グラス
エコー #3 6ft6inch CARBON663
スコット #3 6ft6inch SAS653
ハーディ #3 7ft 703 フェバリット
シェイクスピア #3 7ft SAP#1216319 オデッセイ
セージ #3 7ft FLi370 Fli
カンパネラ #3 7ft5inch C3753 レッドラップ
ルーミス #3 7ft6inch Trilogy FR-903-3



【2014/09/01 12:14】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
前ページ | ホーム |