その 日暮

あんなに暑かったのに、一気に冷え冷えとしてきました。
体調も変化に追いつかずにいます~

銀座界隈でも、洋服の入替が追いつかないのか?
陽気とはあべこべなファッションの方がちらほらと........(笑)
ハンターの長靴を見かけますねぇ~
雑誌か何かで紹介されたのでしょうかねぇ。


いつも地面ばかり見て歩いて居る、枯れたしろさぶろう、
どうしても、道ゆく人の足下が視界に入ってきます。

20090516006.jpg

サンダルの爪先から、足指全部が陥落している................
まるでプールの飛び込み台で構えて居るみたいですね~

ビーチサンダルから小指が飛び出ていて、地面に接して........
犬のうんこが転がっていたかもしれない、地面だよぉ~

なんかカカトが汚いょ~ 水虫? 垢擦りしようよね........
生足ならねぇぇ

顔のニキビは激しく気にするのに、虫に刺された足脚、
掻きむしってボコボコにするのやめようょ~ 

20090925001.jpg

顔やお洋服、綺麗に着飾るなら、靴も磨こうね。
足許を見られる  
とか
溺れる者は足許すくわれる

足の裏のイワナ
と昔から云うではないか。

海軍兵学校ではっ!、 とよく恩師に怒られたモノです。
靴を磨け、身だしなみを整えよ、
男たるモノ、1歩外へ踏み出せば、魚が逃げる、と。


20100501047.jpg

遺伝子レベルの変化は、1万年くらいの時を経て、変わるらしい。
とすると、日本人の足、幅広甲高 は................?

水田で沈まないために、カエルのように幅広?
喫水を高くするための甲高?
ところで、稲作し始めてから、1万年も経っているの?

どうやら人類は、そもそも雑食だったらしい。
野菜を栽培して食べ始めたのは、そんなに昔のことではなく
まだまだ、1000年程度らしい。

とすると、体が野菜に適応して=健康に良い、本来の食生活
のあり方である、 というのは、遺伝子レベルの話としては
全くの誤りである  という意見がある。

雑食であるなら、山でドングリを食し、草の根を喰らい
川で魚を獲って、カエルも無論食す。
ザザムシも蜂の子もイナゴも........
こう考えると、長野県の食生活は理にかなっているなぁ~

じゃによって、肉食主義者が肩身の狭い思いをすることは
ないのである。
鳥・豚・牛・山羊・羊・猪・鹿・熊・馬・蛇・鼬・犬・猫・白媚神........etc
なーーーんでも、くまなく食べるのが、健康の秘孔ですね~


20100717019.jpg
おごっそう


とーとつですが、へそ曲がりの戯言。
メディアで 「放射線防護服」 とよく聞きますなぁ。
何かジヅラでは、おぉ、放射線から身を守ってくれる、ありがたい服だぁ~

ところが、全く放射線から身を守ってくれない、焼肉屋で配っている
紙エプロン程度のモノらしい。
まぁ、放射性のホコリ防ぎ が ニヤリーイコール らしい。
なぜそんなモノをメディアは 「放射線防護服」と呼ぶのだろう?  と、
地下鉄の電車は何処から地下へ入れたのだろう? 級の不思議さだ。


さぁーーーー週末っ!
今回も800km走るのだろうか................ 












































































カナカナの鳴き声を聞いて、戯れ言を。
物言えば唇寒し秋の風     御容赦
スポンサーサイト
【2014/08/29 16:23】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ふうりん

夏も一区切り? と思えるような涼しさの銀座界隈です。
心なしか横殴りの霧雨も火照った夏の肌には心地良いでしょうか。


釣行後の週の初めは、釣行で使ったお道具の手入れで
何かと忙しいです~
ラインや竿の手入れ、使っても使わなくても、ストックから
引っ張り出したついでに手入れをしておけば、次に使う時
気持ちよく機能してくれることでしょう~(願)

gett01.jpg

上州屋で買ったスパイクシューズ、1日使ってみました。
生地がヤワなので、足首までホールドしている割には、
ぐらつきます。

それに、靴底がとても柔らかいので、履き慣れないと
くたびれます。
が、
それが地下足袋のように、凹凸に接地してスパイクピンの
食い込みを助けているようです。

丸石、ナメでのグリップはフェルトに遠く及びませんが、目の
詰まったフェルトよりよほど信頼性があります。
が、靴が軽いので水流に対抗する力が無く、登山靴的な
シューズが好きな方には不向きのようです。

小石・小岩の川底では、引っかかったスパイクが地面に効かない
など、オールマイティではありませんけれど。
私は、お値段と性能で高い評価をしたいと思います。



20140823025.jpg

竿の修理です。
こんな風に綺麗に折れているのは、製造過程や使用している時の
キズが原因で、とブランク屋さんから聞いたことがあります。

今はシートも縦横斜めの繊維なので、ホントかどうかは判りませんが
スッパリと折れてくれると、修復作業がやりやすいですね。

穂先なので、継ぎの部分(インサート)を短くしたいのですが、
ガイドのラッピングが近いので、そこまで入れれば継ぎのラッピング
が減るのではないか? と安易に。

20140823027.jpg

内径1.7mmで破断しているので、1.6mmの汎用カーボン丸棒を
使います。
仮入れしてみて、アクションを見ます................
まぁ、しょうがないですね~(笑)

場所が場所なので、カーボンではなくグラスのインサートの方が
良いのかもしれません。
ちょっと合うサイズの在庫が無いので、今回はこのままいっちゃいます。

20140823028.jpg


エポキシのミックス、主剤と硬化剤をしっかりと分量を合わせて
少量だと許容重量がクリティカルなので、ちょっと慎重に(笑)
片方ずつ接着して................硬化を待っているのがダルイです~

20140826001.jpg

こんな感じで接着が完了しました。
この後、傷口とインサートのエンド部分、トップ側はガイドの足部分
なので、バット側のみの2カ所のラッピングですね。

コーティングが面倒臭いので、ウルシ? とか考えちゃいましたが
まぁ、普通にフレックスコートの極薄塗りで完了です。
インサートの固着養生が済んだら................暇を見て、ですね。

ティングカーブの........は、2番ですから、他のセクションも曲がります
ので、なんですけど、キャストの際にティップがブレなければOK、
と思っています。
まぁ、印籠継ぎが一つ増えた訳、程度のことですから~(笑)



20140826007.jpg

ここのところ、あちらのテレトリーに無断で足を踏み入れていて、
領土侵犯しているのはこちら側、です。
無益な抗争を避けたいので(笑) 専守防衛ですね。

ベストのポケットなど、オーバーハングになっている所に鳴り物を
ブル下げていますが、静止している時の音量が少ないです。
以前に風鈴が風になびいて、静止時にも効果的だった、を
もう少し進展させて........(笑)

季節柄、お安く叩き売っている南部風鈴を仕入れてきました。
風受けの短冊が純正の紙ですと水濡れに弱いので、100円
ショップ仕入れのクリアファイルを短冊状にして、風受けとします。

まぁ、昔の金魚・風鈴の行商の如く、じゃらんじゃらんきんこん
かんこんと渓流で涼を感じつつ「個別自衛権」の発動ですね(笑)
かなり、ちんどん屋さん的ではありますが................
(かつてのラジオ案は入感状況が不安定なのでボツっております)


などなど、平日もなかなか忙しいしろさぶろう、
貧すれば暇なしでございます。




































































































他人の領域に、土足(スパイク?)で................
【2014/08/27 11:44】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ツレネンコ

夏季休暇釣行以来、熱病にうなされている嫁(イワナビッチ)は
ドリームアゲイン とばかりに、「岩ちゃ~ん、岩ちゃ~ん」を
連呼しております。

このままでは日本国憲法に保障されている、基本的人権
生命財産に危険が及びそうなので、弾丸岩ちゃ~んツアー
を敢行いたしました。

20140823004.jpg

入渓点まで400km、助手席で鼻凹提灯で寝ている嫁を
なるべく見ないようにして、一気に走りきり到着です。

へろへろのしろさぶろうを尻目に元気はつらつな嫁は肩から
入渓して行きました。

20140823064.jpg

入渓して間もなく、9寸のがんちゃんを釣り上げ、ほっと
肩の荷が下りたしろさぶろうでございます。
ですが、そうそうホットしている暇もなく、鈴を振り爆竹を鳴らし
ケモノの近接警戒です。

20140823006.jpg

順調に尺クラスを釣り上げる嫁、激しくご機嫌麗しいようです。
しかし、この沢、とてもケモノの匂いがするんですよね~
こちらの本能も危険信号を発しているので、鈴振りの勤行にも
力が入ります!

20140823075.jpg

今回はツインクマ鈴 x2 南部風鈴 x1 爆音鐘 x1 の
クマ除け親衛隊で、ガチャガチャとやっておりますが、体の動きが
止まると無音になってしまうので、体を揺すり、痙攣しながらなので
非常に体力を消耗します。

途中から、魚の反応が悪くなったので........ 下流のセクションへ。
上流に比べて、岩ゴロが減って荒瀬が主体........半々かな。
爆竹の用意をしていたら、嫁が泣き尺岩魚を瀬のど真ん中から。

岩裏のくぼみに居たんでしょうけれど、山女魚的に出たんだとか。
面白いですね。
瀬でもしっかりと捨てキャストを1回入れておくですねぇ~

20140823091.jpg

山あいに陽が傾くまで、しっかりと遊んで釣果も十分です。
無論、しろさぶろうも釣らさせていただいております。
諸般の事情により大きなサイズは、正直あまり釣りたくないので、
釣れそうなポイントは謹んでご辞退させて頂いております。

今回の当りフライは、アント(ムネアカオオアリ)、ピーコックボディの
CDCカディス、クートスパイダー、ストマックでは何も出ないんだけどね~
でしたが、ロイヤルコーチマンほど色分けがはっきりしちゃうと、
出が悪かったかな~

20140823021.jpg

川を3本、沢を2つ 釣り歩きましたが、あちらこちらの枝に
渓流仕掛けが引っかかって放置、テンカラのフライ&ラインごと
だったり........みなさんそれなりにご苦労されているようです(笑)

今回も竿は、6ft6inch 210cm 3番  9ftリーダーのバットを
詰めて、その分ティペットを足しています。
長い流れ出しとか、ティペットが長い分だけ失速させやすく、
ちょっとだけだけど、ドリフトがとりやすいです。

20140823076.jpg

それでも、岩ちゃんだと一発では出てきてくれないので、何度か
同じトレースを繰り返さないといけないので、思いの外神経を
使います。

山女魚の方が反応が素直なだけ釣りやすいと思ったりしてねぇ。
岩魚はスイッチが入らないと、目の前にフライが流れても見えない
フリして無視してくれるしね。

あぁ、ココは居ると思ったのに、と20回位流して、ジャブジャブと
次のポイントへ移動しようとした刹那、岩陰から逃げていく姿を
何度見たことでしょう................(涙)

20140823057.jpg

クマさんのお陰もあって、日中は気が張り詰めていて眠気も
感じなかったのですが、山を下りて道の駅で手を洗って、
コーヒーを飲んだ途端に気絶しました!
普通コーヒーで目が覚めるんですけどね~~

2時間の急速充電で復活した、ニッケル水素しろさぶろう、
山越えはだるいので高速移動ののち国道へ。
狙いはラーメン店(うふっ!)

20140823117.jpg

しょっぱいラーメンで塩分を補給して、ここからは一般3桁酷道!
よーそろ~ぉ、大型も居ないし、信号少ないし、無料だし(笑)
ほぼ30時間、800kmの弾丸ツアー、無事に終了しました。


自然に感謝、お熊さんに感謝、岩ちゃんありがとう~










































































今回ご用意したお道具

キャップス #2/2 6ft 6023 kid’s 6
キャップス #2/3 6ft6inch 6623 kid’s 6
ティムコ #3 6ft3inch iota633
アノニマス #3 6ft6inch グラス
エコー #3 6ft6inch CARBON663
スコット #3 6ft6inch SAS653
竹 小川 #3 7ft RIVER WIND ナチュラル・バンブー
ハーディ #3 7ft 703 フェバリット
シェイクスピア #3 7ft SAP#1216319 オデッセイ
セージ #3 7ft FLi370 Fli
カンパネラ #3 7ft5inch C3753 レッドラップ
ルーミス #3 7ft6inch Trilogy FR-903-3





【2014/08/25 16:15】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
自然と遊ぶの こころ

全国各地で天気が悪いのに、関東地方、とりわけ東京だけ
かんかん照りの酷暑が続いております。

なんか、気象兵器なの? と云うくらい、気象災害が発生して
いて、とても心が痛みます。

統計的には、10年・30年というスパンで見ると、同じ様な
気象現象は起きているし、何かと話題の地球温暖化も
地球規模では寒冷化しているのに日本だけ温暖化と思えるほど
暑くなっちゃっているし、何なんでしょうかねぇ。

川遊びに興じているしろさぶろうですが、護岸・堰堤・水路など
災害が起きたら、次に備えてより堅固なものを作るとか、治山方法を
見直すとか................

長年、川に通っていると、旧に復するだけで同じ様な気象現象が
起きると同じ様な災害が発生する。
同じように復する................ 毎回毎回復旧予算がついて、延々と
工事が行われる、次の工事の為の復旧、なんて変な想像をして
しまいますね。


20140813031.jpg


ちょいとあれやこれや、Web検索していたら、おもしろいページに。
http://www.honda.co.jp のドメインだから、本田全体のWebと思われる
ページなんだけれど。
なんと、釣りのページがあって、長野の伊那界隈を紹介しちゃっている訳。 

http://www.honda.co.jp/fishing/column/column-20140820/

ルートのタグは、車やバイク、モータースポーツとか有るんですけど。
サイトマップの中に、コミュニティ>釣り とあって........
いろいろと、しかも詳しく、釣りのあれこれが紹介されている。

今は、毛針入門みたいな記事もあるし、釣り人社編集長の伊那の渓流釣り
なんかも紹介されている。

はたしてホンダのサイト内の釣りやらキャンプやらのページへの
アクセスがどんなものか、IT(いつも釣り)担当としては興味の
湧く所です。
サイトのアクセスアナライズをしてみたい(笑)

さすがに世界有数の会社、こんな釣りコミュニティでも、立派な
プレゼント企画がありました!
残念ながら我家には、ホンダと名の付くモノがひとつも無いので
応募の権利が有りません~(笑)



gett01.jpg

前回釣行で「コギ」「マキ」「ヘツリ」でフエルト底の限界をちぃーと
感じた、しろさぶろう、gettのゴム底スパイクを........
お値段もウエーディングシューズの1/5ほど。

今年嫁が履き始めて、結構滑らないよ~ との評価だったのです。
まぁ、そんなに良ければとうの昔に、みんな使っているわい、と
無視していたのですが、パタゴニアの金属下駄底を思い出して、
もしやぁ~ と。

はてさて、どうなることやら、でございます。

ウエーダーを履いて、さらに履くので、26cmほどのサイズの
おばかな足のしろさぶろうでも、3Lサイズ、たぶん28cm相当
の大きさを選ばないといけません。

ほかの川の細菌・藻類を持ち込まないように、とゴム底推奨
だったりして、何かと話題の靴底ですけれど。
やっぱり、古い人間ですから、天然素材のフェルトに気持ちが
いっちゃうのは仕方のない所ですね~~

























































































さて、週末です。
天気図と河川情報を見つつ、見つつ、矢は放たれます。
矢先は「嫁の顔」、でしょうか?  (合掌)


【2014/08/22 18:04】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
雑 勘

またまた広島で、大変な災害が起こってしまいました。
川とか沢とか、釣りと身近なだけに心が痛みます。
謹んでお見舞い申し上げます。



夏休みの銀座はアジアの方に占領されています~(笑)
4丁目の交差点で信号待ちをしていると、日本語よりも
アジア各国の言語の方が多いですねぇ~

歩いて居ても判ります。
皆さん同じ様な顔つきで同じ様なファッションですけれど、
爪先が外向き、ヒザが真っ直ぐで歩いてくる方は、フォーリナー
爪先が内側を向いて、ヒザが曲がり、小股の方は我が国の
方です(笑)

nac4ft.jpg

大柄に類別される「しろさぶろう」は、通勤でも皆さんと歩幅が
合いません(涙)
皆さんが3歩のところ、2歩の感じです。

後ろ足が残るので、後の方にカカトを踏まれることも多いし
前の方のカカトを蹴ってしまうことも。
なので、どうしても視線が下へ下へと。

200800308045.jpg

確かに日本の方の歩き方は独特ですね。
今はどうか知りませんが、欧米では内股は忌み嫌われますので、
寝る際に、外股強制シューズを履いて矯正してました。

アニメ=内股=カワイイ という文化ですからね。
これはこれで、日本人を見つけるキーになるので、よろしいかと。
けっこうきょろきょろと歩いて居るせいか、まーーーー良く
道を尋ねられる訳です~

大陸の方は威勢が良いので、なんか怒られているようです(笑)
たまには笑ってね~
固有名詞とか英語・スペイン語なら聞かれていることは想像出来る
のですが、他の言語だとちんぷんかんぷん。
Best your family, Good day!




shiro.jpg

岩魚の川ばかり釣りをしてみて、岩魚も山女魚化する?
傾向があるのかなぁーーーーーと。

例えば、一度しか出ない、とか、ヤル気の有るときや勢力分布で
岩魚のA級ポイントではなく、マギレの中に居たり........とかとか。

時期やプレッシャーに依るのでしょうけれど、この時期まで
外敵から身を守り、釣り人の針を逃れた魚たちは、それなりに
本能のままに、警戒心が強くて強くて。
それがまた、釣り人としての面白さでもあるんですけどねぇ。

山女魚は山女魚のままなのかな?
俊敏で目が良いだけに、釣りきられちゃうんだろうなぁ~
産卵に向けての荒食いになれば、また楽しい時期が来ます。



さてさて、週末が近づいて来ました。
嫁が臨戦態勢を整えつつある様子の我家です................


























































































もちろん、そんなプレッシャーをピシピシと感じるので、テレスト系
ハエ・アブ系のフライを量産しております!

【2014/08/21 12:14】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ