あとの祭り

今日の銀座は、清々しい秋晴れです。
先ほど、アリコのCM飛行船が飛んでいました。
私の年代では、キドカラーの飛行船CM、でしょうか(笑)

我が家としては、「祭」の後片付けをぼちぼちと
やっております。
嫁の使ったリールからラインを外しておりましたら???

20131029001.jpg

なんとTipが綺麗に結んでありました!
どーーしたの? これ
フライが切れて、新しいフライを結んで、ぽいっと投げたら
とても軽くて、あれぇ~~ と結んでいた所を見たら、Tip
の中間で切れて落ちていた........の

普通は水の中とか、テンションが掛かった時に切れるけど
切り口がギザギザになっていたから、竿を持ち上げた時に
岩に引っかかったのかも

魚が掛かった時に切れなくて良かったね~~

こんな太いTipを綺麗に結んだモノだわ と感心しつつ
切りやがってこの野郎ーー でございます。
UVシーラントで固めて、次回も使います。
この状態で、何匹か釣っていた訳ですしねぇ。



20131029003.jpg

留守中にカナダから古いランニングラインが届きました。
ティムコのカタログによると、2009年あたりから販売
していたランニングです。

18加$ カナダからは送料がちょっと高いですけれど。
寒い時期のランニングでどうかな?
なんていう事で入手しました。

ホントは鮭釣りに間に合って欲しかったのですけど。
かといって、フェデックスやDHLのバカ高い送料を払う
気もさらさらないので........案の定こんなタイミングです。



塗れたコルクグリップなども乾いた頃合いなので、いつも通り
ポリメイトで竿を拭いて収納です。

思ったら、竿抜け防止で巻いていたビニルテープの糊痕が。
今日の帰りにでも100円ショップでシール剥がしを入手
しなきゃなぁ。

高級なテープがショップに有りましたが、我が家には1巻
40円のビニルテープが相応というもの。
致し方がありませんねぇ。























































































帰宅時に覚えているかな?
短期記憶 海馬がずたずただからなぁ(涙)  



スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2013/10/30 14:44】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ばぃ・みすていく

週末は鮭釣りに行って来ました。
台風が接近しておりましたが、晴漢のしろさぶろう、己を
信じて、信じて、でも大丈夫かな? と思いつつ深夜の高速を
北上します。

我が家の事ですから、当然に開始時刻には行かず。
開始後1時間後の入川となりました。
始めの1時間は人の居ないところを流しますが、まぁ、
人が居ない=釣れない 訳ですからねぇ(笑)

20131026005.jpg

暫く川の様子を見つつ、上流の流れが速くて、何人か入るけれど
直ぐに立ち去ってしまう、そんなポイントを見つけました。
マサに本筋なんですけれど、その分流れが速いんですね。

そんなところでも、筋の脇の反転流や緩流帯が有れば~
なんて云うんで移動です。
遠くからはよく判りませんでしたが、案の定有りました。

川幅7m ブンブンとダブハンで飛ばす訳にはいきません。
ヘッドが2~5mも出れば、です。
Tip8ft T-8 に3.8号フロロ1m
反転流にTipまで落として、ユルユルと底チョイ上を
流します。

20131026017.jpg

T-14だとフライが底に着きすぎるので、T-8がぴったし!
小雨の中、増水の影響と濁りで、良い感じです。
水が澄んでいたら、人影で口を使わなかったでしょう。
増水なので、釣りの時間中に4回位(たぶん)群で上がって来て
いる感じでした。

当りフライは、この濁りの中存在感が強い、黒・濃い紫・etc
フラッシャブー付きのロングテール、揉まれてフライが踊らない
様にダンベルアイ付き........ フライの重さは2.5g程度です。

群さえ来れば入れ掛かり?
歯で切られたり、本筋の流れで下られちゃうと止まりません。
と、云うのも、何と私トラウト用のリールケースを持ってきて
しまいました!!!
リールケースを開けてビックリ玉手箱。   痛恨の失敗です。

ラインブレークはフライ間近(歯)とTipとリーダーの継ぎ目
から少しフライ寄り。
何でここが切れるのか、理解不能です~

20131026067.jpg

とりあえず、シングルハンドで。
フルシンクは、ドリフト中のメンディングがやりにくいので、上手く
定位しているであろうラインを流せませんでした。

あっという間に時間終了~
ヒットは20位、キャッチは8。


20131026022.jpg

ほぼ徹夜だったので、15時にチェックイン。
今晩の宿は、こんな所です。
7月に予約を入れていましたので、前日に「ホントに来るんですか?」
の確認電話(笑)
ゆっくりと爆睡しました。


一夜明けて、開始時刻に目覚まし(笑)
いそいそと用意をして、近くに泊まっているというのに、1時間半遅れ
の入川です。

川を見渡すと、濁りも昨日と同じくらい。
昨日のポイントがポッカリと........誰も居ません~
確かにルアーも延べ竿も流しにくい所ではありますがねぇ~

用意の出来た嫁を先に行かせます。
僕は今日ダブハンなので、ヘッドやらTipやらで、更にゆっくりの
ご出勤。
川に入る時、奥さんが2本掛けたよ~と........
「あいつは釣るんです、漁労長だから~」などと笑い話を。

20131026034.jpg

群で上がって来てる様で、バタバタっと掛かって、少し時間をおいて
またバタバタ、な感じ。
日が出てきて、小雨が降っての繰り返しだけれど、日の出る時間が
少しずつ長くなって来たので、フライを赤系にスイッチ。
ファンデーションは基本同じ。

20131026029.jpg

時間いっぱい遊びました。
ヒットは30位、キャッチは15位でしょうか。
課題は、ランディングとラインブレイク。
ランディングはなだらかな岸ではなく、切り立っているので、基本
ズリ上げが出来ません。
ネットを使うのですが、ネット(人影)を見ると、元気が出て暴れ
始めるので、あちらも必死! まぁ、止まりません(涙)

ラインブレークは、半分諦めです。
何処かにヒューズを作っておかないと、ヘッドやTipをロスト
してしまったら、釣りが終わってしまいます。
フライ&ティペットが一番ダメージが少ないし、安く付くので(笑)
そこで切れるのが安全策というところでしょうか。

1m・7kg近い相手ですから、鮭くんの勝ち! です。
トラウト用のリールということもあって、キャッチ率が低かったの
かもしれません。
何本かブナの薄い、良い鮭も掛かりました。

下流の産卵床域で釣りをしていた方も、相当釣り上げていたようです。
砂利底でタングステンヘッドのエッグで........(笑)
イチコロだったはず、バンバン釣り上げていました!!
フライのキャスティングを見ていて、ぽこーーん って離水していて、
ループが乱れるから、遠目にも直ぐに判っちゃうんです。
Type3~4位で、底をコロコロなのかな。


お陰様で、鮭釣りを楽しめました。
たまたまフライのシステムの利点を活かす所に入れて、たまたま
魚の通り道で、たまたま反転・緩流帯が有った、という幸運でした。
10月27日は、しろさぶろうの誕生日でしたから........かな?




































































































今回ご用意したお道具

スコット #8 9ft STS908/3
ゴールドカップ #9 9ft GC9093
IZCH #8/9 12ft マスターサーモン
セージ #8 14ft 8140-4 Fli
craftS #8/9 13ft S.T.Spey アンボイナSP
ルーミス#9/10 13ft FR1569/10 IMX
ループ #9/10 13ft 13910 マルチ
ループ #9/10 14ft 14910 マルチ
天龍 #10 13ft 1304F-10 trout&salmon
天龍 #10 13ft 1304F-10 trout&salmon
IZCH #10 15ft マスターサーモン




テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2013/10/28 12:56】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
go ahead

なんと台風がダブルで襲来しています。
当初の予報からは随分と進路を変えているようですが、
災害の起きないことを祈っております。


無謀にも、鮭釣りに週末出かけます。
いくら晴漢のしろさぶろうでも、釣り場は雨無し、としても
川は増水................なんていう事も有るので、漁協に
問合せをしましたら、「問題なく釣れます、開催します!」
ですって。

20131024005.jpg

川が濁ったら岸沿いに魚が寄るので、シングルハンドの
高番手を持っていきます。
もう、10年は振っていません!

20131024003.jpg

ということで、10年以上使っていないラインとリールを
引っ張り出してきました。
これは、フォス  全くもってエーベルのコピーにしか
見えないリールです。

アメリカンウェイそのものの強靱なボディで、ドラッグも
かなり効きます。
ストッピングパワーは十分ですが、滑り出しが今のリールと
比べたらちょいとね~
まぁ、それはエーベルも同じですけど。

20131024002.jpg

これも勿論10年以上前のライン................
いまだに人気の高いエーベルです。
ドラッグの効きはピカイチ、頑丈なボディでその分重くて
今となってはねぇ~?
ポーテッドで軽量化を図っていますが、その分肉厚が増えている?
なーーーんてことは、無いんでしょうかねぇ。

20131024001.jpg

この中で一番おしとやかですね。
ドラッグの効きも、回転感も。
それでもしっかりと獲物の走りを止めてくれます。

気に入らないのが、左右のスプール径が違って、キャビネに置いた
時に無様で倒れたりするんですね。

持っていくシングルはフロリダの9番9ft。
たぶん8番ラインだと軽めなんだろうけど、あいにく9番はほとんど
STテーパーで、ヘッドそのもの一式が何処かへ行っちゃって、
見当たらない(笑)

流れが筋の可能性も有るので、嫁の分と2本にしようかな。
あとシングル8番・9番って在庫が薄くて、カプラスとスコットの2本。
こういう時には、スイッチの高番手が有ると良いんですね。
シングル高番手は肘も手首も、もう耐えられないだろうし(涙)



SA社のシステム・シリーズ。 大きい番手には最高ですね。
そもそもが安価だし、ドラッグの効きは良いし、一応ハーディ製だし。
ヤフオクで数千円(5~6k)で落札した物がいくつか有ります。

もう廃番になって久しいから、出物も無いでしょうけど。
こういう時にはぴったり。
ところが、我が家のシステム&システム2はランニングラインが巻いて
有って、肝心のSTヘッドがロスト中。

使えねーなぁ~ しろさぶろう

















































































晴れパワーでちょいと水をかき回してきます。
釣果は低調の様ですから、「ぼ」でしょうなぁ~

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2013/10/25 14:53】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ナノテク

今年はホントに台風が多いですね。
今週も2つ、(台風ってどういう単位で数えるのかな?)
日本に接近しています。

20131020002.jpg

タイングディスクのお掃除をしました。
また直ぐに散らかしてしまうのですけどねぇ~

20131020004.jpg

嫁がアウトドアで使っている腕時計の電池を交換しました。
裏蓋を外して電池の入れ替えだけですから、直ぐに終了です。
今はamazonあたりで、時計の道具も安く売っているようです
からフライを巻く程度の器用さがあれば、って普通の人なら
簡単に交換出来ますね。

20131020012.jpg

タイングディスクが綺麗になって、少し鮭用のフライを。
いつも同じ様なフライばかりですけど........
どんなフライを使っても、釣れる時は釣れるし、そうで無い
時は、ナニをやっても全く駄目ですから。

20131020014.jpg

手慰みで巻いているようなモノですね~


久しぶりに、上野サンスイへ行って来ました。
あれやこれや、ネット通販ではなかなか手に入らない物を
と、最近のトレンドを聴きに、です(笑)

20131021003.jpg

ヘッドセメントシンナーは瓶物なので仕方が有りませんね。
ついつい、この季節赤だとかピンクだとかに手が伸びてしまいます。

ナノテクノロジーが身近になってきたようです。
ティムコの内覧会でシングルハンド(渓流用)のナノテク・ロッドが
発売予定?

インファンテのダブルハンド版が安価にリリース予定?

Jスイッチがナノテクでリニューアルして発売?

伝聞なので、真偽の保証は出来かねますが................

20131021006.jpg

早速、フライを巻いてみました。
やっぱり同じ様なフライになっちゃいました。
目を入れなくっちゃ!


























































































素材が硬くなると脆くなる。
15年前のナノチタニュウム(レディントン)はスッパリと
折れました。
が、もう鉄腕アトムが空を飛ぶ21世紀、もっと良いモノが
出来ているんでしょうね。

フライ釣りが簡単になって、面白さが減る?かもねぇ

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2013/10/22 17:23】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マーキュリーの杖

今週はちょっとだけ忙しくて、更新をサボってしまいました。
いつも釣り(IT)部門のしろさぶろう、10月の異動の
システムやネットワークの工事で、たまたま仕事に............

20131019009.jpg

月末の鮭釣り、またまた台風が接近で、川止め?になるんじゃ
ないかと心配しております。
もう、とっくに調査参加費用も宿の予約もしているし。

どうなることやらやらやらです。


四駆を整理していて、まぁ、釣り専用車なのでネットや釣り小物
雪壁の川で脱出用の折りたたみスコップとか出てきて。

20131019008.jpg

あらあらーー! と出てきたのがウエーディング・スタッフ君達。
石突きが取れちゃったり、体重のかけ過ぎで湾曲しちゃったりして。
車から降ろしてみたら、4セット!
まぁ、2セットは後家さんなんですけどね〜

これはアジア製でパイプはしっかりしているけれど、握りが太くて
コルクグリップがぽろぽろと崩れちゃう。
でもコストパフォーマンスは最高!
グリップトップの方位磁石はご愛敬、どこが北だか判らないょ。

20131019005.jpg

渓流用でとても長く使っている、確かリバレィの軽量スタッフ。
石突にゴムキャップ、と収納式の鈎爪が付いていて、枝に引っか
かったフライを回収するのに便利!

ステンレスの細いパイプで弱々しいけれど、退渓・巻や入渓点までの
戻りなんかの時にはとても快適。

いつだったか、嫁が背中のベストから取り出している時にケースを
流れに落としてしまって。
退渓して、下流で釣りをしていたしろさぶろうの所まで戻ってきて
「ウエーディングスタッフのケース流しちゃった〜」
「あらまーーーー!」
なんて話をしていたら、しろさぶろうの上流にケースがどんぶらこっこ
と流れてきて........................ おぉ、これですね〜お笑いです!

20131019004.jpg

これもアジア製だと思う。
前のアジア製、折りたたみ部が体重のかけ過ぎで固着して、岩にコンコン
当てて緩めようとしていたら、石突きが吹っ飛んでロスト!!
ホルスターが革製でとてもしっかりとしています。

十分に使い物になるんだけれど、折りたたみ部のテーパーの設計がよろしく
ない? のか固着が起きやすい気がするです。
両手で持って、きこきこたわませれば?抜けるんですけどねぇ。
力のない嫁だと、コンコンと岩に叩く方が簡単でねぇ(笑)
ぽーーーーん! と飛んでいったそうな。

20131019006.jpg

これは米国製 っぽい。
ハイテンションスチール? とてもしっかりとしていて軽い。
グリップもスキーのストックみたいな成形ゴムでリストバンドが
付いています。


ほとんどが北米のショップから送ってもらったものですが、911
以降は、どこかで必ず開封されちゃいます。
まぁ、X線で見りゃなんだこれ? 銃身の束みたいに見えるんで
しょうかねぇ?
インボイスがウエーディングスタッフ、まぁ理解できないでしょうなぁ。

20131019003.jpg

大体50inchと58inch位の二種類あるようです。
我が家では、長いモノを使っています。
腰上までウエーディングした時に短いと力が入れにくい、とか
川底を探りにくい気がするんです。

実際、そこまで入っちゃうと流れの勢いでウエーディングスタッフの
捌きがやりにくくなっちゃうんですけどね。
それに、釣っている最中では下流側にウエーディングスタッフが
流されていて、それに手繰ったラインが絡んだりして邪魔くさいし。

安全のためだから仕方が無いんですけどねぇ〜
歳も大きくなってきているので(笑)足元も危なくなってきてて
ウエーディングスタッフを使いつつ下るのが安心な訳でーす(涙)


それにして、同じモノが2つ............
1つも2つも送料がそんなに変わらない、という事も有りますが、
「あらっ、私の分は?」
家庭円満が一番ですからねぇ、南無阿弥陀仏。











































































一流・高級なモノは使ったことがありません。
石突きの摩耗とか、消耗品と思っていたから............
だけど、想像以上に長持ちするから、良いモノを1本を一生モノ
もアリかもしれない............今更遅い。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2013/10/20 03:50】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ