FC2ブログ
L' AIR DU TEMPS

まだまだ暑い銀座です。(本日の予想気温33℃)
昼間の日射で暖まってしまった、しろさぶろうの部屋はそう
簡単に温度が下がらずに、触るもの触れるものみな熱いです。

20120913002.jpg

北半球のトラウトシーズンが終盤なのと2013モデルへの
引き継ぎ、在庫処分、感謝祭から年末のセールと楽しみな
季節の始まりです。
米国は景気回復を遂げつつ有るようで、釣りの中でもマイナー
でハイグレード? そして嗜好性の高いFFの用品販売も
売り手が強気の姿勢に変わってきました。
e-bayを見ていても値付けが強気ですwwwww

20120913006.jpg

スーパーファィンダビング・アソートです。
来季に向けて、という訳でもありませんがパラパラと
買い足すのも面倒だし、リストアップするほど整理されて
いないので、アソートで頼んでみました。
分量が少ない? と思いましたがパンパンに詰まっているので
十分な量でしょうか。
大袋から出せば、アソートというよりもコンビですね(笑)
Hyndman, PA, United States から $30 ほどで。

20120913022.jpg

こちらはお隣中国から、オーダー後一月ほど掛かって到着。
サーモンのウォディントンやチューブフライに使おうと早めに
注文したんですけど、郵便事情が芳しくなくてこの時期です。

20120913023.jpg

これも10本 x 10色 のアソートで、「色は選べません」
の但し書き です。
1パック $4.5 輸送中に箱が歪んで中の羽根が何本か露出
していましたが通関は問題なく通過してきたようです。
日本郵便扱いになってから露出したのかな?

マテリアルを個人輸入し始めたのは昨年からです。
今まで、100%検疫証明などで引っかかった事はありません。
およそ$250以下の課税標準価格であれば、フリーパスで
(インボイスの確認程度)通関してくるようです。

20120913010.jpg

その通関で課税されたLOOPの竿です。
カナダの店にオーダーした在庫処分品ですが、CA$270
US$280と云ったところでしょうか、しっかりと課税対象
にされてしまい、税と手数料で¥1100のお支払いです。
これもインボイスの書きようで、$100位にしておいてくれりゃ
非課税なんですが、事故の補償保険を考えると致し方ないところです。

20120913013.jpg

ダブルハンドの長さとラインウエイトの関係が(しろさぶろう、の)
15ft  なら  8番
14ft  なら  9番
13ft  なら 10番
位が一番無理なく振りやすいんですね。

鮭釣りでランディング(笑)とか取り回しを考えると、13ftが
僕には合っていると思える。
10番でも13ftなら、たぶん体力的にも保つ、かと。
モダンスペイで、いくらラインの重さで竿を曲げるだけ........
とうはいえ、しっかりと体力つかいますものねぇ。

今年は、お気に入りの craft S のSTspey1389、IMX、
天竜、とこれで頑張ってきます。
2人で、それぞれの予備という体制(笑)が出来ました。

年に数日のチャンスしかないので、もう入れ込みすぎ
なのは判っているんですけどねぇ................




千葉サンスイさん閉店(フライコーナー) です。
昨日、千葉の稲本さんから電話があって、永らくお世話に~
なんて云うので、めでたく、もとい残念な事に退社でも
されるのかと思ったら........
千葉店のフライコーナーが閉じられる事になったようです。
今後は海を中心としたルアーの展開に。

確かティムコさんの調査で、日本全国で川にトラウトの
生息していない県は「千葉」だけだったと記憶しています。
大昔に有志が養老渓谷に山女魚を放流したんじゃ?
一番高い愛宕山も自衛隊の分屯基地が有って入れなかった
そんな記憶です。
なので、どうしても海のお客さんが多かったんでしょうね。

来週から稲本さんは異動して、何かしらの在庫所分セールを
する、かも? らしいです。
確か、6、7年千葉店にお勤めだったと思うんですけど、
これで千葉に行っても楽しみが無くなりました。
上野店へ異動されて、上野店の樋口さんが池袋店に異動。


l'air du temps  時の流れ  です。




























































































なんと嫁の凶暴、もとい要望により日月と釣り、らしぃ?

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2012/09/14 14:25】 | お道具 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
エピゴーネン 

昨晩は未明に雷雨が有って一気に冷えた陽気になりました。
朝はとても過ごしやすかったです。
自然の涼しさは、空調の涼しさと違って、体が楽です~

20120911001.jpg

先週の釣行で持っていった3番ラインです。
ロッドの長さや、重さと DTとWF の違いです。
渓に因って6インチの竿の長さの差は釣りが成立するか
しないかの差になってしまいますので、判らない渓に
行く時には(ある程度予想はしますけど)6.6ft~8ft
という竿の持ち込みです。

20120911004.jpg

6.6ftと8ftでは合わせるリールサイズが違いますし、
でも、8ftでDTじゃなくても良いよね、という消去法
もあるので、だいたい2人分でこんなものです。
このうち今回使ったのは4個でした。
チェコニンフだと11ftでDTですわ........ねぇ
リールもでかく(重く)なるしぃ

20120911008.jpg

ロングリーダーを使った時に、竿のリバウンド後に
まだラインシステムが飛翔していて、竿先にティペット
やらフライやらが当たる絡む事があるので、リバウンド時に
竿を少しずらしますね。
その時に微妙に捻りが入るので、リバウンドの竿先を
右Vにしたり左Vにしたりするのですが、どうしても
撚れが入るので、そのメンテナンスとライン自体の
メンテナンスです。

随分と汚れますね(笑)
来期は新しいラインにしようかな~
ライン全体の質が向上しているので、大概の渓なら
普及品で性能十分でしょ?
フルライン出すなら高級ラインが良いですね~




激しい興味本位で手にしたかったハーディ・マークスマン。
マークスマンって 選抜された射手? らしいけれど
スナイパーより一般的みたいですね。(ウィキペディアより)
Barrett 416弾 とか撃たない人達ですね。
スナイパーの場合、コールドボアショットで 2500yard 
one shot one kill ......

20120911013.jpg

話が横に逸れましたが、スピンドル無しというのが
凄く気になっていました。
今回廃番になって、ようやく妥当な買えるお値段に
なったので、迷いましたが触手が伸びました(笑)

20120911010.jpg

一番小さな2/3サイズ、お店の展示品だったようです。
店長のシュレーダー氏は、「もう一サイズ大きい方が
実用的だぞ!」と助言をくれたのですが、真面目に
使わないし、「日本の魚は小さいんだ」と云ったら
「そうらしいな」と納得(笑)してくれました。

20120911017.jpg

さっそく腑分けです。
ほー、こんななんだ?
本体とスプールを留めている大きなリングスクリューは
アタリまでいっぱい締め込んで、ちょうどスプールが
正位置に来るようになるだけで、ドラッグには成ってません。

20120911019.jpg

ボディ側の軸にあたる所にクリッカーギア。
クリッカーはスプール側です。
ギア自体の剛性を上げてくれれば、もう少し良い音が
しそうなものなんですけど。

20120911027.jpg

見てお判りのように、右左巻き 区別は有りません。
強いて云えば、クリックのプレートの填め込みを変える事で
多少テンションが変わりますけど。

20120911023.jpg

軸は無いけれど、軸受けに相当する部分。
コンロッドメタルみたいな感じ?  センターの出っ張りは
ロータリーエンジンのガスシールみたい、でしょうか。
もっとバラしたい所です。
メタル?の外側は、ベアリングが有るのでしょうか?
回転音では、それらしき感じはありません。
長期使用で偏芯したりしないのかな。



しかし、どう見ても IMAGO Gaia なんだよなぁ~

リンク
http://www.alternativetackle.com/page4/page10/page10.html


お値段からして........ハーディがぱくったのか?
D16Tアルミってどんな素材なんだろう、マークスマンは
ありきたりの 6061T6 ぽいけど。


そうそうもう一つ有ったよ、パクリ元が。
MEGOFF reel の TR 23 TI

リンク
http://urx.nu/1YaE

このリールの3D-CAD図? だとボールベアリングが
入っているみたいだ。
配列もデザインもくりそーだよぉ~
これ$800クラスのリールみたいだし........




こりゃ、マークスマンがエピったぽぃの?
こんな事を考えながら、カリカリカリ リールいじりは楽しい。


















































































エピゴーネンのお題は2回目かな。
これがホントのエピゴーネンですな(笑)

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2012/09/12 17:06】 | お道具 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三尺 山女魚

暑さ寒さも彼岸まで、でしょうか?
なにしろ暑いですね~
先週で渓流も 「打ち止め」 のハズでしたが、嫁の強い
暴力的な凶暴、もとい要望により釣行へ。

20120909051.jpg

今回も頑張れ、福島県 です。
急遽ででは北関東区域ではお安い宿が取れなかったんです。

今回も岩魚域では水量が少なく山女魚域を拾い釣りします。
魚居ないんだよなぁ~

20120909008.jpg

この時期ですから、居残りの魚も賢く数も少なく、盛期
ほどバンバン釣れる? なんて云う事は全く有りません。
相当渇水で、渓を遡上していると遙か彼方で数少ない黒い影
が逃げ惑います。
ロングレンジで狙えるほどの渓相ではないし、難しいです。

20120909006.jpg

今回も数多くの渓に入りましたが、こんな小さな支流に
なんでこんな大きな魚ばかりなの? などという規模に
似合わず大きな魚が残って居る所を発見したりして。
ま、大きいと云っても8寸位ですけど(笑)

20120909014.jpg

今回の宿は白河です。
宿に向かって東進しつつ、渓もサーチしつつ、向かいます。
お宿は白河でも更に東側です。
二昔前? 嫁がFFを始めた頃でしょうか、白河の
西側の白河フォレストSに毎週通った時期がありました。
林養魚場さんが元気な頃で、日に10本程度でしたが、
とにかくデカイ! 走る! で楽しい魚でした。
メガサンドも美味しいしね!
フォレストS、随分行っていませんがどうなんでしょう。

20120909112.jpg

今回のお宿はこんな感じです。
レストランが有るというお話でしたが、お口に合いそうに
無いので、外食に出ます。
我が家で、白河と云えば、ラーメンです。

20120909115.jpg

南湖近くの 太鼓のぼう さんの 琥珀巴ラーメン。
ラーメン屋さんなのに、モデルガンだらけ........
燻煙の香りのチャーシューを美味しく頂きました。

20120909058.jpg

一夜明けて、栃木県に入いって入渓です。
まー良いお天気で暑いし相変わらず水は少ないし
魚は逃げ惑うし........タフっています。

20120909068.jpg

お昼過ぎまで頑張って、ウェーダーを脱いで白河へ。
そーです、白河ラーメンです(爆)
お昼の時間帯をかわしての入店狙いです。

20120909138.jpg

ここも南湖近くの正統派白河ラーメンの 要屋 さん。
しかし既にチャーシュー麺は売り切れ........
手打ち中華をオーダーします。
タッチの差だったらしく、お姉さんが気の毒がって
少しチャーシューをサービスしてくれました。
※チャーシュー麺は大きなチャーシューが10枚位
入っている麺です。

20120909003.jpg

とって返して釣り場へ。
そして最後の川で、夕まずめ狙いです。
ごくごく浅いプールの流れ込みで、イルカジャンプで
8寸山女魚、あまりにも気持ちの良い出方喰い方だったので
これにて釣行終了です。



三尺 山女魚........
泊まったホテルの大浴場に。

20120909124.jpg

我が目を疑いましたね~
さすがにここまでしっかりとした山女魚は珍しい?のでは。
とても気持ちよく、晩に朝に入浴させてもらいました。

20120909121.jpg

秩父方面、両神温泉にも確か魚のオブジェが有ったような。
こういうの、釣り人には堪らないですねぇ~ (笑)




























































今回ご用意したお道具

テンプルフォーク #2 6ft TF02602
アキスコ #2 7ft ARGF702
ハーディ・グレース #2 7ft GS2 7ft #2
トーマス&トーマス #2 7ft6inch LPS762
ティムコ #3 6ft3inch iota633
スコット #3 6ft6inch SAS653
竹 小川 #3 7ft RIVER WIND
ハーディ #3 7ft 703 フェバリット
ルーミス #3 7ft FR843-3 GLX
ルーミス #3 7ft6inch Trilogy FR-903-3
セージ #3 7ft6inch SLT376/4
ラミグラス #3 7ft8inch FL923
ダイコー #3 8ft EF380 Exeter





テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2012/09/10 13:13】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
スクランブル

昨晩の雨は空気が入れ替わったようで、降雨の後ひんやりと
久しぶりにクーラーを切って就寝できました。


フライライトからスーパーファィンダビングに移ろって
今では色々なメーカーからファィンダビング材が売られています。
大本は同じなのかも知れませんが、5社ほど製品として有る
でしょうか。
色数として各社30色位は有るでしょうか。
その色が、ロットや袋毎に違っちゃっているので困るんです。

20120906003.jpg

同じアンプカのシナモンです。
水に入れると、色が少し沈むので薄い茶色、羽化したて~みたいな
想像力をかき立てる色で多用する色です。
が、右の綿はもチキンスキンみたいな色で、明らかに薄いですね~

20120906007.jpg

ライトケイヒル、お世話になっております~! っていう色です。
どういう訳か、この色にしか反応しない、というライズに年数回
遭遇します。
しかーしぃ、この写真の通り、左側は黄色が強く混じっています。
どちらが正確な、ライトケイヒルカラーなのか判りませんが、
使用量を見ていただいて判るとおり、右の色を選んでしまいます。

まだまだこれらはマシな方です。

20120906011.jpg

オービス社のパラポストですが、パラシュートポストウイングや
普通のウイングに使っています。
水を吸わない素材で、こんなカラー(各色あります)なので、
かなりの状況でエアロドライウィングよりも視認性が良いです。
繊維間に保水しちゃうんですよねぇ~(まーどれでも同じですけど)
これも、同じカラーでこんなに違うんです。
どうみても、はっきり別色でしょう?

でもオービスは商社で自社製品ではないので、致し方ないのかも
しれません。
そんじゃ実際、供給源はどうよ?
こんなんなってますーーーぅ

20120906014.jpg

同じメーカーで同じ商品同一カラー です。
まぁ、こうなると品質管理も何も有ったモノでは有りませんなぁ。
納品されてきた段階で返品でしょう? これだけモノが違ったら。
気はたしかか? お笑いのレベルですね(笑)

実際、一番右の正真正銘フローセントオレンジが店頭に並んだ時は
全て買い占めました。
ここまで逝っちゃっていると、何と云っても視認性抜群ですから~
夕闇での色の沈み方が早いですけど、多くのシチュでよく見えます。
それにオレンジが濃くなると水中からは黒く見えるんです(人の目)


20120906017.jpg

タイングしていて良い感じだ~、実際に魚の喰いが良い、なんて
いうフライのボディカラー、 次に同じモノを購入してタイし始めて
あらーーーぁ、色が違うじゃん!   なんて良くあるんです。

それと、黒のファィンダビング材、ふわーっと毛足の長く細かい
モノがないですね。
染料の影響でしょうかね、全く不満の材質感です。
まぁ、黒をそのまま使うと云う事が少ないので我慢できますけど。

なんにしても今じゃ死語になった、
QC(クオリティコントロール)がなっちゃない、だね。
ゆるあまで適当に作ったモノを高価な値段で売る、XX商法なんだな。










































































































































そろそろ我が家のタイング環境もドライ・ウェットから
チューブやウォディントンにシフトです。
寒河江も奥入瀬も荒川のようにドカンと沈めなくて良いので
軽いフライを用意しようと思っています。

週末、スクランブルでお泊まり渓流へ行く事になりました........

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2012/09/07 17:03】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
シャーマン

東京でも短時間雷豪雨がありました。
雨の後、少しは涼しくなってくれると良いのですが、ただ
蒸し暑さが増しただけ~ 
同じ地域でも、超高層階にお住まいの方はもう秋を感じて
いるのでしょうか。

20120904010.jpg

タングステンのハサミを何気で探していたら、e-bayにリンク?
e-bayでは探し尽くしていたと思っていたので、ちょっぴりイラつき
ながらたどってみた。

ほほー、なんかドクタースリックっぽい作りで、流出品?
そのもののだったら買いだが................と写真とスペックを
じろじろ見る。  パキスタン製ならドクタースリックと同じだぞ。
真似っこまんじゅうのバチモノかな。
ドクタースリックの実売価格が5kなのか理解不能だゎ 等々........

ハングルでさっぱりわから無けれど、質は良さそうだし、お値段
US$12 送料込み........  しろさぶろう、シンクロします!

20120904015.jpg

左がチャリオン? 右がドクタースリック
チャリオンの方が刃の当りがキツイです。
その分、PEライン等を切ってもラインが逃げないのかも知れません。
残念ながらタングステンかどうかは、バイス基台の角にでもブチ当てて
欠ければタングステンだね~位の判断しか出来ないので、不明です。

早速フライを10本ほど巻くのに使ってみましたが、まー可もなく
不可もなく、普通に使えます。
タングステンだと切れなくなった時にタッチアップが面倒臭くて。
ステンレスでチョイとなら、アルムホイルを数回切れば刃は整うし
真面目にでも、セラミックス砥石で十分なんですけどね。

e-bayで検索してみて下さい。
4" Sewing Embroidery fly fishing tying tool Line cutter Tungsten Scissors

お値段がお値段なので、金属マテリアルでもガンガン切れます........






月曜日、いつものようにバスに乗って帰宅中のこと。
いつも降りる停留所で降りられなくて。

何があったのか判らないけれど、そのバスは満員のお婆ちゃん達。
そのせいで乗降に時間が掛かったのか? 運転が荒くて荒くて荒くて
か弱きお婆ちゃん達は荒波に奔走される小舟のようで、つり革に
しがみつき、手すりを握りしめて「ナンマイダ-ナンマイダ」状態。
そんなお婆ちゃん達を砕氷船が進むが如く、蹴散らしながら出口へ
辿り着くのも、何となく気が引けてね。
体、震えちゃって頑張っているんですもの........
ラッキーにも次の停留所で、数名のお婆ちゃん達が降りる流れに
乗れたので一緒に降車です。

かなり遠回りになったんだけど、てくてくと暑いなぁ~と歩いて
いたら、氏子神社の前を通ルートだった。
ふと、閃いて、 そーーだ、抽選に当たりますようにお願いしよう
なんて云う訳で二礼二拍手一礼の参拝。

20120904001.jpg

そのまま帰宅して玄関を開けたら、じゃじゃーーん!
ヒットしておりました。
実際、どれだけ応募が有ったのか判りませんけど。
当たるつもりで宿も確保していたです(笑)
これで2日間確定。

20120904007.jpg

こちらも早々と確定していましたので2日間。
今年も片道700km、ちょいと「八戸せんべい汁」と「十和田バラ焼」
を食べに行ってきます。

今年の鮭釣りは4日間頑張ってきます。
調査参加費用も振り込みましたので、あとは風邪をひかない
ように体調管理です。
例年頑張って通っていた新潟荒川はお休みです。
フライだとなかなか釣れないしね、それにもう満席なんだょ~(笑)



































































洗礼名パウロ 関口教会 信徒ですが、古今東西わけへだて無く
たくさんの神様にたくさんのお願いをしています。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2012/09/05 15:00】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ