FC2ブログ
ライン

前回トレンドなんていうお題で適当な事を書いていましたが、もう少し
その続きです。

20120316003.jpg

カベラスから春カタログが送られてきました。
米国の失業保険申請数が減少して、経済が回復傾向みたいなニュースも
流れましたけれど、まだまだ消費は低空飛行なんでしょう、日本の顧客に
セールスセールスです、なのかなぁ?

20120316008.jpg
それにしても、この送料........ 

そんで我が国に目を向けてみると、震災の影響で関東の川が解禁
できずにいます。
北関東は軒並みやられています。
とりあえず3ヶ月とか、毎週検体で線量を検査して3週間続けて
規制値を下回ったら解禁、などなど。

養魚場もやられているでしょうけれど、今は測定していないのでしょうね。
でも、検出されれば魚の川への補充(追加放流)もできなくて、在庫を
抱えて倒産........今後の渓魚の供給が絶たれる、というのが想定
される最悪のシナリオでしょうか。

こんな事が起こるのではないかと、釣りにブログのくせに、震災関連の
リツィートを流していたんです。
2年経てば半分になる核種が半分位有るそうですから、除染なんて
しなくても (もともと川周辺はしません~) 線量は下がるでしょう。
あとは今現在、新鮮な放射能が毎日原発から放出されているので、
その供給量と減っていく放射線の割合の問題ですね。

基準値を下回って解禁した川に釣り人が集中しますね。
そんな川もどんどん釣りきられてしまうでしょうから、行っても魚が
居ない状態になるんでしょうね。

現在禁漁の川で、雑魚扱いハヤ狙いで、たまたま釣れちゃった
山女魚、キャッチ&リリースだから........なんていう、抜け道も
駄目なんだろうな~ (当然っ!)

20120316011.jpg
カベラスもこんな販売チャネルを作ったんですね

こんなだと、日本の業界も釣具が売れなくて冷え込みますね、きっと。
今年新製品を、なんていう人はもう買っちゃったかも知れませんが、
セカンドロットの動きは何時になるか、怪しいモノもでてくるのではないでしょうか。
あちらこちらの釣具屋さんが中心になって、キャッチ&リリースでの解禁を
声高らかに署名運動したりしているのも、商売あがったり~ だからですね。
まぁ、フライマンと同じベクトルの利害ですから、私も署名しています。

20120302013.jpg

東京菊川の会社の社長が会社で扱っている商品の並行物に激しく
神経を尖らせているようです。
輸入代理店商売って、ぶっちゃけ 上前をはねる 商いですから当然と
言えば当然です。

20120316014.jpg

それに私たちはついこの間、ウィンストンの竿の暴落を経験して、
インターネットの普及で現地価格を知る事が出来る様になりました。

それがイヤなら、たとえば オービス本社への日本からのオーダーを
シャットアウトにしてもらえば良いだけの事です。
事実、ビューラー(釣り竿)は、日本から直接オーダー出来ません。
ちょっと利幅が多すぎるんじゃないの? 飽くなき利潤の追求でもさぁ。

20120316016.jpg

そうそう、ヘッドラインはラインにしたんでした。

先日とあるところで、LOOPのライン標準はうちの近藤ですから.....
ダブルハンド・フリークの皆さんがラインを切った貼ったしているのは
竿に合わせてラインを調節しているのではなくて、自分の足らない
技量に合わせてラインを調節しているだけです。
従って、そんな切った貼ったのラインは竿のポテンシャルを十分に引き
出せるラインではないんです。
ほかのメーカーの竿だって、同じですよ、てな発言を聞き及んでおります。

誰かがこのアクションでOKと決断しているわけですから、その人の
好みで出来上がっているわけです。
それがどれだけ受け入れられるかの問題で、決して答えは一つでは
無いはずです。
体格も力も技量も体内時計も考え方も、みんな違うんですもの。
自分たちの尺度でどうお考えになろうと構いませんが、押しつけは
いけません、もう少し謙虚がよろしいかと........(笑)

同じ会社の全く同じラインを複数買うと言う事が、我が家ではあります。
同じラインを巻いたリールが2個存在するわけです。
嫁と僕、決まってこのライン、という事もなく使う、同じラインをランダムに
使っていると、あれ、これもう一つのラインと投げた感じが違うね~
っているのが有るんです。

20120316002.jpg

不思議に思って重さを量ったり、同じように引っ張り出してテーパーの
位置を比べたりしてみると........うぇーっ!! なんです。
とても工業製品とは思えないバラツキです。
重さもどんだけ違うのよ、テーパーの位置も10cm違うなんて当たり前ぇー
それはそれはいい加減なモノです。

しっかりとした製品しか周りにない日本人には理解しがたいですね。
QCしっかりとやれよぉ~    QCが死語か(笑)






























































今週末の飛び石連休は、 明日土曜日会議うぇっ! なので
日曜日に出発して泊、月曜日は親戚が危篤になって休、火曜日は
家でのんびりという、そんなスケジュールです。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2012/03/16 14:50】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
トレンド

年度末のせいでしょうか、なんだかバタバタと仕事が忙しいです。
もう、魚釣り以外の事は考えたくないんです、とあちらこちらで
宣言しているんですけど、なんだ竿だと仕事を持ってこられても
困るんです~


20120225021.jpg
マークスマン簡易風速計

今日ものんびり1日過ごそうと思っていたら、会議その後日帰りで
茨城筑波までプチ出張でした。
もちろん、釣具屋が近在でないか探したんですけど、有りませんでした。

昨日上野で待ち合わせが有って、少し早く着いちゃったので、上野サン
スイで時間を潰しておりました。
昨年後半から、うすうす感じていたのですが、ここの所入荷してくる
マテリアルがフローセント・カラードが多いのです。
フェザーにしてもシンセティックにしても、凄い染め色なんです。

ほんとは、コレです、つて店内のブツを撮影したかったんですけど
撮影御遠慮下さい! なので、写真が有りません........


1117.jpg

あちらこちらのショップカタログやECフライショップを見ても、同じように
カラフルで綺麗に蛍光色に染まっています。
なんか染色のライセンスが切れたとか、染料が安くなったとか、上手く
染まる添加剤が開発されたとか、なんでしょうか。


20110923010.jpg

昨晩、加湿器のボディの水溜にカゲロウのニンフが居てビックリしました。
嫁が水タンクに水を補給しようとしてタンクを外したら、ボディ側の水溜に。
なんじゃそりゃ? と覗き込んだら、マダラカゲロウっぽいんだけど、
部屋の中で見るのはちょっと気持ち悪い感じがして、突っついていた
嫁が生きてる~ぅ、なんて言うモンだから、なおさらでした。

そりゃ生きてるなら、そこいらにいた陸生のカゲロウでしょう? なんて
感じで、嫁にあっちへやって、もらいました。
川で見る分には何ともないのに、我が部屋で出現したとなると微妙な
心持ちになるモンだなぁ~  と、新発見でした。
なんで、紛れ込んじゃったのかなぁ? (笑)




































































僕の思い込みかも知れないけれど、今年のマテリアルのトレンドは蛍光

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2012/03/14 17:56】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
戦略的

週末土曜日、無事に法事も終わりました。
朝からボタン雪がちらついて、寒い1日でした。
千葉県に1日いましたが、さすがにサンスイは有りません(笑)

20120306018.jpg

日曜に何処かへ、だったんです。
6時頃に目が覚めたのですが、法事の親戚付き合いにくたびれたので
土曜日のうちに川をリサーチしていなくって、布団から出るのも嫌な位
寒かったので、起きなかった事にしてもう一度寝ました。

20120311003.jpg

それでも9時頃には、寝ているモノ体が痛くなってきて、起きたんです。
まぁゆっくりと、ぐずぐずしてました。
郵便屋さんが国際小包を届けに来ました。
ベンチレスト用のガンスタンドなんですけど、パッケージがこんな写真
なので、税関できっちり開梱されました。

20120311002.jpg

日本郵便の通関士が中身をみて、禁制品じゃなくて&課税価格以下で
と云う事で、そのまま配達されてきたようです。

インボイスの書き様で、課税対象(邦貨で20000円位)か否かを
決めているらしく、支払が$1000を越えていても、インボイス記載が
サンプル$10 なんていう記載だと免税で届いちゃいますね。
輸送中の保険があるので、変なインボイスでも困るんですけど(笑)

20120308001.jpg

自分の部屋にいたのでDVDをi-padで見られる様にリッピング
したりしていたんですが、

20120308013.jpg

こいつは上手くいったんですけど、

20120308004.jpg

こっちが、チャプター毎に別れちゃって1ファィルにならないんですよね。
それにしても、年々プロテクトが厳しくなってきて、外すのも迷いました。
中国の皆さんがいるので、たいがいどうにかはなるんですけれどねぇ(汗)
IT(いつも釣り)部門なので、力のあるマシンでデータ変換寝技中です。

20120308001.jpg

で、こいつらですが、一言で言うと2000年頃に欧州で広まった、チェコ
ニンフ改です。
8~8ft6inch #3 川の立ち位置から横(クロス)方向で竿を出すのが
そのチェコニンフですが、さすがに東欧以外では魚の密度が低くて、そんな
呑気な魚が居ないので、横にフライ入れたって、釣れないじゃん!
普通魚逃げるよ、そんなに近くで釣りしてちゃ........

そんで、たしか西欧が長いティペットにして、アップ&アップクロスに。
それがアメリカに伝わって、どうせならもっと長い竿にすれば、広い範囲を
探れて効率良いじゃん。
ちゅーのが、アジアを通過して欧州に戻って、そんな良いモノならウチでも
竿を作るべぇ~ とハーディまでがそんな竿を出している。

ぶっちゃけ、昔のアウトリガー 脈釣り です。
ひごろ渓流エサ釣り.......と云って眉をひそめるフライマンが多い
我が国で、そのエサ釣りに近いアウトリガーの釣りが流行るわけもなく
ほとんど相手にされなかったはずです。
里見さんのルースニング(和製英語)が日本では主流です。
渓流エサ釣りでは浮き釣りはほとんど行われないので、自尊心を
損なうことなくフライマンはルースニング釣りが出来るのです。


そうは云っても、状況次第では試してみたい? 気もするので?

20120312020.jpg

とか

20120312021.jpg

を発注しました。

数年前に、これから流行るから是非買っておけ........と
勧められて(騙されて)買った、11ft #2/3 が有るのです。
いちどどこかで、やってみたい、気が起きるに、違いない。


































































DVD strategic approach 戦略的アプローチは、
なんと4時間を越える大作です。
レッドクリフ以来だなぁ~ (笑)

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2012/03/12 14:04】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ばーさたいと

一昨日発作で上野サンスイに行きました。
原因はDVDです。
部屋を片付けていたら見つけてしまって、じっくりと見入ってしまいました。
印象的に海馬に記憶されたのは、フレンチティンセルを、バイスの水平軸を
くるくる回してシャンクに巻いていく、映像です。

20120228015.jpg

どーしても、あの映像のスピードでくるくるしたくなっちゃいました。
残念ながら我が家のバイスで、あのような動きの出来るモノはありません。
もう、リビドー 状態です(笑)

お店に行って、立ち並ぶダイナキングの中から、見当で回し易そうなモノを
若いお兄ちゃんに出してもらいます。
Ron Abby's Signature は回転のバランスが悪くて回しにくいんですね。
Indexer & 同アルティメットも 45度毎にコクコクとノッチがいらつきます。
で、合格品は Barracuda DX が一番回し良かったです。
しつこいくらい、くるくるくるくる・ぱーーーーー
だんだんと興奮が静まっていきます。
いい加減回したところで、 ハィ ありがとう~ ガラスケースに収納されました。

20120308023.jpg

先週末に6番スイッチに使ったスカジットヘッド325grが、少々重たかったので
275gr のヘッドを買い求めました。
心の中でかなりの分、オーバーヘッド&D のシリーズで揃えたい、と思った
のですが、シンクレート&ウエイト毎に揃えるとなると、かなりの予算です。
ま、275grで手持ちのTipを合わせれば安く済む、という目論見です。

20120308014.jpg

米e-bayオークションに出品されていた竿です。
通勤途中にふと思い出して、「そー云えば、あの竿どうなったんだろう?」
歩きながらi-padで見てみたら、残り数分で$100位.....うぉ~~っ!
いっぺん、入れてみる? (地獄少女の決めぜりふの感じで) 
その数分後、ぷぉ~ん、こんぐらちゅれーしょん! と落札通知メールが。

20120308019.jpg

泣いて喜ぶ国分寺派好みの竿です。
とても2番とは思えません、と云うか、LOOP規格の2番です。
たしかに、うぁんだーはんど、米国釣具製造組合規格の2番に水面
での抵抗を上乗せしての2番 なんでしょうねぇ~

廃番になって久しい在庫品ですから、落札お値段通りのバリュー
ですが、ちょっと面白く使えるかも知れません。
もともと低番手は仕方なく出しているに等しいメーカーなので、
過度な期待は無いんですけどねぇ~(笑)


20120308001.jpg

European Nymphing DVD がようやく届きました。
いろいろと理解出来たあかつきには、ご報告します。

20120308004.jpg
European Nymphing – A Strategic Approach with Aaron Jasper

フライ釣りのHow to モノ って、 「お魚を騙して釣る為には」 で、あんなフライで
こんな釣り方で、みたいな、魚と知恵比べをして........ですね。

でも、よく考えてみると、人間は文化も知恵も技術も年々歳々代々 伝えて行く事が
できて、どんどん賢くなっていくけれど。
魚にはそれが有りません。
単純に、上から見た模様が石みたいに見えたから、たまたま生き残って、それが
遺伝子として脈々と受け継がれて位がいいところです(暴論)
もちろん、人間の様に子供を育てながら、知恵や経験を伝える事もないでしょう。
(メダカには学校があるけど、甘子や山女魚・岩魚の学校は聞いた事がない)

20120308013.jpg
European Nymphing – Techniques and Fly Tying with Aaron Jasper

てな事を考えると、一方的に人間の方だけが賢くなっていく訳ですね。
コンパラダンとヘヤーズイヤー、カディスもありゃ、楽に釣りが成立しそうな
ものなのに........

と云う事は、釣り人が知恵比べをしなければならない相手は、魚では無くて
同じフライマン? と知恵比べ(騙し上手さを競う)、と云う事ですね。
敵は本能寺、じゃなくって、同じフライマンが相手だった、と云う事でしょうか。
ほほーっ、にこやかに河原で挨拶なんかしている場合ではありませんね(笑)

DVDの直販サイト
http://mf1.jp/eoxYCb


オーダー後2週間して、届かなかったらクレームのメールを入れて下さい。
たまたまでしょうけれど、僕のオーダは忘れられていました。


DVDって、デジタル・ビデオ・ディスク って思ってませんでしたか?
TV映画などの映像屋さんは、そう言っていました、かつて。
IT(いつも釣りでは無い)屋さんは、デジタル・バーサタイト・ディスクでした。

で、規格名としては、デジタル・バーサタイト・ディスク になったようです。
って、 一般的にDVDって呼ぶですものね、どちらでも良いわけです。
























































この週末、お天気も悪いようですけれど、明日は法事です。
日曜、嫁は美容院だそうで、ロンリーしろさぶろうは、何処へ釣りに
行きましょうかねぇ........関東で解禁の川を探さなきゃ。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2012/03/09 15:30】 | お道具 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
カベラス

昨日・今日と暖かい東京です。
こんな陽気だと、とても仕事なんてしていられない........と
IT(いつも釣り)部門としては、心穏やかではいられません。

20120306001.jpg

週末の釣行でスイッチに使ったリールですが、バッキングの巻きが
少なくて、気温のせいも有って、かなりコイルが強かったんです。
もう少しバッキングを巻いても良かろうと、巻き足します。

20120306007.jpg

水糸でもタコ糸でもダクロンでも、何でも良いのですが、ランニングを
巻きほどいた時に、ちょっと閃いて、細くてハンドリングの悪いモノフィラの
余りが有った事を思い出しました。

20120306011.jpg

ホルダーにセットして、カラカラカラ 減った分の目安とリール側の増分で
まぁ~こんなもん、たぶん70m位巻いた感じです。
細くてハンドリングが悪い位ですから、ラインが細くて巻いている割にカサが
増えません(当然)

ほぼ同じ様なランニングが、シマノから なんとかミュー とかやらの
商品名で発売されていましたが、廃番になりました。
この籠釣りラインは、たしか14号位まで有りましたので、10号もあれば
細くてアワセがすっぽ抜ける、と云う事もなくて、と、この巻き量でこの
お値段、確か2500円位ですから、使い倒せます。

20120306016.jpg
 
微妙に膨らんだでしょ?
ちょっとの事でカールの具合って変わるので、 それに、これからだんだん
暖かくなるので、改善すると思われます。

写真の 糸巻き器 ですが 相当古くて 半世紀モノです。
ダイキャスト製Cクランプでシャフトを水平・垂直差し替えが出来る、という
当時としては画期的なツールだったんですけれどねぇ。

20120306026.jpg
魚籠と竿とお魚(股間) を持った キャベクマ

もう今では、送料が高くてお世話になる事も無くなっちゃった、カベラス。
社会人になって、クレジットカードを持って、釣具を速攻で(笑)オーダー
したんです。
30年くらい前でしょうか。
もちろんインターネットなんて無いので、池袋にあった日本貿易振興会
ジェトロに行って、個人輸入の仕組みと釣具の販売店を教えてもらって、
先ずはカタログ請求です。
エアメールにカタログ代と送料の決済の為にクレジットカードのコピーを
添えて送ります。

カタログは書籍なので、同じくエアメールで3週間もすると届きました。
そして、同じように発注です。
まーーーー、届くのに船便で3ヶ月........
衣料じゃないので、シーズン中に届けば良いっちゃ良いんですけどね。

20120306028.jpg
ハンティング・バージョンのキャベクマ

当時は、日本からのオーダーが珍しかったんだと思います。
いろいろ小物をプレゼントしてくれました。
ドル円が相当な額でしたから、でも、日本で代理店経由で購入するのに
比べて半額程度でしたから、貧はフィッシャーには他に方法が有りま
せんでした。

税関から、フロータント類、これはナニをするモノ? とか 銃刀法に
触れる様な非常信号発射ピストル とか よく問い合わせが来ました(笑)


























































送料が高すぎて、もう注文できなくなっちゃったなぁ~

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2012/03/07 10:56】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ