ハックル考

ハックル考察

今年は、何となく暗めのハックルを
好んで使っている。
と、言うか、昨冬に巻いたフライが暗めの
ハックルが多かったのが理由かもしれない。
きっかけは、たまたまダーク系のハックルを
まとめて入手しただけなのかもしれないけど。


以前はグリズリーさえあれば、の感じで
何でもかんでも、巻くのはグリズリー。
その後10年は、ジンジャーになって、
最近は暗めのコーチマン・ブラウンとか
ダーク・ダンが多い。

05291.jpg


年齢とともに色彩感覚が、枯れてきて、
落ち着いた色が好みに成っちゃったのかもしれない。
好んで特定の色ばかり使うから、釣果も悪くないし
良くもない。
別に、ハックルの色は適当で良いのかもしれないなぁ。
と言うか、
川の雰囲気で(川底の石の色とか、多くいる川虫の
羽の色とか)変わっているのかもしれない。
嫁と川に行くようになってから、冒険的な遡行は
しなくなったし、開けた里川も行く。
目が悪くなってきているので、バイビジブルなんて
最高だなぁ。
よく見えるし、劇的に釣れることもないし、だから
と言ってまったく無反応でもないし、ハックルを
たくさん使って釣具屋貢献度高いしなぁ。

05292.jpg


巻き方の個性もあるようで、
たぶん、行く川の流れの激しさで、ハックルを
厚く巻いたり、薄く巻いたりの違いも有るかも。
パラシュートしか持ってない人も居たりなんかして。
他の人のフライボックスを見る機会は、たまにしか
ないけど、なかなか興味深い。

05293.jpg


マテリアルは何となくピンと来たときに
買ってしまうので、今では小さな釣具店以上に
ストックがある。
モズ以上に忘却が早くなっているので、
この季節に防虫剤を入れ替えながら、新たな
発見を楽しみにしている。
まぁ、見つけても直ぐに忘れるので.....

タイングが上手くなったら使おうと思っていた
AAAグレードも上手くならないので、そろそろ
使わないとなぁ。
なんて、そんなグレード買ったことがなかった!

あはは
まぁ、しっかりと防虫ですな。






スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2008/05/29 16:13】 | お道具 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
柳の下のあまご

先週に引き続き、今週も良い想いが
出来ないかなぁ~と、出漁。
せっかく早起きしたのに、ETC深夜割引に
5分届かなくて、なんと定価。
ゲンが悪いなぁと思いつつ、ゆるりと
釣り場へ。
天気も下り坂なので、予定としては
土曜朝9時から降雨、日曜正午に雨上がり。
と決めつけて、土曜朝と日曜夕方の2回戦。

朝、以前から居るのは判っていたんだけど、
賢いヤツで、見に来る、1度は出るけど
口を閉じてバイトしない。
こいつを何とかしようと、ストーキング
しつつ接近、ヒゲナガの記憶が有るに
違いないと、少し大きめのカディス。
手前から流しての3投目、ベストラインに
乗って、気持ちよくキャッチ。

20080524007.jpg


26cm、雄らしい顔つきのアマゴ君。
数年に一度の会心。
その後、遡上しつつ竿抜けや大場所脇を
流して、何本か追加。
それでも、見に来て帰ってそれっきりの
大物がいくつか居たので、また次回に勝負!

20080524049.jpg


20080524027.jpg


降雨どころか、日も差す時があって、
こりゃ魚も沈んだかな?
と緩流にニンフを流して、待望の岩ちゃん!

20080524033.jpg



午後に入ってから降雨。
夕方、雨も強くなく濁りも思ったほどでは
ないので釣行。
ぐぐっと下がった水温から、緩流にニンフを
放り込んで、しつこくしつこく。
魚が居ると信じて、何度も流す。
大場所から8寸アマゴやイワナを引きずり出す。

20080524057.jpg


夕方はニンフだったけど、狙い通り釣りが出来た。
先週に引き続き、良い釣りしちゃった。
嫁も小振りながらアマゴと遊べたようだ。
来週はBBQをかねて、DHのキャス練なので
渓流はお休み。
たまには釣果もあるさ、しろさぶろう......にやり


今回は、連日いじめられているに違いない
釣り場と朝一の賢いお魚との勝負、風や雨も
考えたつもりで、つるやオリジナルグラファイト
(たぶん喜楽製)7ft9inch #2 
しっかりとしているので、ルースニングも出来る
重宝な竿。
嫁はちょっと珍しい、ヘリテイジの7ft6inch #3
IM-6など、使ってみました。


テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2008/05/26 12:27】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5月 いい季節です

ちょっと、期するところがあって、今回は
日付が変わってすぐに家を出て、目指す川へ。
日の出前後は、まだ寒いので
(途中の寒暖計は6度! まだ寒いよ)
しっかり日が出てからの入渓に時間調節。

出だしは、やはり連休で叩かれているだけ
有って、魚の気配すらない。
一流し後、がっかりして嫁と合流したら
魚が出るけど食わない、やる気満々のが
居る、というので、いさ、しろさぶろう出番。

説明を聞いているうちに、ライズ!
ライズフォームを見て、ぴんときました!
CDCダン半沈#16ダークブラウン。
ほぼ言われたとおりの場所へキャスト~
やる気のあるアマゴ君はすぐに反応で、
フィッシュ・オン!
22cm位の細長い魚でした。
ここのすぐ上流で、もう1匹CDCでキャッチ。
ここの川らしい、菱形体型の美魚。

20080517013.jpg


この日おろしたバンブーもなかなかです。
7ft#3だけど、ラインを通す前はそこそこ
ファーストな気がしていたけど、そこは竹
やはり、実戦でラインを通すとちょいぺな。
アマゴ特有の水中テールウォーク的な
暴れもソフトに吸収してくれる。

20080517019.jpg


この川では、こんなに魚が居るの?
というほど、大場所で魚が出てくる。

20080517135.jpg

おちびちゃんも...、複雑だぁ。

20080517101.jpg


20080517146.jpg


この地方、特有?の朱点。
地域や川で朱点の色が違うのは、
水質とかなのかな。

20080517043.jpg


この竿は、カベラス製のクリアクリーク
7ft#1 数少ないちゃんと1番ラインがが投げられる。
たたき上がりで、2番目3番目の入渓の時に重宝。
ラインはオービスDT1F、これを9mピンポイント。
この魚は7寸5分、ちゃんと釣れちゃう最終兵器?
値段も安いので、結構お気に入り。

なんだかんだと、泣き9寸頭に2桁安打。
写真を170枚も撮る大爆釣。
(もちろん景色も含めてね。)
ヒゲナガのハッチも観察できたし、陸を目指す
動きもよーく見られた。

フライは5月が楽しいなぁ。
もう、来週は駄目かもだけど、年に1度のお祭り、
騒ぎのしろさぶろう。



テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2008/05/19 19:11】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夕まずめ


11日、夕方だけ、川の様子を見がてら、
栃木県へ。
雨が降り続いたので、かなりの増水と
濁りを想像していたけど、大したこと無い。
ちょっと、気持ちを頑張ればいけそうな
雰囲気である。
が、
中流に有った管理釣り場で綺麗なイワナが
居たので、嫁は釣りたくてしょうがない。
何しろ、初めて渓流で釣り上げた魚が、
たまたまイワナだったせいか、もう
岩ちゃん(がんちゃん)には目がないのである。

IMG_0006.jpg


連休でオーバーストック気味な釣り場で
フライが合えば、1分2匹ペース。
ちょっと興ざめだけど、いろいろと試せて
面白いよ、やっぱり管釣りも良いなぁ。


今週末はちょっと久しぶりに、長野県へ。
高価でも華美でもない、長野在住ビルダーの
バンブーロッドを仕入れたので、里帰り?
釣行の予定だ。
細身で7ftの割には、(しっかりと重いけど)
アメリカ的なしっかりとしたアクションなので、
嫁にどおかなぁ?、と思っている。

IMG_0005.jpg


バンブーを振ると、スタート・ストップを
きっちりメリハリしないと駄目なので、
グラファイトでも、バットをきっちり使った
キャストが出来る様になる、んじゃないかなぁ。

靴紐も付け替えたので、準備は万端だ。


テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2008/05/15 10:40】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
GW東北 3

なんとなく物足りない夕暮れを迎えて
まぁ、田植えの間隙を突いて、何とか
山女魚君に会えたので、心の中では
結構満足しちゃいました。

ビジネスシングル個室でゆっくりと
体を休めて、いざ、2日目。

県内近在の河川を見て回る。
時期が時期だけに、どちらでも代掻きと
田植えで、河川は濁り気味。
4河川見て回ったけど、どうもいけない。

20080504101.jpg


林道を分け入ってと、走り始めたら
まぁ、みなさん考えることは同じで、
釣り人の車だらけ。
行き違いのスペースまで駐車しちゃって
困ったモンだなぁ、と思いつつ。
川も林道も満員寿司詰め。
さっさと、諦めてほかの河川をうろうろ。

20080504056.jpg


このままうろうろしても、もったいないので
チャラ瀬でも水が綺麗なら、と入渓。
それでも、ちょっとした深みを狙い澄まして
キャスト。
フライが合っていなくて、乗らない。
ライトケイヒルに変えて、岸際から読み通り。
サイズも8寸弱の綺麗な山女魚。
こちらの思惑通りに事が運ぶと、楽しい。

20080504109.jpg


20080504060.jpg


こ~んな、民家の裏側、チャラ瀬の窪みから
綺麗な魚が出てくる。


河川探しで走り回って、くたびれたので
小雨休止の後、待望の夕まずめ。
いそいそと準備を始めたら、神のお告げが!

20080504072.jpg


しばし、唖然。
グラベルガードをフックする周辺の紐が
解れてきているなぁ、とは思っていましたが
まさかの、ぶっつり!
いい加減釣りしているけど、こんなの初めて。
嫁が濁りもあるし、そこそこ釣ったから、
縁起もあるし、もう止めましょう、と
いつになく大人びたご意見で終了と相成りました。

ウェーディングシューズも
ヘビィ・ライト・スタッドと場所によって
だけど、この軽いオービスが一番出番が多くて、
肝心なときにねぇ。




テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2008/05/13 08:55】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ