天気予報

29日釣り納めました。
あいにくの天気で、朝からずーっと雨、昼頃に
日差しが有ったものの、午後も雨。
天気予報では午後から晴れる予定だったけど。
どうしようか迷ったけど、川で濁りが入ると
釣りが厳しくなるので、今回もポンドだ。
しーかーしぃ、こんな天気だし、年末だから
釣り場は空いている。

それにとてもぬるい。
いつも見る高速の温度計は、+9度だった。
雪どころの騒ぎではない。
案の定、近くの川も濁りが入った。
天気が安定しないので、魚の活性も悪かった。

取り合えずタイプ3でご機嫌を伺うが、泳層が
ころころ変わる、沈むとタイプ3では届かない。
水面近くに上がる事もある。
そのくせ、口は使わない。
厳しい釣りで、とても楽しい、知恵比べだ。

一応、持って行った000番は、ちょっとだけ
使ってみた。
雨でフライに反応は無かったけど、楽しい竿だ。
条件の良いときに、しっかり使ってみたいなぁ。

手を替え、品を替え、悪いコンディションの中で
釣りを楽しめたので、満足しちゃいました。
やっぱり管釣りで、こういうタフな状況で、魚を
釣るのはとても良い練習になってくれる。
魚は飽和だし、試した事の答えが直ぐに出るから、
多くの事を試せる。
久しぶりに、頭使っちゃた.....
楽しかった。

お魚君たち、1年間ありがとう。
でした。






スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2007/12/31 11:54】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鮹フライ


鮹フライを拾った。
とてもよく釣れるらしい。
どんな構造なのか、分解してみた。

腑分けの図
tako.jpg

なるほど、よく考えられている。
釣りをしている人が、魚を釣りたくて、釣りたくて
釣りたくて、考え出したんだろうと思える。
しろさぶろうはこのフライは、エッグフライの
進化形に思えたけど、どうだろうか。

産卵時期のエッグフライは爆発的に効果がある。
川には稚魚を受け入れる物理的容量が決まっている。>>
種族を守る以上に、自分の卵を守る>>
たとえ同種であっても、他の魚の卵を排除する>>
手や足が無いので、口で潰す>>
という本能で魚卵に食いつくらしい。

使ってみると判るけど、オーソドックスなエッグフライは、
フッキングが非常に悪い。
食いは良いけど、乗りが悪いのである。

水中でのフライのスタイルも悪い。
制作時には、カットによって綺麗にフレアしているのだけど、
水中に入ると、萎んだ水中花のように萎縮する。
綺麗な球形になっていないのである。
魚にはそれで十分かも知れないけど、人の目には
ちょっと、容認しがたい。
最大の欠点は、ファィバーが空気を孕んで、沈まない事だ。

鮹フライはこの問題点を総て、クリアしている。
びっくりするほど、優れものだ。

たぶん、2xロング・1xワイドのフック#12
タイングは、
Bのガン玉をシャンクにカマして、テール側から
エッグヤーンを留めて、ガン玉を超えてアイで留めて、
折り返してガン玉を超えて、テール側で留めて、その後
スカート状にカットしてある。
それだけである。

玉を大きくしたければ、ガン玉を大きくするか、
ヤーンの折り返しの回数を増やせばよい。
ガン玉の大きさでシンクレートも調節できる。
ガラスピーズならかなりゆっくり沈むだろうけど、
破損とコストがネックだ。

タイング自体、手慣れてくれば、フックセットから
巻き上がりまで、3分程度だろう。
巻き貯めも出来る。

エッグフライが禁止されている釣り場では、このスカートの
存在がエッグではないという事になるんだろう。
スカート自体が微妙な長さだ。
長めにしておけば、現地でアジャストできる。
最近は鮹フライも禁止の釣り場が多いと聞くが、
確かに釣れそうな臭いがプンプンする。
是非はともかく、良くできていると感心した。

今日で仕事納めだ。
明日、荒天みたいだけど、完全武装で、
無論釣り納めに行く。
雨よりも雪の方が、水面で氷解する際の微細振動が魚の
活性を上げると信じているので、出来れば雪が良いなぁ。
さぁ、釣ろう。



テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2007/12/28 10:45】 | お道具 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
落葉


寒い朝です。
銀座の銀杏も、先週末からの冷え込みと
風でほとんどが落葉しました。
温暖化とかですけど、やはり冬は寒いです。
そろそろチェーンも車に積み込まなくては。

今日はこれから高崎まで行きます。
特上ダルマ弁当をみやげで買ってこい、との
大黒様からのご下命です。
おいしいですけど、器も立派なので、ちと重い。
アライにも寄りたいのだが...

あさっては、とりあえず管釣りに行こう。
混むかも知れないけど。
そんで、正月休み中に一度はダブハンを振ろう、と
思っている。
利根川か本栖、どこでも良いんだけど。
連休前以来、ダブハン振っていないからなぁ。
練習かたがた。


テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2007/12/27 08:34】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
SAGE 000710-3TXL

昨日、000番を入手した。
一年以上前から00番は狙っていたんだけど、
1本持っている、TXL#1が、どうも使いこなせ
ないので、二の足を踏んでいた。
だけど、この日のために00番のラインは
未練で米国通販の送料調整で手に入れていた。
その後、000番が発売されてしまって、ターゲットは
000番に移っていたのだが、決心がつかなかった竿だ。




で、ラインを通さずに振ると結構硬い感じがする。
1番も同じなんだけど、ラインが乗るといきなり
ぺろんぺろんとし始める感じだ。
このギャップが大きい。
年明けにでも、1日使ってみてからじっくりと
コメントしてみたい。
はたして、しゃっきりと使いこなせるだろうか。

TXLはSAGEの竿としては、判りにくいし
使いにくいと、しろさぶろうは感じてしまう。
この歴史のないメーカーは、色づけが明快で
判りやすい商品を展開して、急成長したんだと
思うのだが...
たぶん、販売店も売りやすいメーカーだと思う。
と話がぶっ飛んだが。
どこまで、ドラッグフリーになるのか、それより
どこまでちゃんと投げられて、合わせが効くのか
キワ物好きとしては、いろいろと楽しみだ。

お店で000番のラインを見せてもらったけど
リーダーのバットの方が太い感じだ。
00番ですら、いい加減細い。
写真のリール、ミッチェルの68mmにDT00Fを
巻いたけど、ほとんどテーパーが判らないほど
レベルラインに近い感じがした。

昼休みに神田小川町のギルへ行った。
20%offのセール中だ。
嫁の分と合わせて、ティペットを10巻ほど。
10xも、ちゃっかり仕入れてきた。

今週末はどこの管釣りに行こうかなぁ。
やばいことに、明日は高崎に日帰出張の予定である。
秋元さんのお店に寄れる時間が有ると良いなぁ。


テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2007/12/26 18:00】 | お道具 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
湖沼管釣り

普通なら3連休なのに、土曜日は出勤。
なんとか適当な時間でごまかして、
釣具屋へ寄りたいところを、ぐっと堪えて
悶々としながら帰宅。

で、雨の中、日曜日に出撃した。
北関東へ行けば天候回復が早いと見たからだ。
案の定、7時には小雨、11時には上がった。
その後は晴れ一時曇の好天だった。

魚の泳層がコロコロと変わる。
食いが浅い、付いてくるだけ....の
予想以上にタフって居る。
カウントダウンの取り方を変えて、層の
やる気のあるヤツだけを釣る。

リトリーブ用シンキングラインの竿1本と、
フローティングラインの竿を1本用意して、
ドライ&落とし込みウキ釣り用にした。
ドライは13時頃コカゲロウが短時間ハッチ
したので、うひょー、あれ!、いただき!と
楽しめた。
#22ソラックス・ケイヒルカラーだ。
とかなんとかかっこいい事を言っているが、
30分位で5匹だった。

落とし込みではほとんど食い気と落下
スピードが合わなくて、撃沈。
ウキもじーっと我慢していると、つんつんと
当たりが来るも、銜えきっていないで、
しゃぶっている感じだ、撃沈。
全体的に低調ななか、シンキングが一番
まともな釣りが出来た。
明るめの芦ノ湖カラーなんか、良かった。

出足の天気がイマイチで釣り場が空いて
いたので久々にフルラインキャストできた。
風も弱かったし......
リールの所にバッキングが出ているのは、
ちょっと達成感が有って楽しかった。

申し訳なかったけど、まわりのルアーや浮き
釣りの方は釣れていなかったなぁ。
なので翌日、釣り場のHPを見たら、爆釣
釣れっぱなし!、とか書いてあった。
年末の3連休でかき入れ時だろうけど、
天気も悪くて入場者も少なかっただろうけど、
餅代稼ぎとはいっても、嘘・大げさ・紛らわしい
のはJAROに通報だよ。

鮹フライ・オプトパスボムとかいうフライだと思う
けど、拾った。
結構釣れるという話を聞いていた。
釣り場によっては、使用禁止らしい。
この鮹を家で分解してみた。
その様子は又次回でも。


嫁はもうちょっと釣りたかったようだ。
しろさぶろうはおとなだから、とても満足。
あと1回釣りに行きたいなぁ。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2007/12/25 15:52】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ