ORVIS

オービスがまた新しい竿を発売しましたね。
何だか、オービスもかの国で総合通販会社に
なっちゃって、しっかりと主張をもって商品を
販売していない、と言うか、メーカーではなくて、
販社商社の道を選んだと言う事なんでしょう。
お陰で3日に1度の割で、セールスメールニュース。

ラインナップはその半数以上がOEMだし、
売れない商品は、すぐバッタ屋に流しちゃうし、
何だかなぁ。
ZG Helios 何年か前にトーマスがこんな
名前のブランクを発表していたような気がする。
それにしても、ラインナップが多すぎるなぁ。
ORVISは商品群を増やしていって、訳が
判らなくなると、整理して一気に減らす。
そのサイクルが早いので、いつも期待して
裏切られる事が多い。

バテンキルのラージアーバーがひと月近く
特売になっている。
すかさず1台発注してしまいました。
ORVIS製品群内に、同じような製品が有るので、
(マッハでしたっけ、かぶるの。)
高番手は既にカタログアウトしたみたいだけど、
低番手の消滅も時間の問題かも知れないなぁ。

バテンキルLA

シリーズ2/3/4

このラージアーバーシリーズは4台使用中で、1台空き。
使ってみて感じた事は、竿とのバランスが思ったほど
良くないし、最近はラインも進歩していて、昔ほど
巻癖もつかない。
高番手でハイスピードで巻き取れるとは言っても、
ローラーベアリングワンウェィクラッチに頼っている
ドラッグじゃ、大型魚には心細い。
少なくともスチールヘッダーは使わない。

ORVIS がんばれ!

何でもいいけど、フライフックまで値上げするなぁ~



スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2007/10/31 09:28】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
台風 のち ららぽーと豊洲

大げさな天気予報で、本船はテケミ!
(テケミ=天候警戒運行見合わせ)
(ららぽーと豊洲は船がテーマの施設です。)
だったのに何だか、ちょっと拍子抜け。
しろさぶろうの家の回りや、計画していた
管理釣り場周辺では、台風の影響はあまり
無かったみたいです。
思い切って、行けば良かった、です。
と、かなり後悔。
この時期の台風は、10年だかに1度の頻度
だそうで、それが週末とは因果ですなぁ。
*被害のあった地域の方ごめんなさい。

そんで、日曜日、つるやさん主催のフィールド
テストフェアに行ってきました。
台風一過の強烈な晴天のなか、日射にくらくら
しながら、豊洲してきました。
着飾ったお犬様に囲まれながら、大変楽しく
ドックカフェの方々の冷たい視線に応援されて
竹を振ってきました。
昨年より、出展の方の数が少なかったでしょうか。

私がグラファイトに似たような竿しか振れません~
と言うと、以前は、そんな奴は竹を振らなくて良い、
みたいな感じがあったんですけど、今回はでしたら
こんなのは如何でしょうか? 竹の釣り味はスポイル
されてしまいますけど、キャストはしやすいと
思いますよ、なんていうご用意が有ったりして。
底辺を拡大して行こうとお思いなのか、こんな奴でも
取り込まないと、飯が食えないのか、何にしても
大変ありがたい事でございました。

改めて、キャストのスイングがスムースになされて
いないと、ループに乱れが生じてしまい、竹竿の
キャストの難しさを改めて実感したしだい。
お陰様で楽しい時間を過ごす事が出来ました。
出展のビルダー様、つるやさん、ありがとうございました。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2007/10/29 17:03】 | お道具 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
何で台風なの

待ちに待った週末で、久しぶりに管理釣り場へ
行こうと、無論、雨天決行の予定だったのに。
寄りに因って、台風は無かろう.....と、
私は言いたい。
白河FSなら、どうかな。
風呂に入りながら、作戦の練り直しだ。


穏やかに、土曜日に釣りに行って、日曜日は
つるや釣り具店主催のフィールドフェアに
行き、絶対買えない、高価なバンブーを
ぶいんぶいんと振りたかった週末なのでした。




照teruさん、いつもコメントを寄せていただいて
ありがとうございます。
何年かに一度、タイングで壁にぶち当たるんですね。
そうなると、作るフライ作るフライ、総てが気に
入らなくて、不細工に見える。
そんなフライは、フライボックスの中でも、
タンスの肥やしにしかならなくて、使えないフライ
ばかりが増えて、フライボックスをオールリセット。
そんな時の気分転換が、バイス購入のきっかけ、
なのかもしれません。
アングラーズハウス以外、現役で頑張ってくれてます。
まぁ、収集癖が有るんだろうと、自己分析しています。


テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2007/10/26 23:29】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
シーズンオフの楽しみ その3

ここまで書いてしまいましたので、
バイス雑感を書き上げてしまい、取り敢えず
キリにします。


番外編 その1 e-bayを見ていたらレンゼッティ
プレゼンテーション3000 ペディスタイルが格安で
海外発送可能となっている。
思わず、ポチット入札、期待を裏切って見事落札!
後日、届いたバイスを見て、思わず、エクセレント!
台座もとても大きくて、素晴らしい安定感。
やはり、行き着くところバイスはレンゼッティさぁ、
と勝手に決めつける。
が、である入手してから3000本も巻いた頃から、
ジョーの先端上側が外側にめくれてしまった。
ジョーを上下入れ替えて使っているので、今は取り敢えず
何ともないけど、中には焼きの甘いのが有るんだなぁと。
メールでの問い合わせ対応と、交換ジョー直接購入の際の
送料の高さでかなり頭に来た。

three


番外編 その2 カベラスのサイトをなに毛で見ていたら
クリアランスセールとかやらで、HMHのスパルタンが
$149.99.........たしか送料の単位が$150までだったなぁ
などと思い出さなくても良い事を考えながら、ある日
飯田橋のお店に行ったときに、ちょっと見ちゃって。
うーん、遠征の時に一つあると便利かも、いや便利だ、
有った方が良いに違いない、無いと困る、だから買う。
という、明快な大人の理論で我慢できずに、ポチッと。
さすがに、小さくてもHMHである、現場でクルクル
っとソフトハックルなんか巻くのに最高である。
ご家庭で本腰を入れて巻くときには、ちょっとバイスが
負けてる感じがするけど、たいした問題はない。
ファンシー系のドライとか小さめのウエットなんかが、
とても良くお似合いのお気に入りバイスだ。
銜えも必要にして十分である。
やはり、昔、沢田さんの本で見たHMHのスタンダード
(だと思う)を思い出してしまうなぁ。

3000

番外編 その3 レンゼッティのバイスで、超個人的に
カムジョータイプがどうも気に入らない。
マスターバイスも同じカムタイプだ。
レンゼッティはプレ3000の様な締め付けタイプでないと
納得がいかないのだ。
だから、何故気に入らないのかをとことん突き詰めないと
気が済まなくなった正義感溢れる私は、ネットを駆使して
送料と値段の一番安い、ボブ・マリエット・フライショップ
を見つけ出して、おもむろにポチっと。
待つ事一週間、レンゼッティ・トラベラー・カムジョー・
フレッシュ・ウォータ・ペディスタイルとい長々しい
名前のバイスが届いた。
なんとビューティフルな銜え込みでしょう。
カタログの文句通り、スムースで確実なホールドでしょう。
さすがにレンゼッティです。
ベストofベスト、機能として最高でした。
だけど、この安っぽく見えるアルミのシャフト、たぶん
ホントは良い材料なんだろうけど、(6000か7000番台かな)
もうちょっと、光っていても良いんじゃないかなぁ。
全体に小さいので、ミッジ類なんかとても巻きやすい。


トラベル

番外編の外
ティムコの晴海トリトン店が有った頃に、TMCバイスは
最高です、画期的です、是非使ってみて下さいと、
お店の方に言われ続けて、でも何だか値段も高いし、
回りでも使っている人少ないから情報無いし、でも使って
見たいし、綺麗に巻けまっせ、と悪魔のしろさぶろうが
ささやく、毎日毎日。
天使のしろさぶろうは、やめておけ、道具じゃない、
腕の差なんだ、とささやく、たまに。

両しまざき氏(島崎・嶋崎)が声をそろえて、さいこ~です。
そんなんで、あちらこちらにTMCの安売り見つけたら
教えて! なんて声かけていた。
ら、である、尊敬している鮭マスターの方から、川崎の
お店で半額で有ったよぉ、とのお便り。 
是非、欲しいので押さえて下さい、と言う訳で入手。
ところがである、いきなりのトリトン店閉鎖の一報。
在庫処分で日頃、あれもこれも欲し~ぃ!、使ってみて~ぇ 
次のセールで出して~ぇ! などとの賜っていたツケが。
なんと竿・リール・バイスが閉店御礼価格でご指名。
しろさぶろうさんだから、この値段まで頑張りましたぁ! 
今までのご愛顧と感謝のしるしでぇーす!、とか
言われちゃうと、もう引っ込みがつきません。
やばぃ、お陰様でTMCバイスが2台........トホホです。
挙げ句の果てに、しばらくしたら、TMC-2バイス
発売しちゃうし、どうなっているのぉ。
同じバイス2台有っても仕方がないんだけど、困った。
なんか同じようなパターンで竿や車を買った覚えがある。
学習効果のないやっちゃ。

適切な言い方が判らないけど、3Dでヘッドが動く
というのは、無条件に素晴らしいです。
フライを正面から見たり、腹側から見たりと
色々な角度から確認がしやすいんですね。
まぁ、だからといって綺麗なフライが巻ける
訳ではなくて、途中で放り出したくなる事が
増えただけなんですけど。
秋用、小さめのドライ巻いてたんで、現在デスクの
真ん中に置いてある。
まもなく、サーモン担当と交代の予定。

tmc





テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2007/10/25 18:37】 | お道具 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
シーズンオフの楽しみ その2

シーズンオフの楽しみ のお題が
バイス雑感になってしまった。
その第2弾

芦沢さんか鈴木さんのタイングブックに写真が
載っていた(たぶん)、マリエットの2つのバイス。
一つは古典的で、もう一つは先進的なデザイン。
かなり迷ったけど、やはり古典的なものを買った。
それでも、私には十分にカロッツェリアだった。
ジョーの先が思ったほど尖っていないので、
小さいフックは予想以上に巻きにくい。
やっぱし、カラス鳶みたいな方の方が良かったかなと、
いまだに思う事がある。
先日、つるやさんの店頭に有ったです。(非売品かな)
スペントウィングなんか巻くと、映えるバイスと
思うだけど、最近出番がない。

マリエット

この後に、アングラーズハウスのペディスタイルを
手に入れました。
ジョーの先がとても尖っているものが欲しくてです。
佐々野さんでマスタッドの94832の#24フックを
手に入れて、ミッジを巻きたかったんです。
ミッジどころか、普通サイズも巻けないんです。
ずーっと、クランプタイプを使っていました。
ですから、スレッドのテンションの掛け方が下手で、
ペディスタイルだと基台ごと動き回って、せっかく巻いた
マテリアルが外れちゃうから、でした。
かなり、スレッドを切れる寸前まで...とか、教えられて
相当ぐいぐいと引っ張るクセがついていたのでした。

アングラーズ


フライ業界は何年かにいっぺん、どなたかが
今年はウエットだぁ! とお決めになる年があって
ドライとニンフしか知らない(出来ない!)私は
あえて見ないフリをしていたわけですけど、
ついには落ちて、やろうかななんて、望月さんの
ビデオを見てたら、スレッドが切れる寸前まで
引っ張って~ぇ、に刺激されて、かねてから
ウエットの出来映えがよく見えるのは、ダイナキング
と勝手に決めていたので、上州屋本八幡店の閉店セール
でどさくさに紛れて入手。 シュープリームである。
案の定、スタンダードなウエットを巻くと痺れるほど
かっこいい。
ついつい、いつまでたっても垂直に立たない、
ウイングを巻きつつ、すでに1万本は楽に超えた。
サーモンフックも難なく銜えてくれる。
我が家の中でも一番ジョーの強いバイスである。

ダイナ

ところがであります、ここで問題発生。
サーモンフックでキールタイプを巻くとなると
フライのシャンクが同一線上で360度回ってくれた方が
作業がしやすい。
まずい事に、私はこの便利さをレンゼッティで体感して
しまっている。
さらに、小さめのフック、3906B/#12を銜えると
力強さを生み出している波形のジョーが災いして、
メインシャフトと同一直線上にフックのシャンクが
来ない、少し曲がってセットされてしまう。
一直線にするには、フックの金属特性もあって、
変に捻りが出たりしてかなり難しい。
かといって、いちいちミッジジョーに取り替えるのも
グリスで汚れたりと創作意欲は興ざめを極める。

もう、今あるのじゃ駄目なのである。
しかーしぃ、ダイナキングのバラクーダにするのは
ちよぃ負けた気分(何の勝負か判らん)で癪にさわるので、
かねてから、行きつけの店で目を付けておいた、レアな
トンプソンのビジョンを年末セールで何とか、と
口説き落として、入手。
何とも言えない、このピロボールの集合体のような
雰囲気とよく判らないテーパーで、何とか合体ロボの
様でお気に入りだ。
なんと言っても、鋼のシルバーとブラスのゴールドの
ツートンカラーがタイングの世界へといざなう。
トンプソン社は現在活動中止らしいと聞いたけどまた
頑張って欲しいです。
しーかぁしぃ、カムレバーをアップした時に
メインシャフト軸との距離が近いので、フックサイズに
合わせて頻繁にフォーシングの調整をしなくては
ならないという、欠点が露呈してしまった。
設計者が実際にタイングしていないんじゃないかな?



トンプソン

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2007/10/25 18:16】 | お道具 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ