FC2ブログ
しろさぶろうは今日もダメだった

台風一過、激しく蒸し暑く 気温は35℃まで予報。
あちらこちらで、交通機関の運休・遅延が発生中。
速い動きの台風だったのが幸いしている銀座界隈です。



社員も半数が昼頃出社、たどり着けずに欠勤の者も
結構いますねぇ~

先進諸外国では、キッチリ休みのハズなんですけれど
ここは極東島国、死んでも出社が骨身に染みこんでいます。
遅刻はまだしも、欠勤者は人非人・ゲドウ・売国奴のそしりは
免れません。

停電があったのでしょうか? 
社内サーバが1台倒れていて、復旧に時間がかかって
しまいました。



週末、これと云ってやることもなく、Youtubeを見ておりました。
ひょんな事から チョンボMacOS Mojave(モハベ)の
インストールを見てしまい触発されました!(笑)
持っているMacはサポート外の最新OSです。

20190909003_R.jpg

2台同じ様なMacが有るので、常用の1台にSSDを付けて
そいつにインストールして、別のヤツに組み込んで起動。
だったのですが、
起動途中に強制終了を繰り返して......

雰囲気、システムチェックで何か引っかかっている、ぽぃ。
セーフモードでも一緒。
3時間ぐらい作り直したり、リトライした。

最後に閃いた。
バッテリー 死んでいるんじゃ無ぃ?

20190909001_R.jpg

バッテリーを抜いたら起動した(笑)
と、云うことは サポートのOSも動かなかったんだな~

持ち歩き用に、カバンに入れて仕舞ってた。
持ち歩かないから、結果 放置プレー1年近く? だった。

i-phoneソフトを組もうと発狂して 同じ様なMacを
買ってしまったのだが.....オブジェクトCだったけ?
出来上がったプログラムが 余りにもチンケだったので
断念、放置、ネグレクト だったのね。

オチがあって、この後何度か再起動していたら、
起動しなくなった(笑)

飽きたので そのまま終了 ゲームオーバーです。
カバンに入れてお蔵入り。
バッテリーが世の中に存在しているうちに仕入れなきゃ。

多動性障害ですから、次は 蝋付け(笑)



20190909004_R.jpg

半田付けで使う 放熱クリップでピアノ線を挟んだ。

写真はフラックスを たっぷりと盛ったところです。

20190821003_R.jpg

ガスバーナーで炙った。
フラックスが固まって、再び液化したところで ロウを
差し入れてみた。
するとどーでしょう、じゅわっと染みこんで溶けました!

この後のプロセスは 初めてなので 追加の蝋付け
いつまで火を当てていて良いのか 判りません~

適当こいて

20190909005_R.jpg

こんな感じになりました。
前回よりは 少しだけマシに成った気がします!

曲げ加工は 後回しにしました。

半田付けで云えば 3流以下のイモ状態ですね~
汚いし 均一感 有りません。
取り敢えず、部品としては使えそうなので.....
曲加工して つかってみようと思います。
多動性障害ですから これ以降の興味が失せました。


ウキウキして待ちに待った サードハンド君

20190909008_R.jpg

これで母材を固定しようと思ったです。
が、クランプ式なんですね、届いて気がつきました。
これじゃ作業の邪魔です。

向こう側からこっち向きに 押さえてくれなきゃ.....
どうにもこうにも 腕が邪魔で作業がしにくいです。
と、云う訳で 半田用放熱クリップ様の出番となりました。

20190909007_R.jpg

癪に障ったので 遊んでみた。

何かに使うことが有るかも知れない.......から、
ジャンク箱に入れておくことにする(涙)


15年前のWindows-XP時代のノートPCをグレードアップ
してみようかと、ジャンクをかき集めている。

CPU換装とメモリ増設 本体をバラバラに腑分けして
壊すに違いない事は判っているのだが。
非常にコンパクトで使いやすそう と言うのと 固定資産の
廃棄となったPCだから しろさぶろ処分場へ来た訳ですねぇ~
まぁ、僕が遊んで壊して廃棄する訳ですから同じと云えば同じです。





うっしぃっしぃ まぁ役得ですな。






























スポンサーサイト



【2019/09/09 17:22】 | 休日 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
たくみ

大気が不安定らしく 昨日銀座は土砂降り後
ピーカンの快晴。
今日も 午後は降雨の予報ですが今のところ曇天で
ムンムン蒸し暑い銀座界隈です。



夏休みのお出かけで ふと 右のヘッドランプがちょっと
先を照らして居るぞ~ に気がついて。

ランプの金口 バルブ押さえの自作金具が吹っ飛んで
無くなっていました。
溶接並み とかの謳い文句だった金属粉入りエポキシ糊
こいつが曲者で 接着後の加工(切断)で力の入れ加減を
間違えると割れる事が多発。

何個かのうち 上手く出来たモノを接着してたんですけどねぇ~
これじゃダメだと 新たな手段で

20190821003_R.jpg

ジャジャーーン!  蝋付けです。
言葉は知っていましたが 自分でやるのは初めてです。

その昔 神田界隈にも小さな鉄工所? 板金屋の軒先
作業かも知れない..... ガスで切断とか電気?溶接
とか 子供ながらに見ていました。

まぁ、子供にしてみれば魔法ですねぇ~
切れたりくっいたりする訳ですから(笑)

で、ググって Youtube見て やってみた。

20190821001_R.jpg

こんな感じで 70円のレンガも買って 雰囲気こーかな?

フラックスが固まって その後再び溶ける.......溶けません!
おや?
炙りが足らないのかな?
おぉーー焦げた

まぁ、こんな調子です。

一度焦げると 水銀のようにコロコロしちゃうので ヤスリで磨いて
ワイヤブラシで擦って.....

何回やっても上手くいきません。
1mmピアノ線を3本束ねて 付けたいだけなんですけれどねぇ

20190821002_R.jpg

何かの拍子に 一度だけ上手く流れたですけど 再現性ゼロ!
半田で云う イモハン状態 だと思うですけど ボテボテになり
ながら くっついた。

これを金口に取り付けて バルブ押さえの針金が引っかかる様に
付けたい。
瞬接で仮止めして エポキシで盛ろうかな.....


それにしても難しい。
フラックスが..... 乾いて再び液化するはずなんだが.....
母材の熱で 蝋がすぅーと流れるハズなのに 焦げるんだもん。
火が強いのかと 火炎を外すと 蝋が溶けないし。

改めて数十年前見た記憶のオヤジさん 匠でした!



半自動の溶接機が欲しいなぁ~ などと空想していたけれど
寝言は寝てから 世迷い言は死んでから云え でございました。
何処かで端材を貰ってきて 練習しないと 全くダメです(涙)































































【2019/08/21 15:45】 | 休日 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ごっど ぼいす

猛暑日が続いています。 今週週明けには、暑さが一段落
みたいな予報でしたが 見事に裏切られて 酷暑に熱帯夜
人間やめたい銀座界隈です。



夏休み釣行の準備やら、嫁 お気に入り水槽の改装やら
日々 とんでもないことが沢山起こっているです、
が、ブログのエントリーをしている時間が......

とんでもないことに夏休み前で、会社が結構が忙しいのね~
僕に頼むくらいなら 猫の手を借りてこい! と言いたい。


20190805001.jpg

夏休み釣行の準備をしています。
ADHAなので、ちょこちょこと準備しては 他のことをやり始めて
全体として 進捗していません。

前回釣行で使ったラインのお手入れ。

嫁のラインがボロボロで変色しているので..... DTだし
前後を入れ替えようか、と。

ラインワインダーに巻き取って もう一度何かに巻かないと
なので 中華製フライリールもどき に巻いた。
巻き回転にドラッグが無いので 微妙に使えないヤツ。

20190805004.jpg

こう云う時くらい 頑張って働いてもらわないとね。

巻いたは良いけれど 使うリールに巻き取るのに 中華リールを
固定しておく術が無くて ムリクリ フットをバイスで挟んだ(笑)
無事に入れ替え終了。

僕の方は.....釣り時間が短いので ラインの疲労は 「微」。
あと3年は使えそうです(涙)

今回は5日間の予定なので #1~#3を二人分で12個。
ロッドは10本くらいで頑張る。
暑いから なるべく上流で済ませたい。


20190805006.jpg

リールをいじっていたら  そー云えば バラバラで組立
手つかず が 有ったことを思いだして 引っ張り出した。

確かクリックのツメが摩耗しているのと フレームが歪んで
ブラススペーサを作り直さないとダメな代物。
と、云うのを組立初めてから 思い出した(笑)

20190805007.jpg

このままバラしておくのも 僕の部屋では危険が危ないので
ダメはダメなりに組んでおこうと 作業開始。

20190805008.jpg

案の定 この歪み で 回転不可です。
ワッシャ入れたりして 悪あがきをしたですけど 根本的に
作り直さないと無理でした。

何時の年代か判らないし 銘が入っていない。
ブラスのパイプで スペーサを全部作り直さないと まともに
回転しませんね こりゃ。

20190805009.jpg

お払い箱に出来ない 唯一の理由が ハンドルノブ。
何となく 象牙風なんだよね~~
鹿角かもしれないけれど 黄ばみ方がねぇ~(笑)
もしかしたら??  です。

20190805002.jpg

集中して疲れたので 遊んでみた。
タイングツールの隙間で走り回って転倒している
お仲間集合です。   暫く 動かし遊んで終了。


夏バテするので、なるべく就寝時はエアコンを我慢。
噎せ返るような暑さの中 天から啓示が有りました。

20190805010.jpg

渓で食物を冷やす時に ジップロックに入れて 「沈」
冷えるまで時間がかかるのと 冷え込みが足りない
汗だくのホッツな体には 唇が紫になる「冷」が欲しい。

だったら釣行中 ずっと冷やしておいたらどうか?
水の中に漬け込む、移動する.....

啓示は おとり鮎の船 みたいなヤツに 食物を入れて遡行!
これだ! これしか無い!   目覚めました。

電光石火の速攻で ググりました。
どうやら6Lクラスが 御希望に添うようです。
が、お値段が 完膚無きまでに御希望の外です。

他に.....方法は......
リーズナブルに......

閃きました!
ネットなら どーーょ?  

暫く考えて 岩場、藪漕ぎ >> 食物破壊  ボツ。

だったら 始めから お昼場所 と思われるところに沈めておく?
それだ それしか無い!

上州屋に行ってみた。
案の定 アサリネット 有った。
300円也 買った。

これで
冷やし中華 そーめん ざるそば は制覇した。
何しろ 流水麺の流水無しVer という強い味方が居るしね!
つけダレさえ持っていけばOK。

真夏の釣りも安心安全快適美味しく過ごせます!



ところで テレスト 巻き足してません。
出発までには 頑張らないと.........

















































【2019/08/05 16:02】 | 休日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
6kg

梅雨前線が南海上に離れて 梅雨空も一段落
と思いきや 低気圧が東進して来ました。
関東の水瓶 利根川水系ダムはほぼ満水です。
週末にかけて雨予報の銀座界隈です。



苦労して作った水槽用LED照明......
防水仕様を信じてました。

裏面の接着が剥がれて そこにエアレーションの飛沫。
あえなくショート 破損 となりました(涙)
金曜の晩に6時間かけて修理&改造&増強。

13LEDラインから 17LEDラインになって、計算上は
60,000ルーメンスを超えております。
さすがに明るいです~ 

現用品が壊れたので ダウンタイムを少なくしたい(笑) で
写真を撮ることも忘れて 作業に集中しておりました。

20190707001_R.jpg

土曜日、本家のお盆 ご先祖様を迎えに墓地へ。
モロモロ終わった後に アクアショップへ行ったり スーパーへ
買い物で 帰ってきたら届いておりました!

e-bayで購入した フライベスト。
現用のベスト君 かれこれ20年は使っていて 驚異的な
収納力で頑張ってきました。
が、昨今の お昼&もぐもぐタイム 備品の増加重量に耐えかねて
ショルダー部が破断して 何とか繕ってましたが 肩に食い込む
事態に至っては 見捨てるしか有りませんでした。

20190707002_R.jpg

ベストの形をしたリック などは存在しないので(笑)
多少 バックパックぽぃスタイル品を探しあてて。
多分、それなりのブランド品をパクったバチモノコピー品
だろうと思います。

一応、大陸ではブランドの (笑) マックスキャッチ謹製。
「最悪」 は免れているだろう~ で、ポチッと。
e-bayで見つけて きっとアリエクスプレスで有るはず?
と探しましたが見つかりませんでした。

20190707003_R.jpg

ほとんど価格が変わらないならば e-bayの方が納期が
確実に早いので 助かります。
市場規模が桁違いですからねぇ~
さすがにe-bayから閉め出されたくはないでしょうから発送も早い!

で、背中はスムズのハーフディパックを一回り小さくした程度の容積です。
これではお話になりませんので、追加でウエストバッグを括り付けます。

パクリ元がコンポバッグ的なので あちらこちらやたらとクリップと
Dリングが付いています。

Dリングに縛り付けて....... よいしょ っと。
良い感じですけれど 背中が重いので ベストの前身頃が
ずり上がります、困った!

こればかりはベスト単体では どうしようもありません。

20190707005_R.jpg

しろさぶろう ピカリ!

以前 福島のダイユーエイトで買った 作業用腰当てベルト
塩漬けだったはず が ヘソ横左右にリングが付いていた。

バッグを括り付けたDリング、肩後ろ、片前、脇下のDリングを
通して ベルトに引っかければ ずり上がり抑制出来ない?

やってみた。

毎回ロープを縛るのも 何だなぁ~
おぉ、そー云えば クライミングのハーネスは どうょ?

ゴソゴソ 上手いこと左右に引っかけるループがない。
ふと、カラビナが目に付いたので、 これで作業用腰当てベルトに
カシャリ すれば良いじゃなぃ~~     出来た。

20190707004_R.jpg

お道具の移行。
さて困った、フライボックスが全く入らない。
巨大ボックスを4個持って歩いてましたから どのポケットにも
入りません。
これは小型ボックスにして 分量を減らすしか有りませんねぇ。

こんな備え付けの フライボックスが付いている訳ですが....
ライフジャケットみたいな形状の割には 小さなポケットが多数
有って、それなりに便利なんだろうと.....思います。

遠征、出たとこ勝負の反応次第ですから、仕方が無いですねぇ~
持ち物 とても多いです。

20190707006_R.jpg

気になる 離陸重量ですが..... 5.7kg
我が身にとっては 驚異の軽さです!!

何処に入れる? 入りません! の熊除スターターピストル一式
熊除けの南部鉄風鈴5個 etc

水は浄水器のお陰で 持ち歩かなくて済んだけれど ジュース2本
ウエーディングスタッフ  売出中のメマトイ避け扇風機一式。
何とか 10kgは切れると思う。


胸のポケットからフライボックスが飛び出ている状態なので
小さいヤツを引っ張り出してきて フライの選別・入替をしないと。
20年愛用のベストからの入替だから それなりに大変。

縫製屋さんに 保っていって同じのを作って! てお願いしてみようかな。
つくずく凄い収納力だったとビックリですねぇ~



嫁が横目で チラチラと新しいベストを見ている。
目を合わさないように 余計な会話は慎んでいる 今日この頃だ。



















































【2019/07/08 17:02】 | 休日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
1290LED

明け方から降雨だったようで、気温も上がらず涼しいです。
この後一旦回復して、でも今週のほとんどが雨の予報。
梅雨時にしっかり降っていただかないと水不足になりそうな
銀座界隈です。



週末、一気に水槽用照明を仕上げました。

20190624001_R.jpg

1200x300x2 アルミ板 脚の部分やLEDを取り付ける
位置決めの補助線、裏側にはヒートシンク取り付けの
補助線を入れました。

かなり綿密な設計図 というよりは想定図をつくったんですが
まぁ、余り役には...... やっつけ仕事ですからねぇ~(笑)

20190624004_R.jpg

後から脚を付けるのは面倒そうなのと LEDを貼り付ける端の
目安が イメージ湧かなかったので 表側の脚だけ付けました。

テープの貼る位置の地割りです。
照射角が60度とのことなので  三角測量で 脚高を10cmなら
全て 光が届く計算だったです。
が、脚がグラグラしそうなので、半分の5cmに。

脚は 25x50のアルミ角パイプ 厚さ2mmです。

20190624005_R.jpg

LEDテープ自体に 両面テープが付いているのですが、なにしろ
バチ3Mテープですから 少しでも天板に付いていただきたいと、
両面の熱伝導テープを貼って、LEDを貼り付けよう な構想。

青の剥離紙を剥がして エィヤッ とLEDを貼り付けていきます。
ところが元々 LED君はリール巻状態なので 巻癖が多々有り。
粘着力不足で 盛り上がっちゃったりするです。

押さえつけると一瞬 くっつくですけど。

20190624006_R.jpg

なかなか真っ直ぐ等間隔には貼れないモノですねぇ~
あれやこれやで 最終的に13本 白8本 育成色5本。
色彩感が全く判らないので適当に きっこんなものだろう、
で決めました。

赤3 青1 の光ってどんな? 相当赤い「紫」かな? のイメージ。
LEDの数で云えば 白960球 育成色330球。
光の強さが育成色が半分とすると 5:1 おおよそそんな割合?
まぁ、適当です。

20190624009_R.jpg
 
育成色テープ、どういう訳か1mの長さの所に 電極端子無いんです。
想定外の 1.1mでカットの貼り付けです。
4球で1セットだからかなぁ?  短いより長い方が良いかぁ......

その端子を連結の半田付け。
小学生から半田付けしているから 自称「得意」です(笑)
プリント基板のエッチングなんてできなかったから ベーク板に
バラックで空中配線、腕を磨きました(笑)

他人の半田付けは信用出来ない、が基本。
全て付け直す が修理の早道ですねぇ~(笑)

半田は泣く子も黙る千住金属謹製でございます。

20190624010_R.jpg

ここでまた大問題突発。
電源の容量を考えると 白だけ 育成色だけの 点灯が出来ない事
判明しました。

育成色と いくつかの白を合わせて 1電源2系統 と 白だけ1電源
1系統 の振り分け、 どちらも同じくらいの消費電力にしたい。
計算して列を入れ替えて を繰り返して 結論! 奇麗に列ばない。

ちょっと太いかな、だったけれど、配線は1.25sq 電源から器具までは
2sq 使いました。
計算してません、在庫の都合上です。
お陰で取り回し キツいです。

20190624007_R.jpg
 
テスタで導通、誤配線チェック。
オリジナルのLEDテープに付いていた赤黒線 お笑いな事に
マイナスに赤線 プラスに黒線 付いていたのが有りました。
そもそもがダイオードだから 壊れはしないと思うけど....
大陸的おおらかさ が必要ですね~

無事に育成色 点灯です。
3:1 光っています。
どうやら 非合法植物育成にも使える? らしく 通関でお咎め
の有ることが、有るらしいウワサでした。
1回輸禁差し戻しだったのは、そのせいでしょうか(笑)

20190624008_R.jpg

白も無事に点灯しました。
ところで、半田付けした端子部分の防水をどーしようか?
LED自体は防水型を用意したんですけど......

浮き上がったLEDも 試験点灯の熱でもっこり だしぃ。
バスコーク? エポキシ?  どちらも硬化時間が長くて養生
しきれないなぁー

ふと、思いついた。
その昔、エッグフライを作るのに使った グルーを使ってモールド
したらどぅよ?
ビー玉のようなエッグフライは全く釣れなかったけれどねぇ~(笑)

浮いているLEDもグルーで押さえました。
これのことグルーで 合ってる?
拳銃みたいなヒーターで樹脂を溶かして 付けるヤツ。

両端の脚を付けて LED面は完了。
表のヒートシンクの取り付けです。

20190624012_R.jpg

100x60 を20枚 これで ほぼLED貼り付けと同じ範囲になりますた。
一枚当たり2回の熱伝導両面テープを貼り付けて。
それを本体に貼り付け。
素人工作にしては 上手くつきました。

一気に重量物になりました。
まぁ、ヒートシンクだけで3kg位 あります。

全灯の白1系統はそのまま電源直結。
育成色と残りの白は ボリュームを介して 調光にします。
何しろ どんだけの明るさか さっぱり判らない。

ルーメンス的には 市販品の3~4倍なので 減光しか
想定できなかった です(笑)

20190624011_R.jpg

セッテイング最後 電源の設定。
電圧降下も考えて 12.2v 根拠無しです。
クリチカルでなかなかセットできなくて 最後は妥協。

いそいそと実装です。

20190624013_R.jpg

ヒートシンクが40℃をこえそうだったので PCケース用
12Vファンで冷却。
十分冷えてます。

ここで問題発生。
両側の脚で本体を支えているのだけれど 遮光&補強の前脚
水槽のセンター筋交いにちょこんと乗っているだけだから?

20190625001_R.jpg

1200mm巾に対して 前脚は1000mm この200mmの部分が
反り上がっちゃっている訳で。
2mmのアルミ板だけに荷重が掛かっているですねぇ~(笑)

この脚のない片側7cmほどの所で たわんでいます。
裏側は脚も無くペラ板状態だから べろーんと湾曲して垂れています。
何だかんだで重さ4kg  2mmのアルミじゃ 所詮 無理でした。
ここはLアングルをエッジに当てて補強しないと.....を想定中。




どれ位明るいのかな?   ワクワクの点灯です。
火も煙も出ずに 安心しました。
が、色が青いです。

元々の規格が6000Kですから....仕方がないですけど 育成色で
もう少し色温度が下がるかと思っていました(涙)

2019-06-23_20-58-24_159_R.jpg

それにしても青くて明るいです。
点灯して30分 水草が盛んに光合成を始めて 気泡が
あちらこちらから プクプクと出始めました。

これが見たかったんだよなぁ~
まぁ、1時間 そのまま呆けて見てました。

嫁 明るすぎて 稚エビ君は眩しくないのか?
  色合いが 不自然で環境悪化しているのでは?

相変わらずの文句タレタレですが、完成の充実感の僕
聞く耳がございませんので 「その議論はあたらない」
でございます。

構造的に手直しが必要ですけど.....
ホームセンターでアングル仕入れて 補強します。

因みに脚はネジ1本も使わず 最強の両面テープで貼り付けました。

両面テープ

マジモノ3Mです(笑)
お勧め出来ます!




2日掛かり 延べ10時間 何とか格好がつきました。
光量、放熱 適当でしたが 今のところ問題無さそうです。
耐久性は 判りません~
様子を見ながら 改良? です。
一番の悩みだった水温上昇軽減....... 判りません~




余ったLEDどうしよう?
メルカリで買う人居るかな....?
非合法植物育成に最適! とかで(笑)






























【2019/06/24 17:29】 | 休日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ