嵐を呼ぶ嫁

寒波の影響で今朝は冷え込みました。
連休明け だるい火曜日が始まった銀座界隈です。


世事に疎いしろさぶろう オリンピックが始まったんですね~
地デジTV未対応の我が家では火星の裏側の話です。
ネットニュースで社内の会話に頷く位のソースは持ち合わせてます(笑)

何にしても、 「頑張れニッポン!」



日曜日 お昼ご飯を食べていたら 不埒にもイソメの話になって
成り行きで 釣りに行きたいと暴発した嫁。

「いぃいぃ 今からですか~?」

潮を調べたら 20時頃から上げ。

「夜釣りする!」

 2018-02-11_10-16-30_364_R.jpg

20年++は経過しているリールの糸を巻き替えです。

こういう新兵器で糸を出し切りますた。

2018-02-11_10-18-28_827_R.jpg

ほんの10秒ほどで ほらこの通り。
勢いづく嫁を待たせません(笑)

2018-02-11_11-06-58_876_R.jpg

これで準備完了、出発です。

夜間照明の有る 千葉県九十九里へ。
午後の時間の京葉道路は余り混んでいないんですね。

気が急く嫁を尻目に 安全運転第一走行車線を
ゴーイングマィイエーーぃ。

なんだかんだと国道は混むので、海岸沿いの道を。
日暮れ前に着いてしまいました。

竿を2本セットして 相変わらずイヤなイソメの針がけです。
何が釣れるんですかねぇ?

東京の釣具屋さんで餌を買ったので あやふやな返事。
港なら何か居ますよ~~(笑)
貴方それ情報になってません、5ちゃんねるよりダメです(笑)

2018-02-11_17-48-50_089_R.jpg

何となく竿先が小刻みに揺れているなぁ~
しばらくすると、何事も無く....... はて?

何回かそんなことを繰り返してて 何の抵抗も無く巻き取った
あかつきに......おやぁ? ゴミがぁ と思ったら(笑)
ハゼでした。

仕掛けにたいして魚が小さい....
2三匹食いついても判りませぬ~

取り敢えずは 初釣果なので記念撮影してリリース。

ハゼって年魚で 秋に産卵して死んじゃうんじゃ
なかったでしたっけ?
海のお魚は詳しくないので???です。

それにしてもこの季節に 浅い所に 居るもんなんですねぇ~

てな、てな、てな、これからと云う時に 一天にわかに掻き曇り
突風、そして豪雨 ですわ!

えっ?えっ?えっ? ごそごそと撤収も間に合わず ずぶ濡れ。

2018-02-11_19-24-01_802_R.jpg

かなり本格的に装備を持ち出していたので 何から何まで
びちゃびちゃになってしもいました(涙)

この寒空にエアコン全開で室内乾燥。

帰りの道すがら 来週またくっからよぉーーーー 
捨て台詞の嫁  下に恐ろしきかな。


今週末はITルームの大掃除で業者さんが入るので出勤
とは、言い出せず。
機嫌の良い時に白状しようと思っている。。。。。。。。。。。。。












































































































スポンサーサイト
【2018/02/13 18:09】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ハードワーク

今朝は冷え込みも厳しくなくて 平年並み? でした。
銀座の銀杏も落葉が本格的になってきました。
予報よりも早めに曇ってきた銀座界隈です。


週末はちょっと過激でした。
金曜の晩に 急遽茨城の海へ行ってみようー と
嫁からご下命 もといご指示があり ぶーーん~ ぷっぷぅー

DSCN8587.jpg

まぁ、有名処の漁港。
港内釣り禁止 なんですね。
それと、そこそこ寒くて 釣り人居ません~

夜だし、禁止の所でちゃぽちゃぽして港湾の人に怒られても
なんなんで.......
3カ所(港)廻りましたが、暗いし寒いし釣り人居ないし で
すごすごと帰ってきました。

なかなか竿を出せません。


土曜日の昼前 ゆさゆさどすっ! と叩き起こされて 出かけます!
ほぇ? どこへ?
千葉です、釣りです。
はぁぁ? まじ?

道具は車に積みっぱなしだったので、身支度して出発。

DSCN8582.jpg

こんな所なので、釣り人多数います。

ぐるりと様子見です。
ぶっ込み青イソで ハゼ、アナゴ、シャコ ちらほら釣れてました。
サビキなんて誰もやっていない.......
嫁、完全にモードに入りました(怖)

いやいや私たちは ルアー、エギ です なのでとりあえず
ルアーをキャスト、勿論無反応

DSCN8598.jpg

そうこうしているうちに、スピニング・バックラッシュ。
あえなく撃沈。
現場では直せないので エギロッド&予備のリール これも始めて。

大昔のナイロン3号が巻いてある格安品のリールを装着。
ちょっとベイルの返しが違和感。

5、6投目 ブツンという音とともに エギ君だけが綺麗に飛んで
トップガイドから糸がぶらーーん~

おぃおぃおぃ、 今日はそういう日だったのか......
寝起きが悪かったもんなぁ~(涙)

ルアーを引いていると 小魚がジャンプする~ と言い張る嫁。

やりますか、あれ?

DSCN8584.jpg

こうなりました。
産まれて初めてのサビキ釣り。

なんか仕掛けの構造が判らなくて アタフタ。
浮きの固定が出来なくて アタフタ。
試行錯誤の結果、多分こういうことなのだろう~ 

それにしても、寄せ餌って 直ぐに無くなるんですね~
フルーティオキアミ とやら、グングン減っていきます。

何事も起こりません。

そーー云えば、周りでもこんな釣り方している人居ないし......

DSCN8585.jpg

日が暮れても、なんーーもないです。
電気浮きではないので、懐中電灯で照らします。

釣り場で竿を出す が目標でしたが....今は、この寄せ餌を
使い切る に変わっています。

黙々と寄せ餌を詰めては ポチャンを繰り返す嫁。
本当に、獲る採る捕る が好きなんですねぇ~
19時頃にようやく寄せ餌が無って終了。
あぁぁ、しんどぃ〜

DSCN8591.jpg

お疲れさまでした~~


帰りに見つけた、通りがかりの食事処。
まぁ、通りがかりで判らないので、おやじにお勧めを聞く。
まぁ、全部お勧めだろうけどねー とフォローを入れて。

DSCN8592.jpg

なかなか美味しい。
茹で上げた白いのしか 普段は食べられないですもの。
しらす だと思うけど、漁師言葉に方言が累乗していて
良く判らない。

獲り立てだと、おどり喰い なのかな? 

DSCN8595.jpg

嫁はアジ丼

DSCN8596.jpg

僕はお刺身定食で保険を掛けておきます。
嫁の アジ丼が不発だった時のために.......(涙)

たまに有るんですよ~ うひょぁ~こりゃダメだ、が。
何しろ嫁、山の民ですから、魚介類でダメなのがね。

しらす、アジ丼にご満足頂けたようで、変哲も無いお刺身を
美味しくいただきました。
ちなみにマグロはルイベ、三崎港じゃないもんね〜


釣りの方は、からっきしダメでしたが、美味しいモノを食べられて
更にお会計までご担当出来て 涙が出るほど....(涙)

これで漁港巡りが終わってくれれば良いのだけど。


それにしても、夜の漁港ってこんなに暗かったでした?
時代が違うのかもですけど 湘南の漁港は明るかった記憶です。
港内でエギしてたり ヒラメの泳がせとか 皆さんしてました。

震災以降 節電で暗くなっているのかも知れませんね~
































































































【2017/11/27 15:05】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
伸された

台風一過 青空が広がる銀座界隈です。
超大型の台風というふれ込みでしたが、しろさぶろうの
生活範囲では たいした事無く幸いでした。



週末は東北の鮭釣り パート1 でした。
今年は遡上数が例年の2割程度らしく、厳しい状況でした。
確かに、遡上して来る姿を たまに見る程度でした。

水が少ないからかな、と漁協の方。
昨年は太平洋側が少なかったです。

DSCN0953.jpg
二日目

例年ですと朝から昼まで 3~4回遡上の波が来ます。 
今年は初日1回 うっすらと有っただけでした。
上流から見ていると、下流の人から釣れて来るのが判るの。
密集しているからねぇ。

今年、水が少ない分 細い流れ 流速は早いです。
例年タイプ3中心ですが、今年はタイプ8が良かったです。

まぁ、深度と流速 場所によって違いますから、僕らが入った
所は、でした です。

居着きではなく遡上なので、彼らが集まる所=必ず通る狭い所
に陣取るのが良いと思っています。

渓谷で挟撃する 孫子だか山鹿流,信玄流の兵術でしたっけ?
映画でもよくある、アレですね。

DSCN8541.jpg
二日目

二日目、一日目の半分の人出ですが、この混みようです。


で、場所ですが瀬を登るのは活性が高い時だけと思います。
淵は範囲が広すぎて 僕は嫌いです。
淵では岸沿いを通ります、の気がします。

こちら岸に立つとこちらには来ませんから、向こう岸を通る。
かつての請戸川の下流がそうでした。

両岸人が立っちゃうから、何処にいるのか 何処を通るのか
判らないし、僕にはイメージ出来ないんだよなぁ〜〜

何本か流れの筋がある時は、一番水量の多いところを
登る魚が多い気がします。
幅よりも深さのある方を選んでいます。

タルミの浅瀬で休んでいるメスが居ると オスが寄ってきます。
広い所だと 5~6匹 ウネウネしています。
メスの取り合いで オスが殺気立っているので、簡単にフライを
くわえます、とイメージしています。

こんなポイントのイメージは岩魚釣りと同じですね〜

同じ場所で、立て続けに魚を掛けていると、興奮している釣り人が
寄ってきて、そこの場所から魚が居なくなります(笑)

想像以上にこちらの姿が見えています。
岸沿いを歩いている時、ランディングの際 人の姿を見ると逃げようとします。

浅瀬や陸に揚げたら、尾の方から回り込んで握らないと暴れます............

気配を消して釣りをしているのに、餓えた釣り人が集まってくると
ポイントが消滅するので、流心の底を登っている魚を狙いつつ、
近場に休憩処 そんなポイントを争って入川するわけです(笑)

あまり立て続けに掛かるよりも、適当な間隔が空いている方が
良いのですが............ 
何にしても、針を外してエラにパラコードを通して、ティペット
フライのチェックをして、振り返ると対岸に釣り人並んでいます(笑)

あの、そこポイントで そこに立たれると鮭くんが来なくなるんですけど〜
お互いに釣れないし、あなたも時間の無駄なんですけどーーーー(笑)


DSCN8547.jpg

4.3kg 78cm  これが一番と思われましたが、
僕が逆転 4.7kg 84cm オスを釣ってしまい 食事をご馳走
する羽目になりました(泣笑)

初日、嫁10本 僕6本  2日目 嫁6本 僕2本  でした。

2日目、左右分流の中州の下端 流れの合わさる所に陣取りまして。
合流点の所に緩流帯。
何かの加減で魚が集まり寄って メスをたぶらかしているオス達。

短時間で入っていたり、ずーっと空き家だったり、
ナンパが始まると背びれが見えたりで、おぉぉ 入ったーーー 

嫁と交代で入っていたので、そのタイミングでどちらかが。
侵入者に猛然と排除行動を取ってくるのは、一番勢力の強いヤツ
のようで、良いサイズのオスがヒットします。

このポイントで 嫁 2本捕って3ばらし? 僕は1本捕って 1ばらし。


このばらしが涙でした。
還流帯で掛けて、分流でファイトしてたですが、分流の流心に潜られて
ジリジリラインが出ていき、合流点まで......ドラッグを目一杯
締めて戦いましたが、10番の竿 ループマルチがグリップから満月。

竿が折れるかも なんて感じたのは初めて。
ずるずると、一気に、を繰り返して バッキングまで出た時に
諦めました。

竿を水平に倒して...... どこで切れるかな? なんて考えていたら
ぷっっ と。
ティペット エイトループの近くで切れてくれました。

60m カラカラと巻きながら、下流の約10名の方に 謝罪の叫び。
みんな 糸を上げて 釣りを休んでくれてましたから......すまんです。

岸なら魚とともに動いて、まぁ何人か釣り人をなぎ倒して行けるんですけど
中州ですから、唯々下端で踏ん張るしか 手の施しようがない無かったです。



2017-10-22_13-25-34_545_R.jpg


今回のトップ賞 で、宮城牛タン定食をご馳走することになりました(涙)

帰りには、山形十割そば 割り勘で...... おいしくいただきました。


2017-10-20_12-59-55_870_R.jpg



台風と秋雨の影響、金曜雨 日曜雨でぽっかり土曜は曇り。
日曜も小雨程度、帰りに南下するにつれて、大雨、豪雨。
あと6時間ぐらい天候がズレていたら、日曜の釣りも中止だった? かも。


気温も13~18℃ 風も無~微 楽しい時間を過ごしました。

















































































【2017/10/23 15:51】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
感謝

天気が下り坂、曇天で南風です。
今晩から降雨予報の銀座界隈です。



今季最後の渓流釣行へ行ってきました。
まさに最終日 弾丸日帰りでした。

峠の温度計は7℃ 晩秋、初冬の寒さ? でしょうか。
ライトに写る水田 稲刈りが半分程度で 今年の冷夏を
物語っていますた。

そんな天候なので、4時半から9時半まで車中爆睡(笑)
ドライフライだと こんな時間からの方が活性が良いんですね。
と 自己弁護をして墮睡......

20170930046_R.jpg

川は渇水でした。
まぁまぁ、実績のある所をせんたくしました。
下流目から入渓します。

釣り始めて間もなく 嫁が1本 山女魚を。
あぁ、これで安心してシーズンを終えられる......(笑)
ホット 一安心です。

20170930129_R.jpg

川の規模からしても 大物は少ないです。
基本水が少なくて 瀬が多い、落ち葉枯れ草が多い 的な
餌釣りの方が敬遠するような川ばかりを 今年は選んでました~

お陰様で釣り人に行き会うことも少なくて、気を遣う事もなく、
ただ森の動物さんには 痕跡・遭遇・臭い 多数でした。
今回もカモシカ君 お会いしました。

で、今回も目撃尺上は4匹、キャスティングレンジに入る前 か
フライが落ちた途端 逃げられるのね。
だから大きくなれる ともともとも(涙)

20170930120_R.jpg

嫁が順調に釣果を伸ばしていきます。
最後だからか、こちらの順番がなかなか来ません......

それならそれと対抗策、2級ポイントをすっ飛ばして 良い所だけの
狙い撃ち...... 少しだけ大きめのが釣れますた。

まーこうなると、ますます順番が廻ってこなくなります~

20170930137_R.jpg

支流から枝沢に登ってきた魚でしょうか? 
サビの入っている、お腹がプックリしている、そんな個体が
多く居ました。
確実に季節は進んでいますねぇ~

今回は届いたばかりの 6ft #2 を使いました。
カエル色の竿です。
全体的にロッドコートが厚くて 折角のブランクが勿体ないなぁー
ちょっとダルな仕上がりになっています。

20170930150_R.jpg

この川のこの状況、僕の投げ方だと 2番は強すぎます......
やはりライン自体が重いです。

短めの0番以下が有れば面白いんですけどね~
そんなキワモノは有りません。

本人の納得の問題ですから、仕方の無いところです。

20170930030_R.jpg

上流へ上がるにつれて岩魚が混じりだしました。
ここの川は 細長い岩魚が多いでしょうか。
太さの割に長いです(笑)

かなり小さな虫のハッチ 小さすぎて判らない の蚊柱。
たまにシロハラ、シマトビケラ  
山女魚はイワイイワナ~コーチマン 岩魚はコーチマン で。
サイズは#16 が良かったです。

20170930104_R.jpg

昼過ぎから小雨、 気温が一桁で雨は堪えます。
メリノの長袖を着ていたので 何とかしのげました。
それまでは、ちょっと暑いくらいだったですけれど(笑)

嫁が釣り上げたタイミングで終了。
最後ということも有って、5時まで遊び尽くしました。



今年一年 私たちと遊んでくれて 地球に感謝です。
また 来年も健康で川に通えたらいいなぁーー
































































【2017/10/02 16:48】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
嫁 爆発

秋晴れの東京銀座界隈です。
今年は残暑も......今のところ厳しくないです。
暑さ寒さも彼岸まで でしょうか。



週末、ラス前の釣行に行ってきました。

s20170923179.jpg
晴れの2日目

今季は大河川の支流の沢、枝沢へ行っておりす。
まぁ、どこも同じような景色......だいたい標高900mほど。
急峻な山系ではないから、足腰が弱り気味の我が家では大助かり(笑)

で、初日 予報に反して雨、9時過ぎには小雨、霧雨になって
オールディロング でも渇水。

s20170923026.jpg

渇水は釣りが難しくなるので 嫌いだなぁ~
嫁に遠くから ソフトプレゼンで...... と。

レンジが遠いとパラシュート系は投げにくい。
風に弱いし、変な回転してティペット撚れるし、
アイ付近のハックルをカットしても 改善は僅かだし。

スタンダート同じハックルを厚巻きして 浮力を稼ぐしか無い。
ほとんど稼げないけど(涙)

s20170923014.jpg

気温16℃ 小雨 たまに微風 
昼前から 活性が上がり始めて 良いペースになった。

7寸前後がアベレージ。
贅沢を云わせて頂ければ、 この川はちょっと小ぶり。

相変わらずだけれど、この時期に うーーんと小さい魚が居る。

s20170923133.jpg

いったい何時生まれたんだろう?
人の世と同じで晩婚、春先に産卵したのだろうか?
だいたい鮭ます類 積算400度だったっけ? 孵化まで。

この大きさ 生後3ヶ月 孵化まで1ヶ月
今が9月終わりとすると、 うーん GW後の産卵?
不思議だ。

午後 嫁 爆発!
どこに投げても 魚の居るとこをフライが流れる? みたいな。
どうしたんでしょう この人。
一生分の運を 使い果たしている感じ。

と、思いきや 尺2寸ほどの大イワナ ランディングでバラして
溜飲が下がった。
ひどく残念そうな顔をしてみる。

そこそこ釣れてくれれば、家庭的に安泰なんだがなぁ。
いやいや待てよ、釣り上げていたら豪華な夕食だったかも。
ぅーーん、それは無いか......


s20170923151.jpg

今年は キノコ 豊作なのかな?
やたら目につきます。

里では 稲刈りがまだまだ全然 手つかずなのに。
冷夏で実が入らないのかな?
素人だから判らないけれど、凶作なのかもしれません。

s20170923153.jpg

キクラゲ(調理済)みたいなキノコやシメジみたいな群生。
後ろで鈴を振っていて暇でキョロキョロ、小雨で四つ足臭いと
キョロキョロ クンクン  キノコが目につきます。

知識があれば きのこ汁 とか 楽しめるのになぁー
特別に大好きでも無いから、知識もないままなんだ。。
出されりゃ食べる っていう所かな。

結局 一日小雨・霧雨。
気温上がらずで、メリノ長袖、化繊シャツ、厚手カッパ の
出で立ちでちょうど良かった。



s20170923006.jpg

2日目 沢を変えて スポーニングヤマメ狙い。
初日のちびっ子を見ると 全然自信がなくなるけどね~

4時に起きて......って 嫁が疲れて早寝。
なんと、9時に電気を消された(笑)
そりゃぁ、早く起きますわね~ しかもお歳だし、僕。

釣り始めが7時前ょ。

ヤマメ狙いなのにイワナが出る(僕)

s20170923020.jpg

今日も 僕は 6ft #1  嫁は成功体験の 6ft #2
フライ 僕はコーチマンパラ #16 嫁は成功体験のイワイイワナ。

イワイヤマメ? イナイヤマメ!  うふふふ

渇水で見える魚も フライが落ちると逃げる。
流芯の脇で勝負です。

シロハラの飛翔...... だけど、正解はコーチマン。
立て続けに、僕ヒット。

s20170923121.jpg

嫁もすかさずフライ交換 で 爆釣の始まり。
別に「爆」でなくても、そこそこ釣れてくれれば 家内安全なんだが。
毎度の事ですが。

遠目から投げるから 悪い癖の竿を立てる も出にくい。
フッキングもしっかりするし、ラインをたぐるし、フォールしてシュート。
遠くから投げろ (ましょう~)の方が 嫁は良い釣りになります。

s20170923125.jpg

嫁、フライをロストして 合うサイズが無くなったのか ピーコックボディの
パラシュート #16  

初日ほどではないけれど...... 良いペースで釣果。
イワナに比べるとヤマメは居場所が違うからねぇ~

レーンを合わせれば、その気があれば、目が良いだけに
シュタッと来るもの。

s20170923186.jpg

良いサイズが獲れたところで 退渓。
ところが、10mほど先のポイントをやってから上がる。。。と嫁
そこでも1本 ヤマメを釣り上げた。

もう、今年 これで終われるね~

来週、弾丸日帰りで来ます!   (きっぱり!)

ぁー そうですか......来るですか




お昼前にRTB
早起きしたから帰路が眠いです。


帰宅後、ロンレィ君からの竿 不在通知になっていました。




















































【2017/09/25 12:23】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 次ページ