FC2ブログ
無事終了

朝晩とても涼しくなってきました。
毛布が必要な自宅界隈です。


週末、鮭捕獲調査に行ってきました。
年に数日の事なので、やり直しが出来ない............
そんな、切羽詰まった感があるんですよねぇ~(笑)

20191102006.jpg

お陰様で、天気もどうにか保ってくれました。
台風の影響でしょか? とても釣りづらい川の流れでした。
浅いところも深いところも ガンガン瀬状態です。

毎年、数カ所はホッチャレの産卵場所でくたびれている魚が
居るんですけどねぇ、今年は目視できずです。

向こう岸に上流の分流が合流する 辺りに 若干の緩流帯が
有ったので そこらのこっち側に陣取りました。
川幅は竿2本チョットの10m位、合流後は25m位かな。

20191102003.jpg
(途中経過・ボロボロ)

流心は沈められない流速と深さなので、流心から岸の境目
辺りの緩流で底を取れるように type5のTIP
フライはいつもの、金赤簡易版(笑)

まぁ、岸沿いに元気な魚は少なくて 若干くたびれた魚が
掛かる感じで............ たまに お元気君 でした。

初日貧果でした。
嫁が13本 僕が5本  まぁ、初日ですから............



2日目
受付で並んだ順番の入河なので、希望通りの場所は既に満席。
キョロキョロ見回して 空いているところは............
結局、1日目と同じ界隈 (笑)

20191102005.jpg

さすがに2日間 同じ流れを見ていると 水の中の流れも
判ってくるようになります、たぶん(笑)

こっちの分流よりも 向こうの分流の方が 少し流れが速い。
こちらの流心も 相当早いけれどね............秒/1.5m位かな。
合流部は沈み波で 少し掘れているようだ。
初日は顕著じゃ無かったけれど、今日はその辺りで 魚の気配
たまにある。

で、その掘れているところにフライを長く漂わせるには............
試行錯誤。

右岸側なので ウィークショルダーでキャスト
手前の流心を避ける小さなメンディングを複数回 
T-10なので 向こうの流れではライン先行で左U字 状態。
掘れている手前で 大きくメンディングで S字状態。

その後 小さなメンディングで普通の 一直線にすると
掘れているところから、合流のぶっつけの中をフライが流れる
を 編み出した(笑)

ラインが弛んでいるから ラインでヒットを取る。
後半ラインが真っ直ぐになれば ゴゴゴゴーーーン!
10キャストに1回は 何らかの反応が。
でも乗らない。
それでも3本取ったら 下流の嫁が はい交代!! 問答無用。

大まかなレクチャーをして見学。
同じシステムで嫁の捌きだと メンディングが1テンポ遅い
ので TIPをT-14に変更。
T-16でも良いくらい。

S字のラインが止まるとかしたら 合わせて〜 でフィッシュオン。 
これがハマりました。
遡上の波が来たのか 連続ヒット&キャッチです(笑)
腕に力が入らなくなったから交代しろ、と。

10分もしないうちに 交代サイン。
はぃはぃ 交代ですね〜(笑)

20191102008.jpg
(途中経過・お元気君)

交代時間が短くなってくる物の ドーパミン出ちゃって
ますから 意欲は満々です。
熊渓流でもないのに 交代制です。

見てると S字になった時にフライが止まる? 少し沈む?
辺りでバイトしているみたいです。
か、合流部でラインが直線になった辺り、一気に下流へ
走るので、嫁の踏ん張る姿とドラッグの音が楽しいです。
(頑張れ! お魚君!)

100%口に掛かるので こちらの流心を跨ぐのも楽。
ノサレを2、3回頑張れば寄ります。
エラより後ろのスレだと まぁ、大変です〜 楽しいけれど。

合流部のラインを上がってくる人は それなりにフレッシュ君
で元気です。

20191102007.jpg

釣り上げて エラ〜くち にロープ(パラコード)を通して
いるときに 産卵しちゃう人も居ました。
ちょっと申し訳ない感じします。

キープは スクリュー式ペグにパラコード、 足でエラの後ろを
押さえて、口に石を食べさせます(笑) あんぐり状態。
エラからパラコードを口 ちょうつがい辺りに通して............
これで牙で手を切る事が少なくなりました。

なんだかんだで 嫁20本弱 僕10本くらい。
計量の方も途中で 数えるのを止めてしまったので 正確には
判りません。

今回最大は 85cm 4.7kg 男 でした。
数としては女性が多かったかな。
上手く底を流せていたようです。

2名分のポイントを一人で流しているので、見学時間が多くて
嫁の振り見て 改良点を考えられたのは良かったです。
たまたま魚が集まって通った場所で釣り出来ただけですけどねぇ〜

帰り道は 相変わらずの嫁、爆睡。
いつものことです〜(笑)
無事に楽しんで帰ってくることが出来ました。


次ですがぁー
帰ってきたら本家の婆様が入院した とかでお呼びが掛かり
次の捕獲調査 行けるか微妙です。
(こうやって嫁に貸しが出来ちゃうんですね............)


まぁ、メンテして次の準備だけはしておきます。
ハーディ 禅 のドラッグ オーバーホールしないとダメかも。
滑り出しが ちょっと変。
















































































スポンサーサイト



【2019/11/05 23:38】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ラスト渓流

台風一過の割には天候が回復しません。
忘れ形見の前線の影響でめまぐるしく天気が
変わる銀座界隈です。


今シーズン最後の渓流釣行でした。
台風の影響が懸念されましたが、己の晴れ男チカラを
信じて(笑) 強行でした。
かなり怪しい状態でした。

20190921036_R.jpg

初日冷え込みがきつく 日中も日差しが無く 寒い一日でした。
寒い日には 鍋物ですねぇ~

7-11のおでんパックです。

20190921023_R.jpg

地域的な味付けでしょうか? 濃いめの出汁が丁度良いです。
ちょっと揚げ物が多いかな.....

あらかたおでんを食べたら 「うどんレトルトカレー」 追加です。
あっさりとしたカレーうどんになりました(笑)

20190921026_R.jpg

寒い日には最高です。
暖まります。

肝心の釣りですが、冷え込みもありましたので
本流から産卵で大物が上がって来ているに違いない、と
支流近くの沢へ。

20190921016_R.jpg

居ることには居たんですが.....なんかぁ~
とても本流からの人では無くて 居着き君ばかりでした。
あららまだ上がって来てないのかしら?

それなりのポイントには 陣取っているんですけどねぇ~
6~7寸 の山女魚君、オドリバエの反応が良かったです。

目視では存在が判らないのですが............ 食事をしていると
飛んできます。
まぁ、オドリバエと云うよりも、ただのハエっぽいですけれどね。

20190921013_R.jpg

嫁は山女魚を15本位、僕は2本 釣りました(涙)
嫁、合わせ方がワンパターンで 竿を上に揚げる それも
途中から左手を添える なので合わせ損ない、ファィティング中の
バラシ多いです。

障害物が有ったら、竿先を水面と並行に動かして合わせて見たら
如何でしょうか? と 具申するのですが............ダメです(笑)

20190921030_R.jpg

もぐもぐタイムは、ねじりドーナツ 無茶苦茶に甘かったです!
1日目は無事に終了しました。




2日目 天候が心配されましたが、入渓時は生ぬるい曇り。
昨日よりも気温が下がらなかったようです。
水温は11℃ 冷たいです。

昨日、支流近くの、でも大きめの沢のほぼ分かれ目でしたが
今日は一気に標高を上げて 源流近くにしました。
3日目は どー見ても台風が接近するので 実質今日が最終日。

嫁のご希望は 「岩魚」 でございます。

20190921019_R.jpg
 
風も強いことなので、樹林帯の方が多少 影響が少ない
だろうという目論見も。

ちょっと温い感じだったので、コンビニパンと栗カボチャスープを
買い込んで来ました!
僕、個人的には 釣りよりもランチが とても重要で楽しみです。

20190921010_R.jpg

林道を15分ほど歩いて、春先? 今年2回目訪問の小渓です。
林道から渓まで林を抜けて、ライン・フライをセット。
嫁がいち早く川に突入していきました。

いつものことなので、僕はゆっくりのお支度。
フライをティペットに結んでいる最中、川から奇声が おぅおぅ
ぐぇぐぇ、ひょぇひょぇ、聞こえてきます。
その後、沈黙............

今日の発狂は重症だなぁ〜 と林から川を見ると............
しゃがみ込んでいる嫁。

20190921008_R.jpg

ほぼ尺だけれど、僕のプライドのために 泣き尺だな と言い捨てて
(心の中で) 良い形ですな 写真をお願いします〜〜
久しぶりの良形で ご機嫌の嫁。
その後も、5〜8寸を相当釣り上げて ご満足そうでした。

ごく希に僕の番になりますが............
気のせいでは無い、凄く小さな岩魚がフライをつっくです(笑)
10cm位かな、この時期に 君たちいつ生まれたの?

孵化に3ヶ月 10cmに育つのに春夏を超えてきたとしたら
4ヶ月足して7ヶ月。
今年の2月辺りに産卵した? 一番寒い時期に?
不思議です。

20190921047_R.jpg

1日目と比べてぬるい分 魚の活性は良かったです。
ストマックはニンフばかり、フローティングニンフよりも
反射食いのカディスに軍配が上がりました。

シロハラが散発的にハッチしてるんですよねぇ〜
もちろん、岩名君はご飯の認識無いみたいですけれど。

午後になって、時折 小雨がぱらつき風も出てきましたが
朝からカッパ装着で釣り続行。

雲が厚さを増して暗くて フライが見えなくなるまで
シーズン最後の釣りを 「嫁」 は楽しみました。

3日目はゆっくり帰路に。




お陰様で 今シーズン、怪我もなく、沈もなく 無事に釣りを
楽しむ事が出来ました。

また来年も............










































【2019/09/24 18:24】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
三文は約100円

朝晩の冷え込みが秋の訪れを感じさせ......
この日中の暑さ、何とかして欲しいところです。
ぬるい南風の銀座界隈です。



週末連休に釣行してきました。
初日、2日目と天気に恵まれて 爽やかな秋が来てました~

道の駅で仮眠していても、快適に熟睡です!

20190914012_R.jpg

いつかは本流(枝沢の支流)と思いつつ、日光に当たると
しおれてしまうので、枝沢樹林帯へ。

鮎もほぼ終わり 皆さん渓流に戻ってこられているのでしょうか。
どーー見ても、「渓流釣り」の車と行き交いますねぇ(笑)

初日は南面の沢へ。
20190914073_R.jpg

渋いです。
淵は 見に来ますけど 匂いを嗅いでシェルターへ帰宅。
....... もう少し、やる気出さない?

たぶん、気温が一気に下がったの? かな。
遠征組は 天候の連続性が判らないから 初っぱながキツイ。

20190914003_R.jpg

昼を回り 午後になってから 8寸クラスに馬力が出てきました。
って、渓を見て回ったので 入渓が10時過ぎ。
12時には、豪華な(笑) 昼食です。

暑くも寒くも無いので、普通にパン、スープ、珈琲です。
スープは 栗カボチャ+コーンスープ が今のお気に入りです。
栗カボチャ だけに成らないのはコストの問題です。

夕食もコスト重視で ラーメン単品となりました。
※スーパーの半額品を数点買うと 結構良い金額になるですねぇ~
今週末も釣行予定なので、厳重警戒出費抑制政策中です。

20~26cm 嫁13匹 僕2匹 で無事終了。
良かったフライは フローティングニンフ黒 #18



2日目は ちょっと目測を誤って 下目の渓へ入った、暑かった。

20190914064_R.jpg

少しだけ山女魚が出た。
登ってきたヤツかな?
明らかに、居着きの小ぶり君もいる。
久しぶりに ぐるんぐるんの引きを楽しんでいる嫁。

3日目の天気が悪そうなので、夕方遅くまで頑張る。

20190914016_R.jpg

岩魚域へ突入です。
岸辺の草が変わり始めるので そろそろ「岩ちゃんかな?」

初日の岩魚は 赤い斑点が少し有って ブルックっぽい
見た目だったけれど ここは普通に岩魚だった。

相変わらず 僕は暇なので キョロキョロ.......

20190914033_R.jpg

こんなキノコを見つけた。
火焔茸とかいうなまえだったりして と想像した。
食べたら笑うのかな? 

20190914034_R.jpg

他のキノコと混じって 群生していた。
ここだけだったけれど。

20190914025_R.jpg

もーれつに暇だったので こんな写真を撮ってみた。
6ft1inch #1  ラインも1番   魚は無し
嫁は快調に 釣り上がっている......

反応が良かったのは カディス 
1Xショートにオーバードレッシングで ボテッとしているヤツ。
しゅれっと流線型は 良くなかった。

何か他の虫に見えているのかも知れないなぁ?
一応、岩魚くんに聞いてみたけど パクパクしてて良く判らない。

林道に戻った時には かなり暗くなっていた。
嫁 15匹  僕 3匹(山女魚0)




3日目  なんと嫁 4時に起きてゴソゴソ 外は雨。
釣りしゅるの?
帰ります とキッパリ 

雨の連休3日目、ご想像の通り 人出も少なく 道路は順調快調。
なんと昼前に帰って来れました(笑)
お昼代が浮いて助かりました!

まぁ、カットサラダと食パンを買いに行かされるハメでしたが、
外食に比べればお安いご用でございます。

早起きは三文の徳........うふっ







































今週末は天気悪そう......


【2019/09/17 16:58】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
金風

相変わらず蒸し暑いです、が朝晩 少しずつ気温が
下がるようになってきました。
湿度が高く曇り空の銀座界隈です。


今日から新学期なんですね~
いきなりガキ もとい、お子様達が湧いて出ました。
周辺に自転車の駐輪が増えて、あっちこっち歩きにくいです。



週末釣行行きました。
慌ただしく出発した割には、何事も無く無事に.......

20190831021_R.jpg

曇り時々晴で 標高が高いのか、北斜面だったから?
時折、風が吹くと少し寒いくらいでした。

日が出ると 一気にメマトイ君襲来です。
新兵器の威力は凄まじく 風量も十分でした。
何よりも足元が見られるのが とても安心(笑)

20190828004.jpg

補充電しながら 風量「中」で 6時間。
10000mAh のバッテリーで35%消費で済みました。
なかなか良い感じでした。

欠点はフレキシブルアームがファンユニットの自重で
垂れ下がってくる でしょうか。

安価品から高級プロ用まで 大量に出回っている
ドローンのファンユニットの流用品ですね~
まぁ、アイディア商品です!

20190831003_R.jpg

釣果はいつも通りで、アベ20cm 嫁が20本、僕が数本。
里は暑いので、岩魚域....しか、考えられません~

アブ君の季節が終了したようで、少し飛んでいるくらい。
蝉の鳴き声もヒグラシに変わって、もう秋なのかな? でした。


2日目
朝から曇りでしたが、だんだん回復してきて気温も上昇。
こりゃ暑いかな? 南面の沢は失敗?

20190831011_R.jpg

昼近くからは ずっと曇りで過ごしやすかったです。

20190831030_R.jpg

あら? サルノコシカケ?
って、こんな形のは 何でもサルノコシカケ.....
スーパーで売っているキノコ以上の知識が無いんだな、僕。

好きでも嫌いでも無く 出されりゃ頂く.....だったけれど
六日町だったか? レストラン雪国で食べたマイタケが
凄くエグくて..... マイタケは苦手になった(笑)

知識が無いので、キノコの拾い食いはやらない。
これ以上 ヘラヘラ笑い続けても幸せは来ないと思うから。

20190831031_R.jpg

近くに群生? してた。
生えやすい環境があるんですかねぇ?


そー-云えば、初日、2日目のお昼はパン、初日のもぐもぐタイムは

20190831034_R.jpg

7-11の栗小豆。  死ぬほど甘いですた~
とても珈琲無しでは耐えられません。
まだ、ザラメ糖を舐めている方が....良いくらい甘い。

嫁も無言 しくったか?
食べ終わってから、次は買わなくて良いよ、の御慈悲。
疲れた頃に甘い物が良いだろう~ だったんだがなぁ。
まぁ、モノには限度があります。



もうちょっと涼しくなったら 本流差しの山女魚狙いに行ってみたい。
暑さ対策優先で 行けないかも知れないけれどね~

渓の水も冷たくなってきて 街道沿いにはブドウが列んで
しっかりと 「秋」 ですねぇ~


















































【2019/09/02 15:51】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ムペンバ効果

昼から夕方にかけて降雨の予報でしたが
全く気配がありません。
蒸し暑い休み明けの銀座界隈です。


夏休み釣行に行ってきました。
なるべく高地・樹林地帯を狙っての入渓です。
何しろ 里は35℃の暑さですから.......

初日は 7-11でお蕎麦を買って 適当は見当で深夜に
林道を上がりました。
川は見えないけれど 仕方がありません。

20190812110_R.jpg

それでも明け方からピーカン、車内ムンムン。
寝てられなくて エアコンを入れました。

エンジンをかけた途端に コンコンとボディアタック。
そうです、アブ君です。

20190812100_R.jpg

強烈に大きい4~5cmやら 目玉の黄色いヤツ、緑色のヤツ
車のまわりを渦を巻いて飛んでいます。

記憶だと例年 8月の1週目あたりなんですけれど......
今年は少し遅いでしょうか?
熱源、赤外線、黒色、を察知して襲撃するようです。

20190812014_R.jpg

防虫対策は万全なので 有る意味 良い傾向です(笑)
5月連休、夏休み 期間は どうしても渓が混み合って
陣取り合戦的な状況が起きやすいです けれど これだけ
アブが飛んでいると.......

たいがいの方は 渓に接近するのを諦めてくれます。
車から降りる勇気は.....めげます と思われるです。

20190812022_R.jpg

車内でベープ、顔にはお子様用虫除け、首・手腕はディート34%
衣服・帽子はディート100% 作業・行動のたびに ハッカスプレー
ブンブン飛んでいますが 僕らには接近してきません~~

20190819001.jpg

こう云っちゃ何ですけれど、こんな調子なら 何処に行っても
場所取りで悩むことは無い...... と思われます。
てな具合で 4日間他の釣り人を見ることは無かったです~

20190819002.jpg

ところが、好事魔多し..... 藪を漕いだり 水に触れたり
フライをいじったり 手指の効力が落ちるんですね~
うっかりしていると チクリ! と喰われます。
何かアクションしたら ヤクを塗布です(笑)

20190812051_R.jpg

初日が とても暑かったので 2日目からはもっと高地へ入渓
しました。  岩魚域です。
今回はだいたい7~8寸の魚が多かったでしょうか。

何をやってもそれなりに暑いので 楽しみは昼食。
それも あらかじめ昼食の時間であろうポイントに 食材を
沈めて置いて 冷たいモノを食べる という企画です。

20190812088_R.jpg

20190812036_R.jpg

川の水が10℃以上有りますから 冷え冷えではありません。
それでも この季節に冷たいモノは助かります~

冷たい昼食となると 種類が限られてきて お蕎麦・そうめん・冷製パスタ
スープ・コーヒーも作った後に 川の水で冷やします。

20190812023_R.jpg

これが なかなかのモノで 冷製カボチャスープ(クノール)は
なかなかのモノですた。

20190812112_R.jpg

今回のヒット作。
冷たいネバネバ蕎麦 + 挽き割り納豆  とても美味しかったです!

黒酢ところてん  バカ旨でした~

20190812114_R.jpg

毎日 地元のスーパーで 特売品を買いあさりまして.....

20190812123_R.jpg

昼食、もぐもぐタイム のみならず 夕食もスーパー特売品。
何とか宿泊代を捻出しております(涙)

3日目に降雨がありまして...... そんなことも有るかと
ジャジャーーン!

20190812090_R.jpg

新しいタープを張ってみました。
中が広くて快適です。

本当は インディアンのテントを半分にした形状なんですけどね。
センターポール的なモノが無かったので ただ広げて張りました。


で、肝心の釣果ですが...... 
3日目を以外 嫁は爆釣 20匹以上50匹以下  僕は2~3匹
という圧倒的コールドゲーム状態で終了いたしました。

5日目は台風が接近してきて それなりの降雨で中止。
ゆっくり下道、帰路につきました。



無事に今年の大きなイベントが終了しました。
それにしても、渓に何をしに行っているのか サッパリ判りません。
殆ど 釣り時間は無く なんか竿を持っている意味が判りません。
達観解脱して 釣り道具を持っていかない もアリですねぇ~(笑)


帰ってきてから ネバネバ蕎麦 ばっかり食卓に.....
なんかハマってしまった嫁です。
無論 僕は飽きています。

オクラ・なめこ・納豆・めかぶ まぁ、体には良さそうですけれど....
直ぐにお腹減ります(笑)












































































【2019/08/19 17:12】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ