感謝

天気が下り坂、曇天で南風です。
今晩から降雨予報の銀座界隈です。



今季最後の渓流釣行へ行ってきました。
まさに最終日 弾丸日帰りでした。

峠の温度計は7℃ 晩秋、初冬の寒さ? でしょうか。
ライトに写る水田 稲刈りが半分程度で 今年の冷夏を
物語っていますた。

そんな天候なので、4時半から9時半まで車中爆睡(笑)
ドライフライだと こんな時間からの方が活性が良いんですね。
と 自己弁護をして墮睡......

20170930046_R.jpg

川は渇水でした。
まぁまぁ、実績のある所をせんたくしました。
下流目から入渓します。

釣り始めて間もなく 嫁が1本 山女魚を。
あぁ、これで安心してシーズンを終えられる......(笑)
ホット 一安心です。

20170930129_R.jpg

川の規模からしても 大物は少ないです。
基本水が少なくて 瀬が多い、落ち葉枯れ草が多い 的な
餌釣りの方が敬遠するような川ばかりを 今年は選んでました~

お陰様で釣り人に行き会うことも少なくて、気を遣う事もなく、
ただ森の動物さんには 痕跡・遭遇・臭い 多数でした。
今回もカモシカ君 お会いしました。

で、今回も目撃尺上は4匹、キャスティングレンジに入る前 か
フライが落ちた途端 逃げられるのね。
だから大きくなれる ともともとも(涙)

20170930120_R.jpg

嫁が順調に釣果を伸ばしていきます。
最後だからか、こちらの順番がなかなか来ません......

それならそれと対抗策、2級ポイントをすっ飛ばして 良い所だけの
狙い撃ち...... 少しだけ大きめのが釣れますた。

まーこうなると、ますます順番が廻ってこなくなります~

20170930137_R.jpg

支流から枝沢に登ってきた魚でしょうか? 
サビの入っている、お腹がプックリしている、そんな個体が
多く居ました。
確実に季節は進んでいますねぇ~

今回は届いたばかりの 6ft #2 を使いました。
カエル色の竿です。
全体的にロッドコートが厚くて 折角のブランクが勿体ないなぁー
ちょっとダルな仕上がりになっています。

20170930150_R.jpg

この川のこの状況、僕の投げ方だと 2番は強すぎます......
やはりライン自体が重いです。

短めの0番以下が有れば面白いんですけどね~
そんなキワモノは有りません。

本人の納得の問題ですから、仕方の無いところです。

20170930030_R.jpg

上流へ上がるにつれて岩魚が混じりだしました。
ここの川は 細長い岩魚が多いでしょうか。
太さの割に長いです(笑)

かなり小さな虫のハッチ 小さすぎて判らない の蚊柱。
たまにシロハラ、シマトビケラ  
山女魚はイワイイワナ~コーチマン 岩魚はコーチマン で。
サイズは#16 が良かったです。

20170930104_R.jpg

昼過ぎから小雨、 気温が一桁で雨は堪えます。
メリノの長袖を着ていたので 何とかしのげました。
それまでは、ちょっと暑いくらいだったですけれど(笑)

嫁が釣り上げたタイミングで終了。
最後ということも有って、5時まで遊び尽くしました。



今年一年 私たちと遊んでくれて 地球に感謝です。
また 来年も健康で川に通えたらいいなぁーー
































































スポンサーサイト
【2017/10/02 16:48】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
嫁 爆発

秋晴れの東京銀座界隈です。
今年は残暑も......今のところ厳しくないです。
暑さ寒さも彼岸まで でしょうか。



週末、ラス前の釣行に行ってきました。

s20170923179.jpg
晴れの2日目

今季は大河川の支流の沢、枝沢へ行っておりす。
まぁ、どこも同じような景色......だいたい標高900mほど。
急峻な山系ではないから、足腰が弱り気味の我が家では大助かり(笑)

で、初日 予報に反して雨、9時過ぎには小雨、霧雨になって
オールディロング でも渇水。

s20170923026.jpg

渇水は釣りが難しくなるので 嫌いだなぁ~
嫁に遠くから ソフトプレゼンで...... と。

レンジが遠いとパラシュート系は投げにくい。
風に弱いし、変な回転してティペット撚れるし、
アイ付近のハックルをカットしても 改善は僅かだし。

スタンダート同じハックルを厚巻きして 浮力を稼ぐしか無い。
ほとんど稼げないけど(涙)

s20170923014.jpg

気温16℃ 小雨 たまに微風 
昼前から 活性が上がり始めて 良いペースになった。

7寸前後がアベレージ。
贅沢を云わせて頂ければ、 この川はちょっと小ぶり。

相変わらずだけれど、この時期に うーーんと小さい魚が居る。

s20170923133.jpg

いったい何時生まれたんだろう?
人の世と同じで晩婚、春先に産卵したのだろうか?
だいたい鮭ます類 積算400度だったっけ? 孵化まで。

この大きさ 生後3ヶ月 孵化まで1ヶ月
今が9月終わりとすると、 うーん GW後の産卵?
不思議だ。

午後 嫁 爆発!
どこに投げても 魚の居るとこをフライが流れる? みたいな。
どうしたんでしょう この人。
一生分の運を 使い果たしている感じ。

と、思いきや 尺2寸ほどの大イワナ ランディングでバラして
溜飲が下がった。
ひどく残念そうな顔をしてみる。

そこそこ釣れてくれれば、家庭的に安泰なんだがなぁ。
いやいや待てよ、釣り上げていたら豪華な夕食だったかも。
ぅーーん、それは無いか......


s20170923151.jpg

今年は キノコ 豊作なのかな?
やたら目につきます。

里では 稲刈りがまだまだ全然 手つかずなのに。
冷夏で実が入らないのかな?
素人だから判らないけれど、凶作なのかもしれません。

s20170923153.jpg

キクラゲ(調理済)みたいなキノコやシメジみたいな群生。
後ろで鈴を振っていて暇でキョロキョロ、小雨で四つ足臭いと
キョロキョロ クンクン  キノコが目につきます。

知識があれば きのこ汁 とか 楽しめるのになぁー
特別に大好きでも無いから、知識もないままなんだ。。
出されりゃ食べる っていう所かな。

結局 一日小雨・霧雨。
気温上がらずで、メリノ長袖、化繊シャツ、厚手カッパ の
出で立ちでちょうど良かった。



s20170923006.jpg

2日目 沢を変えて スポーニングヤマメ狙い。
初日のちびっ子を見ると 全然自信がなくなるけどね~

4時に起きて......って 嫁が疲れて早寝。
なんと、9時に電気を消された(笑)
そりゃぁ、早く起きますわね~ しかもお歳だし、僕。

釣り始めが7時前ょ。

ヤマメ狙いなのにイワナが出る(僕)

s20170923020.jpg

今日も 僕は 6ft #1  嫁は成功体験の 6ft #2
フライ 僕はコーチマンパラ #16 嫁は成功体験のイワイイワナ。

イワイヤマメ? イナイヤマメ!  うふふふ

渇水で見える魚も フライが落ちると逃げる。
流芯の脇で勝負です。

シロハラの飛翔...... だけど、正解はコーチマン。
立て続けに、僕ヒット。

s20170923121.jpg

嫁もすかさずフライ交換 で 爆釣の始まり。
別に「爆」でなくても、そこそこ釣れてくれれば 家内安全なんだが。
毎度の事ですが。

遠目から投げるから 悪い癖の竿を立てる も出にくい。
フッキングもしっかりするし、ラインをたぐるし、フォールしてシュート。
遠くから投げろ (ましょう~)の方が 嫁は良い釣りになります。

s20170923125.jpg

嫁、フライをロストして 合うサイズが無くなったのか ピーコックボディの
パラシュート #16  

初日ほどではないけれど...... 良いペースで釣果。
イワナに比べるとヤマメは居場所が違うからねぇ~

レーンを合わせれば、その気があれば、目が良いだけに
シュタッと来るもの。

s20170923186.jpg

良いサイズが獲れたところで 退渓。
ところが、10mほど先のポイントをやってから上がる。。。と嫁
そこでも1本 ヤマメを釣り上げた。

もう、今年 これで終われるね~

来週、弾丸日帰りで来ます!   (きっぱり!)

ぁー そうですか......来るですか




お昼前にRTB
早起きしたから帰路が眠いです。


帰宅後、ロンレィ君からの竿 不在通知になっていました。




















































【2017/09/25 12:23】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
きのこの山

涼しい日が続いていたので ここのところの残暑
身体に堪えます。
今日の予想気温は30℃。
かなり蒸し暑い銀座界隈です。



週末釣行してきました。
相変わらずの中東北地域です。

年間魚券の川、地図では川があるハズなんだけれど、
たどり着けない支流。

他の支流から 枝林道で........
迷いに迷って、入渓出来ました(笑)

s20170909001.jpg

砂防堰堤とか有れば、工事のための林道が整備される
ハズなんですが、堰堤も無いようだし........

入ってみたら、まぁ 同じ様な渓相でした(笑)

本流との接続が不明なので、産卵のサシが昇れるのか
判らないけど、期待して下から(林道出会からね)

s20170909012.jpg

良いサイズのヤマメ君が飛び出してくれました。
あまりサビてないかなぁ~

まま、川幅があるので 嫁は2番6ft 僕は1番6ftです。
先日入手した1番、お気に入りで使っています。

初日は硬めの方、2日目は柔らかい方を使いました。

s20170909019.jpg

フォワードストロークを押し出すような気分で、
最後にスナップを使ってティップを返す感じ
ロッドストップも軽く止める位が........

アワセはモロ延べ竿、へらのアワセにイメージ、かな?
うーん、へらでも反発のもあるから........
ストリッピングガイドあたりを跳ね上げるというか、
言葉にすると難しい(笑)

※へらは箱釣りで正味1年、20釣行くらいしか経験が無い。
だから語る資格はないけど。
10尺・丈3・丈5 お安いのでやってた。 

バイオ とか 巨べら くわせは 劇グルにんにく~


s20170909103.jpg

嫁が 50年に1度の 記録的短時間釣果!
どうなっているの? この人 状態。

後ろで鈴を振っているんですけど僕、嫁のネットから
お魚のオイニイが漂ってきて........ クサイ!

好事魔多し

嫁、段差の深みで足を滑らせて 「沈」
ベルトで浸水は止まったみたいだけれど、上半身ずぶっと。

s20170909015.jpg

シャツを絞って ついでに昼食。
化繊だから体温で乾くまで ちっと寒いけど仕方ない。

朝、冷え込んでいたので、メリノウールの半袖を着ていた
から 被害少で済んだ。

午後の部、普通に釣果........  で 夕方まで。



2日目、早起きして11時のリミットまで。
初日退渓した所からの入渓 同じ川へ行った。

しばらくはヤマメだったけれど、だんだんとイワナに

s20170909023.jpg

それとあいまって 樹木・地面にキノコがたくさん。

知識が全くないので、獲って食べようとは思わないけれど
まぁ、凄い種類と数。

生きていると思う木にも生えている。
(生えるものなの?)

s20170909164.jpg

しいたけ、しめじ、なめこ、まいたけ、まつたけの香り
しか、それもお店で売っているモノしか食べたこと無いし。

食べてへらへら笑い始めたら困るからねぇ~
お腹が痛くなっても 病院や斎場まで遠いでしょ?(笑)

ちょっと見回して こんなのがあちらこちらに。
ちょっと気持ち悪い位 居ました。

s20170909162.jpg

マツタケとか 生えてても判らないし........
永谷園のマツタケのお吸い物 の匂いがするものなの?

あの匂いが漂ってきたら きっと判ると思う つもり。
川辺の雑木林には生えないんだよね、マツタケは。

s20170909157.jpg


2日目の釣りの方は、いまいちフライが絞りきれず 何でも
反応するけれど........

嫁は基本イワイイワナ でも頻繁にローテーションしてた。
僕はコーチマンパラ。
鬼の分だけ嫁は釣り上げていたけれど、そんなに差が無い感じ。


初日2日目 と良かったのは イワイイワナ(チャコールブラウン) 
カディスフックの#14・16
コーチマンパラシュートノンテール(マホガニーブラウン)

ブユ・ブヨが居なくなったけれど、ハエ? 小さいのが
飛んでいて、#18・20のカディス(ブラック)も。

って、ハイフロート、べったり、半沈 ........
まぁ、どれかが どーにかなるんじゃない?  お猿思考です。
さっぱり判らない時の常套手段ですね(笑)




今週末は釣行予定無し。
本家のお彼岸、警察署出頭、車のAT・エンジンオイル交換
それぞれ1日潰れます。

































































【2017/09/11 14:48】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
1366w

朝から小雨が降ったり止んだりしています。
気温もぐぐっと下がって25°Cに届きません。
秋の陽気の銀座界隈です。



週末天候が危ぶまれたけれど 東北へ釣行。
途中 降雨に有ってこりゃダメかも~

日本海側へ入ると、おやぁ?
思ったより路面が濡れていません。
水たまりが少ないんですよね。

出発が遅くなったので、道の駅到着は5時。
速攻で仮眠です。

s20170903002.jpg

垣間見られる本流は............濁っていないし、水量もふつうに見える。
降雨は 時より霧雨。

支流で流程が短くて急な 支流(沢)を選びました。
林道を登って行くと遠目にみえる川は.....
なんか水 少ないんですけど。
橋を渡る時に見たら、やっぱし少ない。 

あれ? アメダスでは結構降っていたのになぁ。
嬉しい誤算です。

霧雨の止み間で入渓です。
ほぼ15時には、源流のちょろちょろで終わる行程。

嫁はイワイイワナ 僕はコーチマンミッドシップパラシュートノンテール。
減水しているんじゃ? の緩流帯で出ますが、喰いが浅くて
バラしの連続。

s20170903007.jpg

嫁が怒りでリズムが悪くなってきたところで昼食。

天気予報は大幅に外れて、ちっとも雨が降りません。
気温12.8℃ 降雨も考えてメリノウール薄手長袖に
厚手のカッパ、段差を巻くと暑いです(笑)
挙げ句の果てに、日が差してくるし............

いつもより長めの食事で時間をつぶして 午後の部突入です。
川も斜面が一段高くなったあたりから、魚が乗るようになって
嫁もご機嫌です。

岩が荒くなって、その流れ出しにやらに砂が有るような所で
ペアリング? し始めているようです。

産卵に良さそうな場所では、数匹でどつき合いしてます。

s20170903112.jpg

嫁がおちびちゃんを。
ちょっと気が早くない?
ここの魚は、二期作か?(笑)
どーなると この時期にこのサイズが居られるのかねぇ?
不思議だ。

流程の最上部の大淵で、嫁 尺上を仕留めました。
万事めでたし です。

s20170903160.jpg

なんだかんだと終わってみれば、2寸〜尺まで20以上の嫁。
ちなみに、僕は3つでした。

まぁ、次から次へ ポイントで魚が掛かれば、疲れもしないし
担当交代も有りませんです(涙)
結局、予定を大幅に超えて17時近くまで遊んでいました。

ハイテンションでご機嫌な嫁に、味噌ラーメンをご馳走になりました。

天気予報、ちっとも当たらん。
まぁ、良かったんだけどね。



s20170903042.jpg
入渓早々、リリースの図

で、2日目 いつも帰りが大変なので早起きして11時に川上がりの
予定です。

相変わらずご機嫌な嫁がどこにする?
(ファンタジー・アゲイン)

地域としては降雨はあった、この一週間。
本流の山女魚が産卵で遡上しそうな所、で選んでみました。
淵と緩瀬の連続です。

s20170903157.jpg

しゃもじのような山女魚君。
成功体験にすがる嫁は、今日もイワイイワナ。
困った事にこれが的中してしまいました。

僕のミッドシップアントパラシュートスパイダーもどき には
見に来てさよなら、とかちゅー逃げ............

ポイントと魚を無駄にしやがって、の尖った視線に唇を
噛みしめながら、イワイイワナに変更の僕。

s20170903051.jpg

ほぼ思惑通り、ゆるい小砂利底に山女魚が着いています。
身重まではいきませんけど、まぁ ぷっくりとしたお腹です。

成功体験にすがる嫁は 今日も2番6ft。
僕は、風が強かったので3番6ft6inch。
やっぱり出が違うのかなぁ?

ロングリーダーが使いにくい小渓流だと、細いラインがリーダーの
代わりをしてくれて、リーダーよりもフライのコントロールが効くので
後ろから見ていても釣りやすそうです。

まぁ、黙ってリーダーバット部を50cmほど長くしておきましたけれど(笑)
嫁、何か云うかな? でしたがスルー、8ft弱のシステムを使っていました。

s20170903019.jpg

6つ目山女魚 僕、釣りました。

ローリングして寄って来た時に 何か何処か変だな と
思ったですけど............ 何か凄い 自然って凄いょ〜
君はウナギに成りたかったんだねーーと、理解しました。
 
予定通り11時退渓です。
この上は、ちょっと段差が出てくるので、頃合いも良かったです。


それにしても、天気予報 大はずれ!
山の天気だから、所に拠っちゃうのでしょうか?
結果オーライだったので、助かりました。

陽気は良いし、アブは居なくなったし............
嫁のワガママで予定外の釣行でしたが、めでたしめでたし。

早く帰ってきたので、その日のうちにラインと竿の手入れが
出来ました。
それにしても、僕の部屋にぶる下がっている嫁のベスト、
背中のネットから魚のオイニイがきつい(涙)


イワイイワナ(茶) 10本のオーダーが入りました。
週末の釣行までに何とか巻かないと............


























































































【2017/09/04 17:41】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
自然相手

朝は過ごしやすく、涼しい風が吹いていました。
今週は30°を越える予報がありません。
このまま秋に突入でしょうか な銀座界隈です。



週末、釣行してきました。
北上するにつれて、所々で雨。
仮眠の道の駅では豪雨でした。

屋根をこんこん 叩きつけるような降りです。
あーー洗車してくれて、こりゃ良いわぁー と
ぐっすり寝ました。

s20170826008.jpg

林道入り口 雨で草が倒れてます。

林間に入ると 泥濘状態 うーーん濁っているかも

だんだん 嫁の顔が般若から鬼へ........

一番濁りそうもない川を選んだんだけどなぁ~

s20170826001.jpg

こんな感じ。
まぁ、仕方が無い 自然相手だもの。
曇りで回復傾向なので、これ以上降ることも無いだろう
で 入渓。

ちょいとした緩流帯、10センチ四方?(笑)の
ポケット狙いですねぇ~

s20170826007.jpg

昼過ぎまではアタリが少なく 水も濁り気味。

大きなフライでアピールしますが 咥えきれない
アタックが多く ちょっとストレスです。

ゆっくりと昼食をとって 再開した頃から
順調に釣果が伸び始めました。

s20170826005.jpg

ターゲットポイントが小さいので スナップキャスト、
ボーアンドアロー、奥の手の提灯 ですね(笑)

お下品なので やりたくはないけれど 白泡がスクリーンに
なるので 接近戦の提灯も 6ft竿で いけます........

彼らも緩流帯に避難しているのか、泳いで居る姿が視認
出来るので、狙い撃ちしました。

1日終わってみれば、十分満足な釣果でした。

2017-08-24_20-27-12_208_R.jpg

張りの弱い方、後から届いた 6ft を使いました。

よく言えば、累進的なカーブ、曲がりなので、全長が上手く
生きている........
僕の振り方がダメなんだろうけれど、パワーのポイントが
どこに掛かっているのか さっぱり判らない。
降り応えの無い感じ。

釣り人は我が儘だから(笑)
まぁ、使えます(当社比)


2日目 お昼までしか時間がないので、初日と斜面違いの沢へ。
西斜面なので 折角の晴れなのに日差しは無し。

これが敗因でした。

同じように降雨が有ったハズ。
ところが日差しが入らない分 水温が上がらずに 激しく
活性が低い 低い 低いまま RTB時間。

s20170826106.jpg

もう少し下流側から釣り上がれば良かったのかも。
増水という先入観と釣り人の性で上流に行っちゃうんだなぁ~

ネットインの寸前で外れる事が多くて 嫁もストレスぎみ。

後ろから 認定1本 と声を掛けますが ご満足頂けません。

s20170826112.jpg

食いつきの良い 小型’s の釣果になってしまいました。


濁りが有ったので イワイイワナ(赤・黒・黄)
水が澄んでからは コーチマンミッドシップパラシュート
カディス#18 とかとか 

s20170826012.jpg

こういう状況で スパイクピン 効果絶大でした。
靴底を通して グリップ感が感じられて 良い感じです。
1足で12本 十分かな~




納得できないご様子........
来週も釣りに行くとか言い出すかもなぁーーー
































































【2017/08/28 14:49】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ