新人研修

ようやく過ごしやすい季節になりました。
頭も体も 虚弱なので、こういう季節が大好きです。
秋も好きな、銀座界隈です。


崖から転落して、更新をサボっていた訳では........

4月になって、相変わらずの人事異動に伴う
ネットがらみ、LANがらみの 移設・設置作業。

なんで、偉い人が変わると 組織と人を動かしたく
なるんでしょうね?
猿山と同じで、力の誇示でしょうねぇ。

挙げ句の果てに、新人研修の担当に(笑)

なんかこの4月は 珍しく繁忙だそうで........
あーーー、暇なのは君しか居ないから などと
全くもってごもっともなご指示により 12名のバカ
もとい、貴重な新人君のご接待役。

毎日、研修報告を書いているらしいので、手を抜く訳にも
いかず それなりに まともそうな事を 云えないのだがな。


で、心身共に衰弱していたので、週末に
銃砲の検査が9時前に終わってしまったので、返す刀で
釣り道具を積んで 近場へ行ってみました。

DSCN0225_R.jpg

入渓は12時過ぎ。
釣り人の形跡 プンプンですけど もう稜線を越える
時間がありません。

支流から ここで良いやー の沢

記憶では 魚の放流がない支流 の 沢........
まぁ、居ないでしょうな~
そんな所なのに、釣り人の形跡多数ですもの。

DSCN0222_R.jpg

僕がこんな写真を撮っている = 釣れない

まぁ、久々に森林浴をしたと思えば、です。

入渓して直ぐ、ちょっともたもたしていたので
嫁はさっさと遡行していきました。

僕は、ちょっと下がった落ち込みの巻にフライをポトリ。
ちょびぃ と出ましたが どーー見ても 5cm(笑)

シロハラの他に カディスが飛んでいたので CDC
カディスに替えて。

巻だから、しつこく ぐるぐるぐるぐる。

15cm位でしょうか、イワナが出ました。

ほとんど胴突き状態で ラインに余裕が無かった。
(あると巻に定位しない........)

フライを銜えて反転した所で 「さよなら~」

DSCN8171_R.jpg

嫁も 釣れない5cmども と遊んでいたようです(笑)

追いついた所で、パンを食べて遅い昼食。

良い場所もあるですけど、魚はいません。

嫁の後追いで 100%ポーター です。

他にする事が無いので、嫁の釣りを見ていました。

ちょっとした落ち込み 流れ出しで

山女魚 1
岩魚  1

竿が曲がって その後 バラしたのを 見ました。

DSCN0226_R.jpg

良い気分転換が出来ました。


さて、GW 北関東でこんな感じですから、東北は
どーかなぁ?

日当たりの良い斜面の川を選んで 突入するしかないですね(笑)

































































































スポンサーサイト
【2017/04/25 16:43】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ひと月遅れ?

いきなり夏日 体の調子が狂ってしまいます~
銀座の銀杏並木も 葉が出始めました。
今晩から雨の予報の銀座界隈です。



週末、釣行してきました。
雪代が出ています。
例年、場所によっては、もう収まっていて良いハズなんですが。

南斜面は代にやられそうなので、北斜面へ。
ところが、どういう訳か 雨........

なんか悪い事しましたっけ?

気温は5℃ 雪ではないけれど、寒い。

S20170415021.jpg

ようやく 嫁に出ました。

ロープで徒渉させたあと、ふと脇に 良い巻が........
何となく 匂った。

脇にずれて ロープを片付けていたら 後ろで気配。
振り向いたら 竿が曲がっていました(笑)

まぁまぁのサイズでした。


S20170415044.jpg

ところで、こういう出で立ちです。

ベストに飲み物1L お昼ご飯 登り用具 折りたたみスコップ
腰ベルトに 登り用具 カンジキ2人分!!!

巻&巻 でお魚と戯れますた。

カンジキの出番無く 締まった雪を歩いて退渓出来ました。



S20170415050.jpg

お天気良く 昨日濡れたベストやら 乾きそうです。

ちょっと臭いが気になりますけどねぇ~

狙っていた沢が 雪で入れません。
春以降 葉が茂ったら絶対に入れない細流です。

*流れは知っていたけれど、藪って入れなかった沢。

20mほど歩いて 何度かずぼっ! と足が埋まります。
緩んでいる所があるんですね。

S20170415052.jpg

ようやく出番です カンジキ君。

あーーーこれ、反則だねー というほど歩きやすい、です。

前任者の(笑) 足跡が無くなるまで登って入渓です。

まぁ、足跡がつかない方もいらっしゃる訳で、渋いです。

S20170415025.jpg

なんとか格好が付きました。

が、11時前には代が入り始め........  川が終わりました。


ちょっと気になった渓があったので、ウエーダーのまま移動。
水を見た嫁は そのまま入渓。

しかし、1時間保たずに代がぁ........

退渓で 僕はなんとか懸垂で上がれたですけど 嫁が。

このまま残して帰ったら~ という心の叫びを聞きながら
ループで1段ハシゴを作って。
支点が無いので、綱引きの様に 支えました。

土手上に脇まで上がれば どうになかなるモノなので
おおよそ50kg 2,3秒 頑張りました。
嫁が上手く土手上に上体を保ってこれたので 助かりました。

見捨てる 手を離す 知らない振りをする 、選択肢もありました。  







来週は銃砲の検査で警察へ行くので 次は もう連休です!

あれやこれや 準備をしないとなりませぬ。






































































WETで頑張ったのだが、水温が低くて フライを追いません!
季節が一月 遅いんじゃなぃ~?


【2017/04/17 16:40】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
あぶみ

ソメイヨシノが花開いてきました。
暖かだったり、冷え込んだりで 足踏みしてました。
4分咲きの銀座界隈です。


まぁ、開き始めたら我慢できなくて........(笑)
冷え込んでいるのに、どんどん開き始めちゃった~
そんな感じです。



週末、東北が一斉に渓流解禁しましたねぇ。
我家もようやく釣りモードに入りました。

いつもながら、道の駅で仮眠。
釣具店に寄って年券を2種入手するので、お店が
開くまでゆっくりと爆睡。

久々の長距離移動でくたびれました(笑)
年券を仕入れて近場の川から偵察です。

S2017-04-01_12-11-03_928.jpg

今年は2月に入ってから雪が多かったそうで........
ライブカメラで状況を把握していたつもりだった........

ただ、モノトーン・ホワイトだから 雪の厚みは?
たいしたこと無いと思っていたのだが(笑)

岩場で林道から入渓し易い所は、人だらけ(笑)
昼前に妥協の産物で 小渓流へ。


S2017-04-01_12-52-32_010.jpg


入渓するのに、ズボズボと雪に足が埋まります。
新潟で慣れっこなんですけど、カンジキが必要ですね。

冬ベストに、万が一(笑) 10mのアクセサリーロープを
入れていたんですが........

壁面から嫁を降ろすのに、早速出番。
ハーネスしてないけれど、腰縄でビレイ。
ズルズルと雪壁を削りながら川へ降り立ちました。

僕は、嫁の作ったスロープを滑り降りて........(笑)


嫁はニンフ、 僕はウエットですがほとんど出番は無し(涙)


S2017-04-01_13-08-30_783.jpg


寒くてハッチしたモノの 動けない........マエグロ君
あちらこちら、相当数居るんですよね~

こうなると、やっぱり乾き物ですね~

気温2℃ 水温5℃弱 無駄な抵抗ですね。
昼でこれですから。

十分に雰囲気を楽しみました。
と負け惜しみ。

雰囲気は良いのですが、まったく反応がありません。
まだまだ真冬ですね~


S2017-04-01_15-06-31_553.jpg


16時近くなって、そろそろ退渓?
ところが、雪の壁で昇れないんですね........

一部 土が露出している斜面で、そこまで4m登ると 
垂直面で頭の高さに林道。
その上の林道にガードレール有りです。

2度、斜面を滑落して(笑) 3度目に壁下へ到達。
ロープ君の出番で、嫁の腰縄で斜面上まで引き上げます........重い。

今度はロープを投げてガードレールに回して........
なかなか上手く回らないモノです。

何とか回して、支点確保。
ロープの途中で アルパインバタフライ。 膝上くらいかな。
ところがループが小さくて 靴が入らない(笑)

ちょうど良い高さにループが作れなく、結局もやい結び~
結び慣れたモノの方が 微調節ききます。

片足を掛けて登れば難なく林道へ登頂です。

嫁の足が上がる高さ>>低い ストローク>>短い
2段 あぶみを作って 最後はハンドシェイクで引きずり揚げ。


実は、こんな事も有ろうかと........(笑)
アセンダーと縄はしご、カラビナを用意したんだけれど、重そうだから
ベストには入れなかったんだ。

8mmのロープで、アセンダーが8~11mmのくわえ径。
アクセサリーロープは引っ張った時に径が細くなるんだよね。
そーなると、アセンダーがスリップしそうだから........なんて思ったの。

で、取り敢えず、ロープだけ入れておこう~ でした。
まさかこんな事で役に立つとはねぇ。



マエグロにライズでもあれば 楽しいのだけれど。
水温7℃は欲しい~ 乾き物には。


S2017-04-01_12-11-11_168.jpg


遡行だから、スノーシューは重い。
籐のカンジキが有ったはず........

折りたたみのスコップも持参?
装備が重くて 川歩けません。

そーでなくても、雪壁で川どうし 水の中しか歩けないので
淵は怖い(笑)
この水温で胸まで浸かりたくないです~




今年は、GW頃に雪代真っ盛りかも........























































































































【2017/04/03 15:21】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
祝解禁 なれど異常なし

祝 長野県解禁


長野県が解禁しましたねぇ〜........................

異常なし(笑)


DSCN8143.jpg

茅野分駐に短時間滞在だったので、時間が有ったら
の条件付で。

勿論、そんな条件など関係ない 嫁。

近所のあれやこれやで まぁ何とか時間を作って
K川へ

無論、この時期 水温4℃ 気温0℃ くもり
ちょっと無理筋でしょうか(笑)

DSCN8145.jpg

嫁は ニンフで頑張りますが............

まぁ、異常なしです。

久しぶりなので、キャストはめろめろ。
ましてや、浮きなんか付けてますし。

見ているそばから、フライをあっちに引っかけ 
こっちに引っかけ ロストばかりです。

DSCN8148.jpg

フライのシステムに 浮きなんか付けちゃぁダメでしょう?

広い川ならいざ知らず、枝や葦の有るような所じゃねぇ。

管釣りなら、リーダーの太い所にセット出来るから、まだマシ
だけれど、渓流じゃぁフライから30〜50cmでしょ。
誰がどう考えても、絡まります(笑)


僕は意味のないミッジドライで ほぼキャス練状態。
異常なしです。


まぁ、この寒さ 2時間でギブアップとなりました。

それでも河原を歩くのは やっぱり楽しい。
まだ、お祭り気分だしね。

慌てずに、今期も元気に釣りです、のお供です(涙)























































【2017/02/20 21:56】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
送り込み

地下鉄の排熱、ビルのガラスの反射で銀杏並木が
マダラに紅葉、落葉しています。
まだ青々と葉の茂っている銀杏もあって、何となく変です。
な、北風が冷たくなってきた銀座界隈です。



週末、雪国米所へ 鮭有効利用に行ってきました。
区間は4kmくらい有るんでしょうか。
上流部の数カ所しか良いポイントが無いらしい。
無論、人が沢山居て入れません(涙)

渋々、川沿いを下流へ........
ちらりと見えた川岸で、何か魚が跳ねたような おょ?

20161126003.jpg
何でもない砂利の川底 もしかしたら伏流水の出ている所?
いっぱい魚が居る、貯まっている、訳でもないのだけれど、
どうも一休みして、その後遡上していく一里塚みたいな?

嫁がタイプ3TIPで投げ始めて........
魚の気配が有る地点の手前で、底ズリして、届きません。

インターにTIPを交換して、スイングスピードにものを云わせて(笑)
強制的に入れます。

底に引っかかって ちょぃと竿を煽って フライが動いた時に
当りが来る そんな感じでしょうか。

20161126001.jpg

1匹ランディングすると、集まっていた魚がちりぢりになるです。
暫くおとなしくしていると、何となく寄ってきた気配(笑)

嫁が投げている下流で、そこの地域に入ろうとしている、であろう
魚を狙ってみます。

遠目に、何度か魚の姿を見られる筋? があって どーーも
底がチャンネルにえぐれているようです。

タイプ7で、底をズリズリ引きずり流すイメージですが........
ちっとも釣れません........(涙)

S20161126010.jpg

見える範囲を外れると そのチャンネルがどう繋がっているのか
判らないのです。

何となく ズルズルズル ふっ ズルズルズル の底の感じ。
この ふっ がチャンネル のはず。

初めのズルズルズルでは、竿をうんと立てておいて、 ふっ の
時に竿を倒して チャンネル内で送り込む........(つもり)

20161126002.jpg

これがちょっと良かった........(笑)

ラインの着水で魚 逃げます。
スイング<送り込み に分がありそうです。

ぶっちゃけフライは何でも良くて、真正面から流れてくる
小魚みたいなモノなら 喰いついて排除 の様に思えます。


S20161126011.jpg

天気がどうなるか判らなかったのと、現地で素早くセット の
つもりで、前日ゼーンにラインを巻いていった。

嫁が使ったのだけれど、カーボンディスクドラッグ 始めの一走り
しゃーーーと出て行って、それ以降は締めれば締めるほど
効きが強くなって 滑りは無い。

云っている事がどこまで信用出来るかの大問題はあるけれど、
F1のカーボンディスクも800℃まで温度が上がらないと
全く効かない........らしいから、そんなモノなのだろうか?

以前、僕が使っていた時は、そんな感じはしなかったけれどなぁ。
なんか、ディスクが水に濡れていた とか? なんだろう。



思い出したように、古いオービス竿を持ち出してきたけれど、
反発が遅くて弱いので、スカジットキャストと謂えども、
ロンチポジションでの待ちが長くて........(笑) 2時間で替えた。



今回は1日だけの有効利用調査だったけれど、なにしろ遠いから
それはそれで、良かったのかも。 雪、氷 慣れてないし。

今年はこれで実釣は終了です。
ひたすらキャス練です。

僕が入った所は、バックが全く取れない右岸。
ウィークショルダーのキャスト。
しっかりと左も練習しないと........ 課題です。














































































【2016/11/28 16:15】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ