また釣行でした。

台風が千葉県に上陸しました。
一気に銀座を目がけて北上してくるかんじだったけれど。

ところが、まったく風雨とも 激しくありません、今のところ。
中心に向かって吹き込むって、周辺部の方が風が強くなるのか?
中心部が強くなるのか?  全くの専門外だから判らない。

何にしても、情報操作? スピン? 大したことない銀座界隈です。



やっぱり釣りに行くですか?

週末、荒れ模様が予想された台風11号(コンパス)が東北海上を
北上している 真横で釣りをしていたんですが........

ただ単に 不安定な天気 程度で 全く気配がありませんでした。
奥羽山脈で遮られちゃったのかしら? 激しい渇水だし。

20160820003.jpg

水が少ないので、下流 里川へ。
夏山女魚 1里 1匹  7寸を1匹 嫁が掛けましたが
記念撮影のまえに逃亡、証拠写真なしです(涙)

500mほど釣り上がったところで、激しくストライクアラート!
見る見るうちに暗い雲が空を覆って、かなりの降雨。

まぁ、退渓し易い所だったので、速攻車に避難です。
なにしろ、避雷針を振り回しているようなものですからねぇ。

オニヤンも葉っぱの下で動かなくなるし........

20160820002.jpg

降雨で増水? チャンス? 濁るまでが勝負?
と、そのまま上流を目指します。

たかがか10キロ程度ですが、上流は降雨無し。
しめしめと川に降りた頃に降り出しました。

ストライクアラートは鳴りをひそめています?
ほぇ? こっちに雷雲はいないのかな? と釣り再開。

20160820108.jpg

さすがに上流 徐々にですが水位が増えます。

連休中に相当叩かれたであろう渓ですが、ほんの僅かな
増水のせいでしょうか、魚の反応が。

20160820115.jpg

濁りを予想して、黒のノンテールパラシュート+CDCポストウィング
2匹目が出て、嫁が快調に釣り上がります。

サイズは7~8寸 お盆休みで残った 2番手軍団でしょうかねぇ
しっかりと1級ポイントから出てきます。

天気も、晴れたり曇ったり雨降ったりの繰り返し。
思ったほどの量の降雨もなく、濁りも入らずに 少しの増水。
しめしめ でございます。

20160820109.jpg

ただカッパを脱ぐ訳にもいかず、湿度は100% 暑いです。
我家の夏季用カッパは 経済的理由と軽量である事を
重んじて........(涙)

ワークマン販売の作業用(タフだと思った) 一応、透湿素材を
使ったという、らしい 安価なものを使っています。

せいぜい、フードを被る、外す、前をはだける 程度の抵抗です。
べったりと、下着までべちゃべちゃに汗をかいてしまいます(涙)

20160820123.jpg

これ以上進むと、次の退渓点は2時間後 という15時過ぎ。
この天気だし、嫁も満足しているので、ここで、というポイント。

上からちょっと広めの段差 左右に岩 長さ10mほどの淵。
下から投げ込んで 少しずつ上流へにじり寄っていく嫁。

とーーぜん、お邪魔にならないように、かなり後方で鈴を振る 僕。
あーー 居ないのかな? なんて、ぼんやり眺めていたら 手招き

ほぇ?  近づいてみたら
左岸の倒木にフライを引っかけて居ました(笑)

こういう状況だから、やれ! とのご下命。

フライが引っかかったままラインを伸ばして、嫁左岸に待避。

一応、フライを下から流しますが 嫁の後ではペンペン草も
生えない ですからねぇ~(笑)

落ち込みの右側の岩 水面近くがオーバーハングになって
居る事に気づき、岩にフライを当てて ポトリ 緩やかに流れます。

何度が岩に当ててみましたが、オーバーハングの下は ほとんど
止水状態 ぽぃ。

距離は7mほど オーバーハングの奥は20cm位。
ループを尖らせてフライを打ち込みます。
何投かに1回はフライが入りました。
の3回目 出ました やっぱしね(笑)

20160820019.jpg

引きは尺でしたが、9寸君
嫁の視線が痛いです........

ターンしにくくとリーダーデザインを少し変えて 飛型の良い
大きめのカディス黒ボディでした。

トゲのある声色で 「夕飯 ごちそうさま!」 
と ねぎらってもらいました(涙)

もちろん、夕飯は全額負担 お小遣い無くなりました!

20160820011.jpg

会心の 本日ただ1匹 でございます。
(嫁は沢山釣ったのになぁ~(涙))


一夜明けて、予定していた水系 3支流 どこもかしこも
釣り人だらけ なぜ? 何か有ったの?

回っているだけで、結構良い時間になってしまいました。
こんなこと、滅多にないのだけれど これも仕方なしと
シッポを丸めて退散。

釣りで着れば雨で濡れたベストを干せる と思ったのですが........
家に近づくにつれて、得も言われぬ悪臭がベストから(笑)

何なんですかねぇ~ この悪臭。
扇いじゃいますねぇ 臭くて エアコンで締め切っているし。

行きは深夜でびゅんびゅんだけれど、帰りは一般車が多くて
6時間以上、まぁこのオイニイを嗅ぐわけです............きついです(笑)



なんて、タイプしているうちに 吹き返しでしょうか
風雨共に強くなってきました。

千葉館山に上陸とのことですから、銀座は可航半円でそんなに
風雨とも強くなかったのかも知れませんねぇ。

それにしても、利根川の水源に降雨が有ればいいのですけれど。

それと、災害が発生しませんように........












































































スポンサーサイト
【2016/08/22 16:28】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
フライライン

台風が通り過ぎた後、ムシムシと熱帯夜で寝苦しい
夜が続いています。
不安定な天気で、にわか雨が降り出した銀座界隈です。


夏期休暇の釣行、3日間釣りをしました。

竿は6ft~7.6ft 竿の長さに合わせてリールを選択しています。
7ftを境に下は60mm↓ 上は65mm↑ みたいな感じ。

最近は、ラージアーバ スーパーラージアーバ とかの大口径が
出てきましたので、見慣れたせいもあって 竿の長さに合わせて 
を そんなに気にしなくて良くなりました。

そもそも、航空機アルミの 丸棒からCNCで切り出せるようになって
大きさの割に軽いリールが作れるようになったからでしょうか。

20160813021.jpg

そんな最先端のリールを持つ事は叶わないので、昔ながら
スタンダード といいますか クラッシック タイプです。

今回使ったのは 3番ラインのこの4個。

2日間、ハーディを使って 最終日に オービスを使いました。

オービスは、7ft↑ に使う準備のものです。

2日間フルに使っていると ラインのヨレと汚れが........

特に、ヨレが激しくなって、ポイント移動やフライ交換時
竿先にラインが絡みつき扱いが 苛立ちます!

それに、ラインにヨレが入ると ティペットも影響を受けて
直ぐにコイル・キンクし易くなるし。

使うフライの回転と手(投げ)癖が逆回転だと あっという間に
ティペット終わります(笑)

釣り場や宿で しっかり伸ばして釣りを終わらせれば良いのですが
フィールドでは砂・土  宿にまでリールケース・クリーナー 
かなり面倒でやりたくありません。

で、もう一つの せっかく持って歩いているリールで となります。

巻いているラインはボロボロですけれど、リールもボロボロですが
ラインのヨレよりは、我慢が出来ます(笑)


どんな風に家で メンテをしているか........

ラインを全部引き出して クリーナーでリール側から片道全部

ラインコンディショナー で リール側から片道全部

コンディショナーでラインを強くはさみつつリールに巻きとる。

リールに巻いているだけで、ヨリが入るので 最後の9mほどは
しっかりと指で強くはさみつつ巻き取ります。

20160813015.jpg

もういい加減 使い古しているラインだから 何度拭いても
次から次へと 汚れが浮いてきます~~(涙)

蛇足だけれど、この状態を見ると シルクラインの育てる って
単に汚れに染まって 飴色が濃くなっていくだけなんだなぁ~ 
と思う訳です。

このパフでラインをなぞっていると 傷ついたり荒れている状態が
判るんですね。

ざらついていて あーーそろそろ限界 交換かなぁ~
の交換時期に来ています(笑)(涙)


で、あれだけ釣りをした というに、どーやら 今週末も釣りらしい。

昨日、釣りに行く僕の服が........ なんか用意してあった が
見ない振りをした。

川だって、魚だって、 回復してないと思うのだけれど................




















































































【2016/08/18 14:20】 | お道具 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
夏期休暇

台風一過 35℃の晴天 激しく暑いです。
まだまだ、お休みの方が多くて 街の活気がイマイチ
交通量も少なめで ただただ暑い 銀座界隈です。

期待した台風の雨も 利根川上流の水源地では
ほとんど降らなかったようで、夏期補正で55%の
貯水率です。

もう月遅れのお盆も済みましたので、何とか乗り切れる
感じがします。
この後の、雷雨・台風次第でしょうか。



今年も夏期休暇に 2泊3日の釣行に行って参りました。
初日は、超有名河川へ。
まぁ、関東、南東北の車がいっぱいです(笑)

少し離れた、枝沢へ入ったのですが........

11日山の日~はや2日 相当抜かれたとあって、
誰も居ませーーーーん

20160813100.jpg

たまにオチビちゃんが反応しますが、フライを銜えられません。
フライサイズを下げてまで、釣らなくて傷つけなくて良いので
あらぁ~(笑) で釣り上がります。

暑さも半端無く、辛うじて(笑)嫁が岩ちゃん数匹と遊んで(べて)
僕は「ぼ」 集中力が集中出来ません~ アブも集るし

早々に、川上がりして ブルーフォレスト間近の宿へ
食事もそこそこに 爆睡です~


ガンハンドにしようか? オータムパディを南下?
結局、南下しつつ 入った事のない水系へ。

20160813124.jpg

入漁券を買いつつ、川の様子をうかがって。
雰囲気、渓相は最高なんですが........

券売りのオヤジが云っていたとおり、相当釣り人が
入っているようです。

20160813128.jpg

山女魚の川。
幅広の、ちょっと寸詰まった体型の魚が多いです。

黒いノンテールのパラシュート #14 が当りフライでした。

まぁ、アントともスパイダーともトビケラとも まぁ、ファンシーなヤツ。

テールを切った ロイヤルコーチマン お立つですけど 水面に
うまく正常位で貼り付けば 出ます(笑)

20160813004.jpg

魚道脇、岩場では、岩魚も遊びに来てくれて、嫁も満足。

まぁ~ それにしても、どこもかしこも、人が入った形跡アリアリ。
夏休みも、これだけ時間が経ったら そうそう良い釣り場が
残っている訳無いですねぇ~

若ければ、山岳渓流ぽぃ に
嫁が居なければ 山岳渓流ぽぃ に
入る事も出来るですけれど、まぁ ................こんなもんでしょ、我々は。

退渓間際、この川には不釣り合いなプール。
手前から、攻めて流れ出しまで行ったら 上がろうの夕方。

流れ出しにかけてのカケアガリ着いていたらしい 岩ちゃんが
ゆるゆると上昇してきて ゆっくりとフライを銜えた らしい。

20160813123.jpg

今回の釣行、僕がよそ見をしていると どーー云う訳か
振り返ると 魚をかけている嫁。

この魚も、さて何処から上がろうか? なんて、きょろきょろ
岸際を徘徊していたら ランディング体勢になっていた(笑)

ストライクアラートが 20マイル警報を発していたので
早いとこ出よう~ なんてね。

最後に良い出方の岩ちゃんだったので 嫁、ご満足の様子。
さてさて、今晩は 何をご馳走になろうかな?

20160813013.jpg

最終日

いつも行っている水系で 検札に来た漁協のオヤジさんが
教えてくれた里川へ。

沢の有る部分だけ、集落が有って そこの区間だけ里川状に
なっている、らしい。

川に沿った林道が無く 集落の前後5キロはアクセスが無い。
上流側は、堰堤で岸が50m高で川から上がれない。
下流から上がってくるには、滝が2つ有って、巻けない........

なんかぁ~ 落人の集落みたいですねぇ~
魚、うじゃうじゃ居るぜぇ~

この、うじゃうじゃ で、信用ならなかったけれど、ふと思い出して。

20160813143.jpg

確かに、地形はその通りで この集落周りだけ とっても里川。
居宅は3軒 畑をやっている。

川の土手 らしき所を、嫁先頭で藪漕ぎ30分
何とか川に降り立ったところで、豪雨。

岩壁に張り付いて雨宿り 15分ほどで小雨、のち曇り となった。

葦が川に覆い被さって、釣りどころじゃない区間以外で山女魚が。

川石にカディスケースが多いので、初めカディス 喰いが空ぶるので
オドリバエ まだまだミスショット........ 

ストマックで、 半消化しているから良く判らないけれど、黒い物体
ふふーーん、黒ですな!

ファンシーブラック 今回の釣行での 当りフライ ここでもか?
困った事に、これが今日も大当たりなんだ。

バブルラインをしっかりと流せば、居れば食いつく。
サイズは8寸アベ ヘラブナ並の幅広君。

ちっとも美しくないけれど、引きは格別 スーパーローリングで
釣っていて、山女魚楽しい を久しぶりに楽しみました。

20160813133.jpg

足元を、カジカが逃げて 山女魚が居て 里川楽しい~
ただ、ゴミが目に付くんだよなぁ~ 興醒め

集落から500mほど登ったところで、岩ゴロの渓に。
退渓が絶対無理になってきたので、集落まで下って退渓です。

それにしても、川の下り歩き くたびれるなぁ~





思いもかけずに、山女魚釣りの旅になってしまいました。

ラインを読む、チャンスは一度 釣りの基本ですね~ 
山女魚も楽しいです。








































































これで、人の波も一段落でしょうか。
漁期終わりまで、ゆっくり釣れる時間が出来そうです。

今回ご用意したお道具

テンプルフォーク #1 6ft9inch Finesse
テンプルフォーク #2 6ft TF02602
アキスコ #2 7ft ARGF702
キャップス #2/3 6ft 6023
キャップス #2/3 6ft6inch 6623
キャップス #2/3 6ft6inch 6623
ルーミス #3 6ft6inch FR783
エコー #3 6ft6inch  CARBON663
キャップス #3 7ft 703
つるやorg #3 7ft 703
カンパネラ #3 7ft5inch C3753
ルーミス #3 7ft6inch Trilogy FR-903-3



【2016/08/17 16:16】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ふぉっつ!

昨日は信じられない暑さでございました。
都心で38℃ 漂う空気が肺に熱いんです。
道行く人も、まばらな銀座界隈でした。


夜になっても、気温は下がらず。
汗だくになりながらの帰宅でした。

僕の部屋も40℃を越え、しょぼい窓エアコンでは
冷やしきりません~(涙)

SKIMG0016.jpg

この温度から一向に下がる気配が無い........

そのうちにちゃんとしたエアコンにしよう~♪

いざ、となると 年に数回のことだし、手配するならGW辺りには
どーーにかしないといけないし、GWの頃って、暑くなるか判らない
夏のために、休日を家で過ごすくらいなら 釣りに行きたい。

そもそも、エアコン買う金があったら、釣りだ........
という空気が、我家にはある訳で(涙)

とにかく、寝床の粗熱を取らないと眠れないので
布団に向かって、ブンブン扇風機の直射です。


明日から、長期夏休みという方も多いのではないでしょうか?
僕がパラサイトしている会社は 13・14・15・16 がお休み。

月遅れの お盆ですね。

僕の家系は7月にしちゃうので、この休みは モロ 自由時間。
嫁の方は、8月だけれど、嫁ばっち だから、そもそも頭数に
入ってないし、中央道混むし、寝る部屋無いし。

あれやこれやで、この時期何年も行ってない。
その分、東北の名物を送って、集まった一族に食べてもらう事で
参加した事にしてもらっている。



GWもそうだけれど、なにしろ釣り人が増えるのよ。

人の事は云えないけれど、遠いナンバーの車がうじゃうじゃと
林道に駐まっていたりしてねぇ~

SKIMG0019.jpg

今年は嫁が転落してからと云うモノ、どーー見ても こりゃ危ない!
絶対無理! な所でも、入れるんじゃないの? とか言い出すし。

ワシら お歳もお歳だし そうそう無理をしてまで 釣らなくても........

ところが、漁師&猟師の血が騒ぐのか 山には入るまでは、物分かりの
良い事をほざいていても、林道に入った頃から発狂し

ここ良いんじゃない?  この角度なら降りられるでしょ? 大丈夫だょ~


そんな技術も装備も ありません!  ダメですぅ



よーく考えて見たら、四駆遊びしていた時の ウィンチワーク用具
車や倒木を引っ張ったり する ベルトやワイヤー って使えないのかな? と。

使わなくなって、年数経っているし 車なら壊れたぁーー で済むけれど
ちょっと 命がブル下がる気には ならないなぁ~ だけど使えるかも。

車が横付け出来れば、車がアンカーになるし、2トンの車を引っ張れるの
だから、ベルトを立木に巻いて支点にしても大丈夫な気がするんだけど。 

まぁ、何にしても不安のあるものは使わない。
グラウンドフォールしても後悔したくないものねぇ~
落ちたら痛いよぉ

それでも、岩ちゃんに会いたい という嫁。

そろそろ別々の ターミナルライフの構築でしょうか(笑)



明日は、我家で ぼーーー の予定。
アンテナ調整整備 と フライ巻き の予定は入っているけれど

海の日 山の日 ときたら 次は 川の日 だな、釣り人としては



それにしても 暑い。

























































【2016/08/10 17:42】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
メジロアブ アカウシアブ

曇りがちな天気なのに 気温はグングン上昇して 33℃
今晩は熱帯夜 明日は36℃の予報です。

お腹にデフォルト浮き輪、締め上げ焼豚ボディ、サンダル水虫カカト、
CDB だらけの 銀座界隈です。



週末、釣行に行ってきました。
夜間はとても涼しいのですが、日が昇り始めると、灼熱です。

車内で充電式扇風機を回して寝るのですが、日が出てからは
役立たず まるで、僕のようです(涙)

窓枠用の網戸もどきも準備しているですが、日差しが眩しくて
我が家のような、ハッチ待ちお寝坊には この季節 まったく
役に立ちません。 (思ったほど風通らないし............)

20160806004.jpg

雲一つ無い、快晴です。
入渓の支度をしているだけで汗だく、グッタリです。

今回は、日陰の多い 林間コースの渓に入りました。

ちょっと人が多めの人気河川です。

入りたいなぁ~ と思っていた区間 入渓者が居なかったので
しゅたっと入ります。

20160806005.jpg

林間コースとは云え、すーーっと日陰な訳はなく、日向は日差しに
炙られて、クラクラします。

魚も、日陰の方が断然 出が良くて そこは当然 日陰は嫁が釣り
日向は 僕が担当する 役割分担です(涙)

当然、この様に 釣果に差が出ます。

水は少なめなので、なるべく遠くから フライは 上空から ポトリと
落とすイメージです。

20160806148.jpg

嫁は、状況に合わせて アント、スパイダー、オドリバエ、ソラックス
CDCカディス 今日は頻繁に付け替えています。

嫁が日陰で........と、云う事は 僕が日向で鈴振り(グッタリ)

7寸~8寸 がアベレージでしょうか。
とても綺麗な姿の魚が多いです。

夕方、これは良い渓相だ~ とセクションになりましたが、既に
先行者が流した後だったようです。

良い渓相の区間でしたが、反応なしで終了です。


20160806003.jpg

一夜明けて、ますますもって ピーカンの快晴です。
南下してから入ったので、入渓は10時過ぎです。

車を駐めたとたんに、コンコンと虫のアタックです。

おやぁ? メジロアブ? 警戒しつつ、ディートたっぷりの
虫除けを塗って車外に。

動くたびに、ブンブンと集ってきます。
衣服やウエーダー 帽子にディートを塗りたくっての出撃です。

20160806114.jpg

相変わらず、日陰は嫁 日向は僕 交互に釣り上がります。

日陰で、たまに吹く風が、気持ちいいですけど........
日向では、熱風です(涙)

2日目で、体力も落ちているので、こうやって休憩と水分補給
しつつ。
それにしても、飲んだ分だけ汗で出ます。

20160806007.jpg

昨日の川に比べると、数は圧倒的に少ないです、が 出れば
なかなかのサイズでした。

メジロアブがブンブン飛んでいるくらいですから?
フライは、小さめのスティミュレータ CDCカディス オドリバエ が
良かったです。

なりの大きなフライですが、打ち込むように、少し雑に投げ込むと
かなりの距離、追いかけてくわえる魚が多かったです。

20160806137.jpg

そろそろ、帰りの時間が気になる頃合いに、嫁が尺を掛けました。

細長い淵の終わり、
ちょっと投げづらそうに、両側から枝が出ていて、ゆるく精度を出した
オーバーヘッドキャストで、ポイントに入って 流れて。

ゆっくりと、ゆっくりと、しっかりフライを銜えてくれました。
なかなか良い魚でしたねぇ。


ところで、日向担当の僕 
日の当たるところで、動いていると ハエだかアブだかが大量に
寄ってくるんです。

虫除けしているので、じきに居なくなるのですが........
それでも、新手が 第二波 第三波 と波状攻撃で来襲します。

ディートが水で流れてしまった、手の甲を刺されて、しっかりと吸われました。
今日になって、発狂するほど 痒くて腫れて痛くて熱いです~(涙)

20160806149.jpg

製薬会社の人が云ってましたが、結局ディートの含有量と忌避効果
は比例関係にある。
当社(彼)が東南アジアで販売している蚊取り線香も、相当量を
含有している。

口にする、粘膜に使用しない、乳幼児には連続して使用しない
など、釣り人がたま使用する分には、何も問題はない。

ただ、他の薬剤と同じで、大量に連続して使用すれば弊害が起きる。
 
との事なので、ウルトラソン虫除けディート35%含有を僕らは使っている。
水に手を入れたり汗で流れてしまうと効果が無くなるので、途中追加ですね。

個人的には、本当に微量を 上半身の衣服 帽子 に塗布して、火照った
体温で、有効成分を揮発させるのが、良いと思う。

生地によっては、シミや跡が付いてしまうかも知れないけれど、そもそも
ろくな着衣ではないので........ 我家は大丈夫(笑)(泣)(涙)




さー本格的な、お盆休み。
あちらこちら渓は混雑するでしょうねぇ~

釣果は 大切だけれど、安全に楽しんでいただきたいなぁー
毎回のように、お熊の目撃情報が入ってきます。

爆竹、熊鈴、風鈴(笑)  お持ちなら、ウェーディング・スタッフ
準備されてください。
今回も、強烈なケモノ臭を嗅いでしまいました........
 

























































































アブは、黒・茶色の部分にたかる 傾向があると思う。
黒い車は、牛か馬だと思って、総攻撃を食らう事に。

ゴキブリ殺虫剤で退治できるけれど、次から次へ来襲して
ラチがあかない........ 無尽蔵に居るんだ(笑)

【2016/08/08 17:34】 | 釣行 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ