撥水処理 顛末

今日も相変わらず冷え込んでいます。
北関東では氷点下の所が多かったようです。
クリスマス寒波、寒の底の2月頃まで
ぐんぐん冷え込んでいく銀座界隈です。


昨日エントリーした、(つもり) のType2顛末........
公開ではなくて、下書き でした。

タイムスタンプは12/7なんでけど
あわてて今日公開にしたんです........

で、先週のキャス練で もう一つのテスト

20161202001.jpg

撥水処理剤をラインに塗布したら........ です、がぁ~

キャス練当日の朝 乾いていませんでした(涙)
それでも、テストを強行したかったので、ティッシュで拭いて
持っていきました。

初めはType2とインターを付け替えて を繰り返していたので
スカジットヘッドが水中に引っ張られる力が少なかった?
のでしょうか、
とても今までの彼とは信じられない程 プカプカ浮いていました。

ふふふ、久しぶりの成功だわ と かなりの自己満足。

ところが、インターとtype2の差が無いと云う事で Type3 とか
Type5 を付けて投げ始めた訳ですね。

おやぁ?

ヘッド君 沈み始めました........

ほらほら 頑張ってーーー の声援にも関わらず、沈していきます(涙)

T-8 に至っては全身 沈!
ヘッド君がtype2になってしまう有様です。

あーーーーー 


帰宅後に原因と対策です(笑)

乾いていなくて なんちゃら皮膜が形成されていなかったのでは?
しっかりと乾燥させれば どーーにか成るかも知れない。

20161207001.jpg

乾くまで 待とう ホトトギス。

乾燥まで2日半 掛かりました。

乾燥後に繰り返し塗布して乾燥を繰り返すと 皮膜が厚く強くなる
の 言を信じて 2回目の乾燥中です。


が、しろさぶろう 少々ややっこしい奴なので、撥水を調べていた時
シリコン系 と フッ素系 が有る事を発見!

シリコン系は比較的入手が簡単で この商品もシリコン系です。
お値段も お安い。

一方 フッ素系は工業用途らしく業務用が多く お値段も高いし
量も1L とか........ これは効果が有りそうで とても怪しいです。

なんとかして、手に入れる方法はないものかと。

S20161208001.jpg

サンプルですね~

悪事にかけては 知恵がまわるので それとなく会社の開発の
ヤツに あれやこれやと訳の判らない事を言って サーバ基盤の
防水、撥水にテストしたい と。

そもそも、水に濡れるような環境にサーバ置く訳ねーーだろう(笑)

製造会社の看板 で 取り寄せました~
目的用途: PP PVC の撥水、防水 とか書いちゃって

いきさつ上 会社に届いたので 持ち帰って 塗ってみます。

30cc位入っていて 10~20倍希釈 ですから 600ccもあれば
相当使えます(笑)

フッ素!  期待しているよ、君


完全乾燥シリコン君 と 新鋭サンプルフッ素君 の二刀流で
次回 再挑戦です。


サンプルは だーたー だからねぇ(笑)

そのおかげで、使用レポートをでっちあげないといけないのだけれど(笑)



サーバ基盤の結露対策にするかな?
この冬空に ちっと無理があるか(笑)
















































































【2016/12/08 15:39】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Type2 顛末

昨日までの暖かさとはうって変わって 冷え込んだ
銀座界隈です。
銀杏並木 葉もほとんど紅葉しました。
落葉も時間の問題でしょう。



先週、いろいろと細工をしていた ナニですが........

20161202004.jpg

さすがにType3ほど沈みません。
が、
インターとの差があまりないんですね~

見える所で まーーこんな感じで流すであろう を
やって見たんです。

岸に近い所だから、秒60cmほど。
インターとほとんど変わらない と云うか フライだけ見ていると
全く違いが判らない(涙)

比重が1に近いから? 付けるフライのボリュームによって
何処まで沈むか 変わっちゃう。

そもそもフライって どれくらい流れているの?

流れの下流真下にラインを出して、竿を垂直に立てて
そのまま下流方向へ 竿を倒していくと 竿の長さ分
x √2  フライが移動する、よね。

こんどは
竿が向こう岸に向かって ラインが岸と平行に流れている 
がスタートで 岸と竿が平行になるまで 90°流すと........
同じでさ 竿の長さの 1.4倍の距離流れる じゃない?

15ft竿だと 4.5x1.4=6.3mの移動距離だから

ドリフトと称する 真っ直ぐ流し込んで........は、竿の1.4倍の
距離しか流す事が出来ない 訳ね。


ラインを流速と同じにすれば、シンクレート通りに沈むじゃない?
のチャンスは 1m/秒流速だとしたら 6秒しかない........

シンクレートが 3inch/秒なら ざっくりと 8cm x 6秒 s 50cm

真っ直ぐ流し終わったところで、Type3で50cmしか沈んでいない。
フリーで流れてこんなものなんだから、テンション掛かっていたら
もっと沈まない........

水の中の事だから、良く判らないなぁ~

向こう岸に向かって投げて、1/4弧 をトレースだと、
2πr1/4  30m投げてダングルになるまで、47m流せる。

これなら何とかなりそう な気がする。
微分的にドリフトっぽく スイングスピードを下げれば........
フライを動かさない神メンディングが必要だけどね


感覚的には相当シンクレート上げないと 希望深度までいかないね。
フライにウエイトが 間違いの無い所 かもね(笑) 


凡夫の結論 : だから~ぁ(笑) 良く判らないから 面白い。




インターと変わらん 想像以上に役立たずな Type2 でした。 


















































































計画失敗!

止水なら、全然変わると思うの だが........


【2016/12/07 17:32】 | 平日 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ディスクドラッグ

11月中旬ぐらいの陽気だそうで。
なんとなくポカポカと まったく仕事なんかしたくない
(陽気に関係なくですが) 銀座界隈です。



キャス練をしつつも、段々寒くなってきたので そろそろ
本流も行かなくて良いんじゃないの........ の
弱気な自分に抗うべく あれやこれやと課題を課してます。



鮭有効利用が終わるまでは、とむちゃくちゃに散乱していた
用具も週末に片付けました。

竿を拭き上げ、リールもグリスアップ ドラッグもチェックします。


S20161205006.jpg

今年も頑張ってくれたループ君。
ちょっと、クリッカーが不調だったけれど。

やっぱり使いやすさと信頼度では........
ルックスも気に入っているし、何となく使っちゃう。

S20161205005.jpg

このモンスターみたいなのも安心して使える。

海の大物釣りの方からしたら、こいつバカじゃないの?
こんなリール使って........ 

何回かエントリーしたように、有効利用の一人分のスペースは
広い所でも、上下15m まぁ15m間隔で人が並んでるのね。

フライだと上流に投げて アタリが取れないから正面からの
下側15mほどで全てを完結しないと、まぁ~ 一度や二度は
周りの人への ご迷惑を許してもらえるけれどね。

S20161205002.jpg

海のように、フックアップしたら100m走らせてセット なんて
云う事は ちょっと無理。

気持ちよくクリックドラッグサウンドを奏でながら....... 
走られました~~   論外。
 
鮭ごときで そんなに走るのか? あんた下手だよ。

その通り下手なんです(涙)

S20161205001.jpg

フライをスイング、ドリフトして流している時にバイトが有れば
口に掛かります、まぁ普通に。
これなら、強い7番 普通に8番の竿で獲れます。
フィールド広ければ、クリックドラッグで十分。

バイトが無く、ダングルになって 次のキャストに備えてリトリーブ
した時に、スレで掛かる率が結構有るんです。
これが困る。

魚は上流を向いていて、フライが下流から引っかける図式で
ほとんど魚の尾部から背鰭あたりに........

鱗、後ろからだと 針 刺さりやすいし(笑)

こんな確率が 3~4割にもなる事があるのね、岸際の
休憩処が有ったり........ だったりすると(笑)

S20161205004.jpg

70cm 5kg といえども 下半身に針刺さって泳ぎだしたら
止めるのは それなりに ちょっと大変です。
延べ竿よりちょっと有利だけれど、竿の弾性とリール有り で
イーブンかな(笑)

限られたフィールドの中で 鮭釣りを楽しもうと思うと 事ほど左様に
かなり面倒臭いです。

で、こんな大袈裟なリールと10番の竿 出番となります。


たぶん、滑り出しの滑らかさと 締め込んだ時の効き ビルフィッシュと
同じ様な ご要望ではないかと(笑)

20Lbティペットで止まらなければ、切れてくれた方が
現場としては釣りやすいんですね。
皆様、目の色替えて参加している訳ですから、鮭祭りに(笑)



僕はコルクドラッグかマルチディスク が このような変態状況下では
マッチしていると思います。
パーミングで頑張っている方もいらっしゃいますが(笑)

コルクはメンテ次第で 効きがかなり変わるので気を遣います。
乾燥しないようにたっぷりグリス盛って保管です。

その点、マルチディスクはある意味楽です~
車のLSDシムみたいなもんですし、ループはイニシャルの調整が簡単。
滑り始めは設計の問題と個体差 でちゃうかな........


ゼーンのオープンディスクも秀逸だと云う事が判りました。
ただ、ぐぐっと止める と云うよりは ズルズル微量出て行きます。
海ではこの出方が 必要なのかもしれませんが、経験が無いので
判りません 想像だけです。

ゲームフィッシュとして もっと解放されて、広い場所で........
高らかにクリックを奏でながら ひゃっほーー と
丸橋さんのように叫びながら 釣りが出来ると 良いなぁ~


とかとかとか 来秋を楽しみに 楽しめるように いじっています。

























































































ぶっちゃけ、引っかけの釣り堀........
それでも、あのファィトには魅了される。

【2016/12/05 15:27】 | お道具 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ライン復活?

ポカポカと陽気も良く暖かな銀座界隈です。
ぼーっと、外を眺めていても、師走で車の量が
増えてきました。



そろそろ来季のフライでも巻こうかしら........と
この時期にフロータントやらやらの小物もリストして
おかないと、なにしろ2人分 一度にはお支払いが
出来ない悲しさがあります(涙)

WF3F/DT3F はシーズン後に手当てしておきました。

で、フロータントを探しあさっていた所、撥水、撥水 と
キーワードが出てきて........

そーー云えば、今キャス練しているスカジットラインも
浮きが悪くなって、なかばインター状態。
どーにかならないものかね?

いろいろジャンルを替えてググっていたら

20161202001.jpg

靴やレインコートなど絶大なる効果がある らしい。

発売当初よりもお値段が半額........

私 ピカリと閃きました~

20161202002.jpg

撥水がとても激しくなったら 比重が1位なんだから
浮くんでねぇ?

ラインに塗ってみました!

始めにPVCが溶けないか? の実験です。

何かのためにと 使い古したラインが有るので 少し切り出して
塗ってみました。

20161202009.jpg

その後、洗面台で浮力検査........
おぉぉ、結構 水を弾いて が表面張力で浮いています。

そもそもライン 何で浮かなくなるの?

表面のコーティングが剥がれる。
そこに汚れや水が染みこむ。
比重が1以下になる。

だったら、コーティングを仕直せば良いのだkれど 重さに
影響無く 素人が塗布するなんて無理だもの。

で、2番目の写真のように 塗りたくってみた。

もっと染みこむ事を想像していたけれど 吸い込まない。

ラインはRIO フライトヘッド 明らかに艶のないモノ。

20161202005.jpg

どこかで嗅いだ臭いと思ったら シリコン剥離剤と同じ臭い。
って、シリコンの溶剤が同じモノなのかも。
シリコンの含有量がどちらがどうなのよ? ですね。

商品のカスタマーレヴユーで書かれているほど、臭くない。
まぁ、耐性の問題なので ダメな人はダメなのだろう。

それに、火気厳禁 だけれど 引火性が有るのだろうけれど
石油ファンヒータを止めるほどでもない(我家では)

20161202003.jpg

2往復 極少量を脱脂綿にとって塗布した。

RIOフライトヘッド と エアフロコンパクト が実験台。

塗った後 乾燥。

何度か重ね塗りをすると 表面の被膜が暑くなって 撥水
効果が増す らしい。

20161202006.jpg

12時間後のフライトヘッド。
まだ、乾ききっていない と思う。
だから、少しテカテカしているのだと思う。

液体が浮いて居るように見えるもの

20161202008.jpg

12時間後のエアフロコンパクト。
なんかぁ 吸いきってる?
カメラのフラッシュで光って見えるけれど、目で見てツヤが無い
マットな感じ。

大丈夫なのかな?
効果有るのかな?
段々不安になってきた(笑)

そーーー云えば、シリコン剥離剤を使った時は際だった効果は
無くって................忘れた。

たぶん、DT3Fか何かに使ったんだと思うんだけれどなぁ~
自体が改善した記憶が全くないんだよねぇ。

臭いが同じだから........ 期待したほど効果が無くて ガッカリ
しそうな気配がしてきた。

着目はそんなにハズしていないと思うのだけれど なぁ........

今晩 もう一度塗って乾かして 明日のキャス練でテストです。





20161202004.jpg

ループの瞬接を乾かしていた、Type2のTIP 袋に入れて完成です。

これも、キャス練でテストです。
我が儘な沈み具合の希望ですからねぇ~~

でも、インターとType3の間 欲しいですよねぇ?



そんな簡単にラインが復活するとも思えないけれど。
800gr なんていう重いスカジットヘッド もう世の中に無いし。
普通のコンディショナーじゃ浮力が戻らないんですもの。

どうにかなれば めっけもの........です(笑)











































































このテーマの話題が途切れたら、計画失敗とご認識頂きたい

【2016/12/02 15:41】 | お道具 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
タイプ2

日差しもなく、ぐぐっと冷え込みました。
並木の銀杏の葉がグングン落ちていますing
あんなに暑かった夏が恋しい銀座界隈です。


先月の鮭有効利用の時にも感じたのですが、
僕の手持ちTIPでは Type3よりも浅く沈むモノは
インターしか無いんです。

シンクリーダーでホーバー とか云うのが有ったけれど
長さが気に入らないのと高価過ぎて使えない。

そー云えば、昔Type1 とか Type2 って有ったよね?

いいかげん前 二昔位? Type1がインターに呼称変更に
なったんでしたっけ。

S20161130003.jpg

現場ではもう少し浅瀬までフライをドレッジしたい訳です。
当然、浅瀬までフライを引くので重いフライは使えません。
インターだとフライの接地感乏しいので、Type2 どうよ?

で、探しました。
あーーーSAのウエットセルで有るわ。
ひょーー 高い!

ネットで探したらバチモノがありました。
どうせ消耗品 お安いモノで十分です(笑)

S20161130002.jpg

早速 10ft x5本 作りました。
そこそこ、ほどほど 沈めたい という我が儘な希望に
乗っ取った商品なので、15ftは必要有りません(笑)

強いて云えば、7ft は有っても良いかもです。
流速との関係もあるので、どのシンクレートで どれだけ
沈むかは ケースバィ なんですけどねぇ~
フライのファンデーションにも依るし。

S20161130001.jpg

これだけ残りました。
まだ、4、5本作れそうです。

もし、10本作れれば 1本あたり100円台ですから........ほほほ



クリスマス用のネクタイを探していたら、変わり種を発見!

S20161130004.jpg

どーーです、この柄!
時代外れの巾広!

ちょっと絵柄でおかしいな所はご愛敬です。
無論、今日巻いてきました。

シンガポールから届きました。
3本同色同柄........ まぁ、勢いというモノでしょうか........

3本で25%のオファーをしたら、こうなった。
恐るべし、ブラックフライデー



















































































【2016/11/30 16:17】 | お道具 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ